メインメニューを開く

ゴルファー

ゴルファー英語: Golfer)は、ゴルフをする人物。一般的に、ゴルフ競技会(大会)でプレイする人物(ゴルフ選手)を表す。自動車の「ゴルフ」乗りのことも表すが、こちらの「ゴルフ」の語源はドイツ語でのメキシコ湾流であり、スポーツのゴルフとは違う。

プロ資格」を有する人物の場合をプロゴルファープロ。それ以外は、アマチュア。競技参加者は、アマチュアゴルファーとも呼ばれる。

日本初のゴルファーは1907年明治40年)に神戸ゴルフ倶楽部に入会・コースに出てプレーした記録がある小倉正太郎、また日本初の女子ゴルファーはその妹の小倉末子といわれる[1]。ただし、1896年に留学先の英国でゴルフをした海軍軍人水谷叔彦が日本人ゴルファー第1号とも称される[2]

目次

プロ編集

プロ資格を有し、競技会に参加する人物をツアープロ(トーナメントプロ)。ゴルフ場などと契約し、ゴルフを教える人物のティーチングプロ(レッスンプロ)と呼ぶ。プロゴルフの海外ツアー大会に参加する人物を「海外ツアー選手」。

アマチュア編集

アマチュアには、健康推進スポーツの一環として個人で楽しむ場合、趣味、企業ゴルフ(ゴルフコンペ、接待ゴルフ)、プロに昇格するための一つの通過点(学生ゴルフ)などがある。

アマチュア資格編集

プロ資格を取得する場合、アマチュアゴルフ競技に参加する場合が一般的であり、資格を取得する必要がある。

企業のゴルフ編集

企業、団体のゴルフには、接待の一部として取り組む場合、ゴルフコンペ、ゴルフ部として運営する場合がある。

学生のゴルフ編集

学生のゴルフには、中学・高等学校のゴルフ部、スポーツクラブに所属して取り組む場合がある。学生アマチュアとも呼ぶ。

愛好者のゴルフ編集

健康推進スポーツの一環、個人で楽しむ場合の趣味、チャリティーゴルフ大会など。

主なゴルファー編集

近年、日本では学生アマチュア出身・海外ツアー選手の活躍もみられる。

ゴルフコンペ編集

ゴルフコンペは、ゴルフ競技会の総称の意味だが、一般的にアマチュアの世界(企業・商店街・地域おこし・団体などの主催)で使われる場合が多い。

主なゴルフ大会編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集