コンラート・ヘンライン

コンラート・エルンスト・エドゥアルト・ヘンラインドイツ語: Konrad Ernst Eduard Henlein1898年5月6日 - 1945年5月10日) は、チェコスロヴァキア及びナチス・ドイツ政治家ズデーテン・ドイツ人の指導者的存在となった人物。

コンラート・ヘンライン
Konrad Henlein
Konrad Henlein (1898-1945).jpg
1939年撮影
生年月日 1898年5月6日
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ボヘミアの旗 ボヘミア王国 マテルスドルフ
没年月日 (1945-05-10) 1945年5月10日(47歳没)
死没地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア ピルゼン
所属政党 Flag of the Sudets (without CoA).Svg ズデーテン・ドイツ人党
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg 国家社会主義ドイツ労働者党
称号 NSDAP badge.svg 黄金党員名誉章

NSDAP-Logo.svg 国家社会主義ドイツ労働者党
Gauleiter.svgFlag of Bohmen und Mahren.svg ズデーテンラント帝国大管区ドイツ語版指導者
在任期間 1938年10月30日 - 1945年5月10日

内閣 ヒトラー内閣
在任期間 1938年12月4日 - 1945年5月10日

ナチス・ドイツの旗Flag of Bohmen und Mahren.svg
ズデーテンラント国家弁務官
在任期間 1938年10月1日 - 1945年5月10日

在任期間 1936年11月21日 - 1939年1月31日

在任期間 1938年9月17日 - 1938年10月9日
テンプレートを表示

略歴編集

当時オーストリア・ハンガリー帝国領(現在はチェコ共和国領)だったライヒェンブルクマテルスドルフの出身(ヴラティスラヴィツェ・ナド・ニソウen:Vratislavice nad Nisou))。母にはチェコ人の血も流れていた。ヤブロネツ・ナド・ニソウ商業学校で学ぶ。第一次世界大戦ではオーストリア・ハンガリー帝国軍に従軍したが、イタリア軍の捕虜となった。オーストリアの敗戦後、故郷はチェコスロヴァキアとしてオーストリアから独立した。チェコスロヴァキアへ帰国して銀行で事務員として働いた。ズデーテン・ドイツ人による政治活動に参加するようになる。

1933年にはズデーテン・ドイツ郷土戦線(略称SHF 、ドイツ語:Sudetendeutsche Heimatfront 、チェコ語:Sudetoněmecká vlastenecká fronta) を立ち上げた。同組織は1935年にズデーテン・ドイツ人党(略称SdP 、ドイツ語:Sudetendeutsche Partei 、チェコ語:Sudetoněmecká strana)となった。

当初ヘンラインは、チェコスロヴァキア残留派でアドルフ・ヒトラーやドイツを支持してはおらず、批判もしていた。しかし党首代理であるカール・ヘルマン・フランクにより修正を求められ、1937年頃にはドイツとの統一論者となり、党の意見もドイツとの統一とした。党は「一つの民族、一つの国家、一つの指導者」("Ein Volk, ein Reich, ein Führer!")をスローガンとするようになった。1938年9月のミュンヘン会談を受けてズデーテンラントはドイツに編入されることが決まり、同年11月5日にはヘンライン達のズデーテン・ドイツ人党もナチス党に吸収された。ヘンラインには親衛隊中将位と国会議員の職が与えられた。1939年にチェコの残りの部分もドイツのベーメン・メーレン保護領と化し、3月から4月にかけてその民政長官に任じられた。しかし同地の権力は親衛隊及び警察高級指導者に任じられたカール・ヘルマン・フランクが握るところが大きかった。さらに5月にはナチ党のズデーテンラント大管区指導者となる。以降、第二次世界大戦でのドイツの敗戦までこの地位を保持した。

1945年5月にアメリカ軍に逮捕された。拘禁先のピルゼンで眼鏡の破片で静脈を切って自殺した。ピルゼン中央墓地の無名墓地に葬られた。

エピソード編集

国家保安本部長官であるラインハルト・ハイドリヒとは、しばしば対立しており、ハイドリヒからは暗殺対象として睨まれていた。しかし、ヘンラインとヒトラーとの良好な関係のため、計画は失敗した。後に、英軍エンスラポイド作戦によるハイドリヒ暗殺の知らせが伝わると、ヘンラインは地元のビアホールに向かい、酔いつぶれながら公然とこれを祝ったという[1]

また、第二次世界大戦中のヘンラインは、アプヴェーアヴィルヘルム・カナリスを通じて英国と交渉を行っていたといわれる[2]

キャリア編集

親衛隊の階級編集

受章編集

脚注編集

参考文献編集

  • Ralf Gebel: „Heim ins Reich!“ Konrad Henlein und der Reichsgau Sudetenland 1938–1945 (= Veröffentlichungen des Collegium Carolinum. Band 83). 2. Auflage. Oldenbourg, München 2000, ISBN 3-486-56468-4 (

urn:nbn:de:bvb:12-bsb00092896-5:{{{2}}}).

  • Hermann GramlHenlein, Konrad. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 8, Duncker & Humblot, Berlin 1969, ISBN 3-428-00189-3, S. 532–534 (電子テキスト版).
  • Cornwall, Mark (2011). “The Czechoslovak Spinx: 'Moderate and Reasonable' Konrad Henlein”. In Rebecca Haynes. In the Shadow of Hitler: Personalities of the Right in Central and Eastern Europe. London: I.B.Tauris. pp. 206–227. ISBN 1780768087 

外部リンク編集