メインメニューを開く

地理編集

 
モーリス・ラヴェルの生家

フランス領バスクラブール地方に属する。東はサン=ジャン=ド=リュズ、西はウリューニュ、南はアスカンと接する。漁港をサン=ジャン=ド=リュズと共有しており、魚の缶詰製造が盛ん。

名称の由来編集

バスク語のZiburuとは、Zubi buru(先端)を短縮したものである。実際、シブールはニヴェル川の河口に形成された町である。1692年頃にはシボロ(Siboro)と呼ばれていた。

歴史編集

16世紀初頭のラブール地方は、黒死病の流行で始まった。年代記registres gasconsでは流行の拡大を記している[1]。その後減少するものの、1598年に再流行した。シブールの住民たちは、『ブタの疫病』だと書き残している[2].。

1574年にコミューンとなるまで、シブールはウリューニュの一部だった[3]

出身者編集

出典編集

  1. ^ Registres gascons, tome 1, pages 44, 53, 141, 154, 158-159, 195 et 233 - cités par Manex Goyhenetche, Histoire générale du Pays basque - tome 3, Elkarlanean 2001 (ISBN 2 9131 5634 7), pages 42 et 43.
  2. ^ Archives communales de Ciboure, BB 2 - citées par Manex Goyhenetche, Histoire générale du Pays basque - tome 3, Elkarlanean 2001 (ISBN 2 9131 5634 7), page 42
  3. ^ Philippe Veyrin, Les Basques, Arthaud 1975 (ISBN 2 7003 0038 6), page 51.

外部リンク編集