メインメニューを開く

ブルーノート・レコード

ブルーノート・レコードBlue Note Records)とは、ドイツ出身のアルフレッド・ライオンによって、1939年ニューヨークで創設されたジャズ専門のレコード・レーベル。独自の録音方法や、洗練されたジャケットデザインなど、作品に一貫した理念を持ち、ジャズ・シーンに大きな影響を与えた。また、同名のジャズクラブとは関係を有さない。

ブルーノート・レコード
Blue Note Records
Blue Note Records.svg
親会社 キャピトル・レコード
設立 1939年
設立者 アルフレッド・ライオン
現況 現存
販売元 日本の旗 ユニバーサル ミュージック
ジャンル ジャズ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
公式サイト http://www.bluenote.com/

商業性に拘らず、少人数のスタッフで優れた作品を多く発表したために、インディーズとしてのブルーノートはジャズの歴史にその名を刻んでいる。第一期のブルー・ノートは、戦前の1939年から戦後の1979年まで続いた。その間、1度倒産している。

キャピトル・レコードを親会社に持ち、長年EMI傘下であったが、M&Aにともなう親会社の買収で、現在はユニバーサル ミュージックの傘下となっている。

歴史編集

初レコーディングは1939年1月6日にピアニストのアルバート・アモンズミード・ルクス・ルイスにより行われた[1]1940年には、ライオンのドイツ時代からの親友で写真家のフランシス・ウルフがアメリカに移ってくる。翌年ライオンが徴兵されるもウルフによりブルーノートは守られた。 戦後、ライオンとウルフは、プロデュース=ライオン、経理とジャケット写真撮影=ウルフの分担で共にブルーノートの運営を行った。1940年代ビバップの勃興に際しては早くからその本質を理解し、レコーディングを行っている。その後も時代毎の優れたミュージシャンの演奏を多く録音し、モダン・ジャズ界の有名レーベルになった。ジャズはアルバムで聴くものという印象が強いが、ブルーノートは45回転シングルも、かなり発表している。また、ジミー・スミス、ベイビーフェイス・ウィレットらのオルガン・ジャズ奏者のアルバムも発表した。彼らのジャズは、ソウル・ジャズと呼ばれた。

代表的なアーティスト編集

所有レーベル編集

関連書籍編集

  • マイケル・カスクーナ油井正一『ブルーノートJAZZストーリー』新潮社新潮文庫〉、1987年
  • 行方均『ブルーノート再入門』径書房、1994年。のち〈朝日文庫〉、1999年。
  • 行方均『ブルーノートの名盤』立風書房、1996年
  • リチャード・クック『ブルーノート・レコード』前野律訳、行方均監修、朝日新聞社〈朝日文庫〉、2002年
  • 中山康樹『超ブルーノート入門:ジャズの究極・1500番台のすすめ』集英社集英社新書〉、2002年
  • 小川隆夫『ブルーノート・ジャズ』平凡社〈平凡社新書〉、2003年
  • 中山康樹『超ブルーノート入門完結編:4000番台の至福』集英社〈集英社新書〉、2004年
  • 小川隆夫『ブルーノートの真実』東京キララ社、2004年
  • 『ブルーノート決定盤100』宝島社、2004年
  • 小川隆夫『はじめてのブルーノート』音楽之友社、2005年
  • 小川隆夫『ザ・ブルーノート、ジャケ裏の真実』講談社、2008年
  • 中山康樹『ブルーノート名盤 其の壱《鍵弦打編》』プリズム〈プリズム・ペーパーバックス〉、2009年1月
  • 中山康樹『ブルーノート名盤 其の弐《管楽器編》』プリズム〈プリズム・ペーパーバックス〉、2009年4月
  • 行方均『ブルーノートの名盤 改訂新版』学研パブリッシング、2010年3月
  • 中山康樹『黒と白のジャズ史』平凡社、2011年10月
  • 行方均『名曲・名盤のブルーノート物語:最強のジャズ100年史』学研プラス、2016年

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 彼は同レーベルに於いては、1954年2月初旬頃から録音を開始している。
  2. ^ このシリーズは、日本の当時の東芝EMIの強いリクエストによって実現されたシリーズである。
  3. ^ その後は、新規発売がなく、現在は中断している模様である。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.allmusic.com/album/1936-1939-mw0000060126
  2. ^ http://www.bluenote.com/artists/jimmy-smith
  3. ^ アルバム「ブルー・トレイン」を発表している
  4. ^ アルバム「クール・ストラッティング」のジャケットと演奏で有名である
  5. ^ ソニー・クラークのアルバム「クール・ストラッティン」(BLP/BST-1588)の、日本にて2013年10月26日に発売されたCD(規格番号:TYCJ-81003、ユニバーサル・ミュージック合同会社より発売)のブックレットの1ページに記載されている。

関連項目編集

外部リンク編集

ビジネスデータ