メインメニューを開く

コンスタンティン・トレティアコフ

コンスタンティン・ニコラエヴィッチ・トレティアコフ (Konstantin Nikolaevitch Tretiakoff、1892年12月26日 - 1958年11月23日)は、ロシア神経病理学者。彼はフランス出身で中央アジア探検家のピエール・ボンヴァルトの初パミール遠征のメンバーだった軍医のひとり息子として、ロシア帝国フェルガナ(現ウズベキスタン)で生まれた。そして、パリ公立病院連合で医学を学び、1919年博士号を取った。論文で、彼は振せん麻痺 (パーキンソン病)と関係がある黒質の変性について記載した。トレティアコフは、パーキンソン症候群とこのような解剖学的構造を初めて結びつけたのだ。1922年から1926年の間、トレティアコフはブラジルサンパウロ近郊にあるジュケリー病院で働いていた。1931年から残りの人生は、旧ソ連サラトフで新しい脳科学研究科医学研究所の所長の職にあった。

コンスタンティン・トレティアコフ
Konstantin Tretiakoff (ca. 1940).jpg
コンスタンティン・トレティアコフ
生誕 1892年12月26日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国フェルガナ
(現 ウズベキスタン
死没 (1958-11-23) 1958年11月23日(65歳没)
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
研究分野 神経病理学
主な業績 パーキンソン病
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

1910年フレデリック・レビーがのちにレビー小体[1]として世に知られるものを発見し、ゴンサロ・ロドリゲス・ラフォラ1913年にそれに関しての認知症を見つけたのだ[2]。そして、トレティアコフは1919年にパーキンソン病には中脳黒質にそれがあることを見つけ出し、それを発見者の功績をたたえて、レビー小体と名付けた。 しかし、2017年エリヤ・エンゲルハートはラフォラの功績をたたえてラフォラにすべきだと主張。その理由として、ラフォラはトレティアコフが名付ける6年も前にその名前を付けていたからだということを挙げた[3]

参考文献編集

  1. ^ Hake MD, Ann Marie. “Dementia with Lewy bodies”. MEDMERITS TM. 2017年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  2. ^ “Lafora and Trétiakoff: the naming of the inclusion bodies discovered by Lewy”. Arq Neuropsiquiatr 75 (10): 751–753. (October 2017). doi:10.1590/0004-282X20170116. PMID 29166468. http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0004-282X2017001000751&lng=en&nrm=iso&tlng=en. 
  3. ^ “Lewy and his inclusion bodies: Discovery and rejection”. Dement Neuropsychol 11 (2): 198–201. (2017). doi:10.1590/1980-57642016dn11-020012. PMC: 5710688. PMID 29213511. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5710688/. 
  • Lees, Andrew J; Selikhova Marianna; Andrade Luiz Augusto; Duyckaerts Charles (April 2008). “The black stuff and Konstantin Nikolaevich Tretiakoff”. Mov. Disord. 23 (6): 777–83. doi:10.1002/mds.21855. PMID 18383531.