コンフラン=サントノリーヌのテロ事件

パリ地域での2020年10月のテロ攻撃

コンフラン=サントノリーヌのテロ事件(サミュエル・パティの殺人、フランス人中学校の先生)は、2020年10月16日フランスイヴリーヌ県コミューンであるコンフラン=サントノリーヌで、地理歴史科の中学教師サミュエル・パティ(仏: Samuel Paty)が、授業でイスラーム教の預言者ムハンマドの諷刺画を生徒に見せたことに対する報復として、イスラーム過激派の男に首を切られて殺害されたテロ事件である。

コンフラン=サントノリーヌのテロ事件
Islamic terrorism in Europe
場所 コンフラン=サントノリーヌ, イヴリーヌ県, フランス
日付 2020年10月16日
攻撃手段 斬首刑
武器 30-センチメートル (12 in) knife
他の被害者 サミュエル・パティ (仏: Samuel Paty)
犯人 アブヅラック・アンゾロフ (仏: Abdoullakh Anzorov)
動機 Jihadism, Islamic extremism
テンプレートを表示

概要編集

殺害されたサミュエル・パティ(仏: Samuel Paty)は地理歴史科の中学教師で、事件当日の夕方17時ごろ学校を出たところで首を切られた[1]。犯人はチェチェン出身のロシア人難民とみられ[2]、事件後警察により射殺された[1]

このテロ行為は、2015年に起こったシャルリー・エブド紙の編集スタッフに対するテロ事件の加害者の裁判がフランスで行われているときに発生した。その原因と思われていたのは、シャルリー・エブド紙によるムハンマド風刺画だった。2006年にデンマークの風刺画家が描いたその風刺画は、2020年9月1日に同紙より再掲載された際、パキスタンからの報復の呼びかけのきっかけとなる。この呼びかけが、パリ市内にあったシャルリエブド紙のかつての社屋にて起こった襲撃事件につながった。

コンフラン・サントノリーヌでのテロは、2020年10月2日にレミュローで行われた、共和国原理の尊重を強化する法案を後押しし、また、世俗主義を強化し特定のイスラム派の急進化を食い止めるための対策を示したという、「分離主義」との闘いに関するフランス大統領エマニュエル・マクロンの演説の少し後に発生した。

首を斬られるテロ事件は、2015年のサンカンタンファラビエ事件以来、フランスそしてヨーロッパにおいて2回目であり、2020年に入って6回目のイスラム主義者による攻撃であった。2015年1月以降、フランスは前例のないイスラム過激派によるテロ攻撃の波にさらされている。この事件で亡くなったサミュエル・パティ教授は、2015年1月以来、260人目のテロ犠牲者となった。またその13日後、新たなイスラム過激主義者のテロ攻撃により、フランス南部ニースで3人が死亡した。

背景編集

事件に至るまで編集

犠牲者編集

サミュエル・パティ Samuel Paty
生誕1973年9月18日
ムーラン (アリエ県)、フランス
死没2020年10月16日
コンフラン=サントノリーヌ (イヴリーヌ県)、フランス
死因斬首刑
国籍フランス人
職業地理歴史先生

加害者編集

殺人に至るまでの出来事編集

事件の経過編集

当日の動き編集

直後の余波編集

捜査と逮捕編集

事件後の反応編集

フランスの反応編集

外国の反応編集

集会と市民の抗議編集

Tribute to Paty, in front of the town hall in Seine-Saint-Denis
Gathering at the Place de la République, in Belfort, paying tribute to Paty
French Muslims in attendance at tribute for Paty, in Place de la République
Gathering in homage to Samuel Paty, at Place de la République in Paris.

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集

この記事はフランス語版ウィキペディアにある同じ項目の記事この版から翻訳された記事である。