ゴンサロ・ルバルカバ

ゴンサロ・ルバルカバ[1]Gonzalo Rubalcaba1963年5月27日 - )は、キューバハバナ出身のジャズ・ピアニストで作曲家。グラミー賞受賞者[2]

ゴンサロ・ルバルカバ
Gonzalo Rubalcaba
Gonzalo Rubalcaba at MIFF (cropped).jpg
ゴンサロ・ルバルカバ(2015年)
基本情報
出生名 Gonzalo Julio Gonzalez Fonseca
生誕 (1963-05-27) 1963年5月27日(57歳)
出身地  キューバ ハバナ
ジャンル ジャズラテンジャズアフロ・キューバン・ジャズ
職業 ミュージシャン、作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1983年 -
レーベル ブルーノート・レコード
共同作業者 グルーポ・プロジェクト
公式サイト www.g-rubalcaba.com

経歴編集

1963年生まれ。5歳の時より、父のバンドでパーカッションを演奏する[3]。7歳で、ピアノを習う[3]

1978年に、音楽仲間とグルーポ・プロジェクト(グルッポ・プロイェクト)を結成する[3]。1980年、コロンビアのブガ市での歌謡祭で、オーケストラ編曲の第一席を勝ち得る[3]。1985年に、グルーポ・プロジェクトのデビュー・アルバムを発表する[3]。1990年、ドキュメンタリー映画『ナイト・イン・ハバナ』で注目される[3]。1991年、日本での公演が実現する[3]。1993年、アメリカ合衆国ニューヨークでの初公演が実現する[3]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ラ・ヌエバ・クバーナ』 - La Nueva Cubana (1985年、Areito) ※グルーポ・プロジェクト・デ・ゴンサロ・ルバルカーバ名義
  • Concatenacion I (1987年、Areito) ※グルーポ・プロジェクト名義
  • Concatenacion II (1987年、Areito) ※グルーポ・プロジェクト名義
  • Mi Gran Pasion (1987年、Connector/Timba)
  • Live in Havana (1989年、Pimienta)
  • Giraldilla (1990年、Pimienta)
  • 『ゴンサロ・ルバルカバ・トリオ・アット・モントルー』 - Gonzalo Rubalcaba Trio at Montreux (1990年、Somethin' Else)
  • 『ブレッシング』 - The Blessing (1991年、Blue Note)
  • 『イメージズ』 - Images (1992年、Blue Note)
  • 『ロマンティック』 - Suite 4 Y 20 (1993年、Blue Note)
  • 『DIZ』 - Diz (1993年、Blue Note)
  • 『ラプソディア』 - Rapsodia (1994年、Blue Note)
  • 『イマジン〜ゴンサロ・ルバルカバ・イン・USA』 - Imagine: Live in America (1994年、Blue Note)
  • 『コンカテナシオーン〜ライヴ』 - Concatenacion (1995年、Egrem)
  • 『コンシエルト・ネグロ』 - Concierto Negro (1995年、Egrem)
  • 『フライング・カラーズ』 - Flying Colors (1997年、Blue Note) ※with ジョー・ロヴァーノ
  • Gonzalo Rubalcaba (1998年、Max)
  • 『アンティグォ』 - Antiguo (1998年、Blue Note)
  • 『憧憬』 - Inner Voyage (1999年、Blue Note/EMI)
  • 『イニシオ〜ピアノ・ソロ』 - Inicio (2001年、Egrem)
  • 『スーパーノヴァ』 - Supernova (2001年、Blue Note)
  • Straight Ahead (2003年、Yemaya)
  • Soneros de Verdad Present Rubalcaba Pasado y Presente (2003年、Universal Music Latino/Pimienta)
  • 『パセオ』 - Paseo (2004年、Blue Note)
  • 『ザ・トリオ』 - The Trio (2005年、Angel)
  • 『ベサメ・ムーチョ〜ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ・アルバム』 - Solo (2005年、Blue Note)
  • Con el Permiso de Bola (2006年、Warner Music Latina) ※with フランシスコ・セスペデス
  • 『化身 / アバター』 - Avatar (2008年、Angel)
  • Faith (2001年、5Passion)
  • XXI Century (2011年、5Passion)
  • Live Faith (2014年、5Passion)
  • Suite Caminos (2015年、5Passion)
  • 『トーキョー・アダージョ:ライヴ・アット・ブルーノート東京』 - Tokyo Adagio (2015年、Impulse!) ※with チャーリー・ヘイデン
  • Charlie (2015年、5Passion)[4]
  • Minione (2017年、Universal Music Polska) ※with アナ・マリア・ヨペック

参加アルバム編集

アル・ディ・メオラ

チャーリー・ヘイデン

  • 『ライブ・アット・モントリオール』 - The Montreal Tapes: with Gonzalo Rubalcaba and Paul Motian (1997年、ECM) ※1989年7月3日録音
  • 『ノクターン』 - Nocturne (2001年、Verve)
  • 『ランド・オブ・ザ・サン』 - Land of the Sun (2004年、Verve)

トニー・マルティネス

  • Mafarefun (1999年)
  • La Habana Vive (2002年)

その他

脚注編集

  1. ^ ゴンサロ・ルバルカーバ」の表記もある。
  2. ^ Huey, Steve. “Biography: Gonzalo Rubalcaba”. AMG. 2012年7月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h コトバンク現代外国人名録2012 - ゴンサロ・ルバルカバ
  4. ^ Gonzalo Rubalcaba”. AllMusic. 2018年7月19日閲覧。

外部リンク編集