メインメニューを開く

コンスタンティン・コンスタンティノヴィチ・コキナキ(Konstantin Konstantinowitsch Kokkinaki 、Константин Константинович Коккинаки、1910年3月11日 - 1990年3月4日)はソビエト連邦の軍人、パイロットである。最終階級は空軍大佐。テストパイロットとして多くの機種に関わり、また撃墜数14(うち共同7)のエースパイロットでもある。ソ連邦英雄レーニン賞(3回)。兄のウラジミール・コキナキロシア語版少将もテスト・パイロットとして有名である。

コンスタンティン・コンスタンティノヴィチ・コキナキ
Константин Константинович Коккинаки
Valentin, Vladimir and Konstantin Kokkinaki.jpg
左より弟バレンティン、兄ウラジミール、コンスタンティン
生誕 1911年3月11日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国チェルノモール県ノヴォロシースク
死没 (1990-03-04) 1990年3月4日(79歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
所属組織 Flag of the Soviet Air Force.svg ソ連空軍
軍歴 1929年 - 1951年
最終階級 CCCP air-force Rank polkovnik infobox.svg 大佐
除隊後 テストパイロット
民間輸送機パイロット
墓所 クズミンキー墓地ロシア語版
テンプレートを表示

目次

経歴編集

ノヴォロシースクポントス人の貧しい鉄道労働者の家に生まれた。7年制学校を卒業後は救助船の船員として働いていたが、1929年にコムソモールの指示で赤軍に志願[1]。1931年にソ連共産党に入党[2]1932年第7スターリングラード軍用飛行士学校ロシア語版を卒業後、北カフカーズ軍管区の戦闘機隊を経て1936年より海軍太平洋艦隊航空隊ロシア語版[3]。同年11月よりモスクワの第1航空機工廠にてテストパイロットを務め、R-5R-7ロシア語版DI-6、I-15bis、I-153などを操縦。1939年から1940年までソ連空軍志願隊の戦闘機隊副隊長として日中戦争に参加、重慶防空の任につく。のち戦闘機隊隊長。志願隊本隊撤収後もしばらく軍事顧問として中国に留まる。166回の出撃で個人3、共同4機を撃墜した[4]

第二次世界大戦(大祖国戦争)当時、第1航空機工廠に戻りテストパイロットを務めていたが、大祖国戦争の激化に伴いテストパイロットを集め編成された第401特別任務戦闘機連隊ロシア語版副隊長としてベラルーシに展開しドイツ空軍と交戦。2か月後、同隊は第263戦闘機連隊ロシア語版に改編。7月4日、ステパン・スプルーンロシア語版中佐の戦死に伴い連隊長になる。98回の出撃で撃墜数は個人4、共同3。その後は第30航空機工廠にてテストパイロットを1950年まで務める。

軍を予備役編入後、ソ連邦航空産業省ロシア語版テストパイロット学校(現A・V・フェドロフ名称テストパイロット学校ロシア語版)を経て[5]1951年から1965年までミコヤン・グレヴィッチ設計局第155プラントのテストパイロットを勤め、 MiG-17MiG-19MiG-21などの試験飛行を行った。1960年9月30日、MiG-21を改造した E-66で100kmの周回飛行で2148.66 km / hの世界速度記録を樹立し、世界的に有名となった。同年、国際航空連盟からデラボー賞を受賞した。その後は設計局の輸送パイロットを1年間務めた後、主任技術者、1985年以降は先任技術者として晩年まで航空機に携わった[5]。南西区クズミンキー地区ロシア語版クズミンキー墓地ロシア語版に埋葬された。

姉タチアナの娘ニーナは、ボート競技が好きなスポーツマンで、他の兄弟と比べ爆発的ではなかったが、親切で優しい性格だったと回想する。1947年の夏、学生だったニーナを鞄一杯のジャガイモと小麦粉を乗せてウラジミール、パーヴェルとともにIl-18でモスクワからゲレンジークまで送り届けることがあったという[6]

親族編集

  • 父:コンスタンティン(1861-1941)
  • 母:ナターリア(1879-1959)
  • 長兄:ウラジミール・コキナキロシア語版 - テストパイロット、空軍少将(1904-1985)
  • 姉:タチアナ(1902-1993)
  • 次兄:パーヴェル - 航空技師(1906-1991)
  • 長弟:アレクサンドル - 爆撃機搭乗員。1941年7月3日、SBがミンスク付近で墜落し死亡[7](1914-1941)
  • 次弟:バレンティン - 戦闘機パイロットとして活躍し戦後は1955年8月25日、M-4試験飛行にて操縦ミスで事故死、空軍大佐[8]

栄典編集

  ソ連邦英雄(1964年8月21日、第11214号)
  レーニン勲章3回(1944年4月29日、57年7月12日、64年8月21日)
  赤旗勲章2回(1941年8月9日、44年8月19日)
  赤星勲章(1939年5月27日、45年3月30日)
  1等祖国戦争勲章3回(1945年7月2日、47年9月20日、85年3月11日)
  人民友好勲章
  ウラジーミル・レーニン生誕100周年記念記章ロシア語版
  ソ連名誉試験操縦士(1963年3月)
  中ソ友誼万歳奨章ロシア語版

脚注編集

参考文献編集

  • Babakov, Alexandr (1987) (Russian). Герои Слветского Союза (Абаев-Любичев). I. Moscow: Voennoe Izdatelstvo. 
  • Chudodeev, Yuriy (2017) (Russian). На Земле и в Небе Китая: Советские военные советники и летчики–добровольцы в Китае в период японо–китайской войны 1937–1945 гг.. Moscow: Russian Academy of Sciences. ISBN 978-5-89282-717-1. 
  • Chudodeev, Yuriy; Kokkinaki, Konstantin (1986) (Russian). В небе Китая. 1937–1940. Moscow: Nauka. 

外部リンク編集

軍職
先代:
ステパン・スプルーンロシア語版
  第263戦闘機連隊ロシア語版連隊長
第2代:1941.7.8 - 8.16
次代:
ミハイル・ソコロフ