ストックホルム・グローブ・アリーナ

グローベンから転送)

座標: 北緯59度17分37秒 東経18度04分59秒 / 北緯59.29361度 東経18.08306度 / 59.29361; 18.08306

アヴィーチー・アリーナ(Avicii Arena)はスウェーデンの首都ストックホルムにあるストックホルム・グローブ・シティ内の中心的な球体形の建物、および屋内競技場。スウェーデン語では単にグローベン(Globen)とも呼ばれている。2009年3月に命名権が導入され、エリクソン社が命名権を取得し、エリクソン・グローブとなった[1]

アヴィーチー・アリーナ
Avicii arena logo.svg
Globen från Hammarbybacken, 2016.jpg
施設情報
所在地 スウェーデンストックホルム
起工 1986年9月10日
開場 1989年2月19日
所有者 SGA Fastigheter
運用者 Stockholm Globe Arenas
設計者 スヴァンテ・バーグ, ラーズ・ブレトブラッド
旧称
ストックホルム・グローブ・アリーナ (1989-2009)
エリクソン・グローブ(2009-2021)
使用チーム、大会
アイスホッケースウェーデン代表
メロディーフェスティバーレン決勝
収容人員
13,850 (アイスホッケー)
16,000 (コンサート)

2021年5月19日、名称をアヴィーチー・アリーナとすることを発表。スウェーデン出身のアーティストアヴィーチーにちなんだものである[2]。命名は、彼自身も苦しんでいた若者のメンタルヘルスに光を当てることであり、アヴィーチーの家族が創設したTim Bergling Foundation英語版がその問題に取り組んでいる。

概要編集

1989年に完成したこのアリーナは、世界最大の半球状の建物であり、直径110メートル、内部の高さ85メートルあり、スウェーデン・ソーラー・システム太陽としても知られている[3]

主に2000年2016年に開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストや、メロディーフェスティバーレン決勝(1989年、2002年から2012年)、ユーロバスケットアイスホッケー世界選手権UFC[4]、またフロアボールの聖地でもあり、世界選手権が開催されている。

現在アリーナの隣接地にテレツー・アリーナがある。

脚注編集

  1. ^ Press release for Ericsson naming rights”. globearenas.se. 2011年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月6日閲覧。
  2. ^ Ericsson Globe byter namn till Avicii Arena” (スウェーデン語). Stockholm Live (2021年5月19日). 2022年6月20日閲覧。
  3. ^ Sweden Solar System: English summary”. Sweden Solar System. 2009年11月3日閲覧。
  4. ^ UFC Sets its Sights on Sweden”. UFC (2012年1月5日). 2012年1月8日閲覧。

外部リンク編集

先代
国際コンベンションセンター
エルサレム
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
会場

2000
次代
パルケン
コペンハーゲン
先代
ヘルシンキ・アリーナ
ヘルシンキ
アイスホッケー世界選手権
決勝会場

2013
次代
ミンスク・アリーナ