メインメニューを開く
ビスカヤにあるアケチェ島

エウスカル・コスタルデアバスク語: Euskal Kostaldea)、コスタ・バスカスペイン語:Costa Vasca)またはコート・バスクフランス語:Côte Basque)は、カンタブリア海(es)沿岸に伸びる海岸。北はフランスビアリッツから、南のスペインビルバオまでの間を指す。フランス西岸の南西端から、スペイン北岸の東端までの地帯である。ビスカヤ県ギプスコア県フランス領バスクラブール地方が含まれる。短くて険しい入り江を持つビスケー湾と、全てが緑色の色合いで占められブナやカシの茂るピレネー山脈が風景をつくっている。

フランスのピレネー=アトランティック県では観光分野においてコート・バスクの名で有名である[1]

コスタ・バスカ住民は何世紀にもわたって、船乗り、農夫、羊飼いを生業とし、起源の不明な言語を話してきた。14世紀には既にバスクの船乗りたちはアイスランドグリーンランドに到達しており、一部はニューファウンドランド島カナダに移住した。

目次

主な自治体編集

脚注編集