コラソン・アキノ

コラソン・アキノCorazón Aquino, 1933年1月25日 - 2009年8月1日)は、フィリピン共和国第11代大統領(在職1986年 - 1992年)。上院議長の夫ベニグノ・アキノ・ジュニア暗殺後、フェルディナンド・マルコス大統領に対抗した。通称はコリーだったため、コリー・アキノと呼ばれた。学歴マウント・セント・ヴィンセント大学文学部卒業。学位文学士(マウント・セント・ヴィンセント大学)。称号名誉法学博士早稲田大学)。

マリア・コラソン・スムロン・コファンコ・アキノ
María Corazón Sumulong Cojuangco Aquino
Corazon Aquino 1986.jpg
1986年9月15日

任期 1986年2月25日1992年6月29日

出生 (1933-01-25) 1933年1月25日
タルラック州
死去 (2009-08-01) 2009年8月1日(満76歳没)
フィリピンの旗 フィリピンマカティ
配偶者 ベニグノ・アキノ・ジュニア
子女 ベニグノ・アキノ3世
署名 Aquino Sig.svg
1986年2月25日。大統領就任宣誓式におけるコラソン・アキノ

目次

プロフィール編集

生い立ち編集

フィリピンタルラック州の富裕な華人の家に生まれた。祖先は福建籍の客家である。結婚前の名はマリア・コラソン・スムロン・コファンコ(María Corazón Sumulong Cojuanco)、中国名は許娜桑。1953年アメリカニューヨーク州マウント・セント・ヴィンセント大学を卒業(フランス語専攻)。

ベニグノ・アキノの妻に編集

1955年に22歳にしてタルラック州コンセプション市長であった、ベニグノ・アキノ・ジュニア結婚した。夫ベニグノ・アキノ・ジュニアはその後、州知事から上院議員となったが、フィリピン大統領フェルディナンド・マルコスと対立し、1980年アメリカ合衆国ニューヨーク亡命した。1983年8月21日にマルコス独裁打倒のため帰国したところマニラ国際空港暗殺され、これを機に、妻コラソン・アキノが急速に反マルコス独裁の象徴となっていった。1985年11月にアメリカのテレビ放送のインタビューで、マルコスが政権の正当性と権威に対する疑問を払拭するために1986年2月の繰り上げ大統領選挙を実施することを突如発表したことは世界を驚かせた[1]。最初はアキノは大統領選に立候補することに消極的だったが、100万人の署名が集まり、人々の叫びに耳を傾けることを説得された。当初は協力を拒んでいた、亡き夫の親友で野党実力者、サルバドル・ラウレル(後のアキノ政権の副大統領)と共闘して、マルコスに対抗することも決まった。

革命編集

1986年2月に行われた繰上げ大統領選挙に出馬し、マルコスもアキノも勝利宣言をする。この時、マルコス陣営の得票不正操作が判明し、フアン・ポンセ・エンリレ国防相やフィデル・ラモス参謀長ら国軍改革派が決起し、結果100万の市民がこれを支持して通りを埋め尽くしたため、マルコスは権力を失い、2月25日にコラソン・アキノが大統領就任を宣言。マルコスはアメリカ軍に一家を北イロコス州へ避難させることを要請し、一家はヘリコプターでマラカニアン宮殿を脱出するが、意に反してハワイへ飛び、事実上の亡命に追い込まれた。これをエドゥサ革命、またはピープル・パワー革命と呼ぶ。この大統領就任をうけて、タイム誌から1986年のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選出された。

大統領時代編集

大統領就任後、すぐにマルコス時代の1973年に制定されたフィリピン共和国憲法を停止。1987年2月に市民的自由、人権、社会正義、多選禁止に重点を置いた新憲法が76%の圧倒的な支持を得て承認された。

1987年1月に、農民と農業労働者が真の労働改革を要求し、大統領府であるマラカニアン宮殿を目指してデモ行進。デモ隊が設定された境界線を越えようとしたことから、海兵隊がデモ隊に発砲して死者13名、負傷者51名を出し(メンディオラ事件英語版)、政権の閣僚が相次ぎ辞任することになった。アキノ政権は同年7月に国民の声に応え、農家の自立育成を掲げ、包括的な農地改革プログラムを発表。翌1988年に農地改革法が制定された。

1991年に、新しく地方自治法を制定され、地方自治を前面に打ち出し、地方分権が積極的に推進された。

アメリカ合衆国連邦政府からの260億米ドルの対外債務に対処するために動いたが、最終的には国際信用格付けを回復するため、債務残高の40億ドルを完済。しかし、同時に追加で90億ドルを借入れた[2]。1986年は3.4%のプラス成長を記録したものの、幾度も国軍のクーデター未遂事件が起こったのと、1991年にピナトゥボ山が大噴火を起こし、被害は中部ルソン一帯に広がった影響で、フィリピンの経済は停滞した。

アキノが以前から新憲法に基づき、在比米軍の撤退を要求していたことに加え、ピナトゥボ山の大噴火による影響が重なり、同年にアメリカ軍のフィリピンからの撤退も決まった。大統領最後の年には、インフレーション率は17%にまで上昇していた。

退任後編集

 
2010年発行券の新500ペソ札。左がコリー。署名は息子のノイノイ。

1992年に任期満了で職を去る。後継者に指名したのは1986年の革命で活躍し、その後参謀総長や国防相に任じていたフィデル・ラモスだった。その後、1999年6月から日本三洋電機社外取締役を務め、その後は最高顧問を務めたが、同社の経営不振のあおりを受けて、2007年3月末日で辞任した。

2008年3月に結腸癌であることを公表し、闘病ののち2009年8月1日に死去、76歳だった[3][4]

2010年より発行されている、新500ペソ紙幣に夫婦揃って肖像が使用されており、その傍には息子ベニグノ・アキノ3世署名が添えられている。

家族編集

5人の子供がいる。長男はタルラック州選出の前上院議員で、第15代フィリピン共和国大統領ベニグノ・アキノ3世、四女はフィリピンの女優クリス・アキノ英語版タガログ語版

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集