コガタブチサンショウウオ

コガタブチサンショウウオ (Hynobius stejnegeri) は、両生綱有尾目サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類。

コガタブチサンショウウオ
保全状況評価[1][注釈 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Caudata/Urodela
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: コガタブチサンショウウオ
H. stejnegeri
学名
Hynobius stejnegeri Dunn, 1923[2][3]
シノニム

Hynobius naevius yatsui
Oyama, 1947[4]

和名
コガタブチサンショウウオ[2][5]
英名
Smaller blotched salamander[5]

分布編集

日本愛知県大阪府岐阜県滋賀県奈良県和歌山県四国、長崎県を除く九州固有種[5]

本種とブチサンショウウオ (Hynobius naevius) は九州北部では同所的に分布するが、遺伝的な交流はない[5]

形態編集

全長8.8 - 11.8センチメートル[5]。体側面に入る皺(肋条)は左右に13本ずつ[4]。背面の色彩は褐色で、黄白色や黄色の斑紋が入る[5]

上顎中央部に並ぶ歯の列(鋤骨歯列)はアルファベットの深い「V」字状[4]。胴体に沿って前肢(および指)を後方へ後肢(および趾)を前方に伸ばしても2肋条ぶんの隙間がある[4]。後肢の第5趾は退化して非常に小型[4]

分類編集

以前、ブチサンショウウオは本州西部・四国・九州の広域に分布する種とされていた[4]。一方、ブチサンショウウオには形態・分子系統解析から区別できる2群に分けられるという複数の説もあり、2008年にこのうち中部地方から近畿地方・四国・九州に分布するGroup B(Type BやGroup IIともされていた)を、ブチサンショウウオの亜種として記載されたもののシノニムとされていたH. yatsuiを復活させ、独立種とする説が提唱された(Group Aとされる狭義のブチサンショウウオは、中国地方と九州北部にのみ分布する)[4]。近年の調査によりベッコウサンショウウオの学名とされていたH. stejnegeriの模式標本が、本種であることが判明した[3]。これに伴い2017年に本種の学名をH. stejnegeriとする説が提唱され、H. yatsuiはシノニムとなった[3]H. yatsuiの種小名yatsui谷津直秀への献名[4]

生態編集

昆虫クモ多足類端脚類などを食べる[5]。幼生は水生昆虫やミジンコ類などを食べるが、飼育下では卵黄のみを消費して変態した例もある[5]

繁殖様式は卵生。4 - 6月に伏流水にある石の下や隙間などに10 - 26個の卵を産む[5]。幼生は7月に変態し、幼体になる[5]

人間との関係編集

林道・ダム建設・森林伐採・堤・観光地開発による生息地の破壊、ペット用の採集およびそれによる繁殖地の破壊などによる影響が懸念されている[5]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト[6]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Matsui, M. & Angulo, A. 2009. Hynobius yatsui. The IUCN Red List of Threatened Species 2009: e.T163493A5609591. doi:10.2305/IUCN.UK.2009-2.RLTS.T163493A5609591.en. Downloaded on 26 May 2019.
  2. ^ a b 日本爬虫両棲類学会 (2019) 日本産爬虫両生類標準和名リスト(2019年1月25日版). http://herpetology.jp/wamei/ (2019年5月26日閲覧)
  3. ^ a b c Masafumi Matsui, Kanto Nishikawa, Atsushi Tominaga, "Taxonomic relationships of Hynobius stejnegeri and H. yatsui, with description of the Amber-Colored Salamander from Kyushu, Japan (Amphibia: Caudata)," Zoological Science, Volume 34, Issue 6, The Zoological Society of Japan, Tokyo, 2017, Pages 538-545.
  4. ^ a b c d e f g h Atsushi Tominaga & Masafumi Matsui, "Taxonomic Status of a Salamander Species Allied to Hynobius naevius and a Reevaluation of Hynobius naevius yatsui Oyama, 1947 (Amphibia, Caudata)," Zoological Science, Volume 25, Issue 1, Zoological Society of Japan, Tokyo, 2008, Pages 107-114.
  5. ^ a b c d e f g h i j k 松井正文 「コガタブチサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい、2014年、141頁。
  6. ^ 環境省レッドリスト2019環境省・2019年5月26日に利用)

注釈編集

  1. ^ IUCNレッドリストは2019年現在もHynobius yatsuiとして判定

関連項目編集