ゴーゴー (Go-go) とは、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.で誕生した音楽のジャンルのことである。チャック・ブラウン[1]らが1970年代に創造した、ラテン・パーカションを多用し、同じビートを延々と持続する音楽形態である。

ゴーゴー
Go-go
様式的起源 R&Bラテン音楽ブルース
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
使用楽器 コンガ、ボンゴ、サックス、トロンボーン、トランペット、ギターベースドラム、キーボードなど
融合ジャンル
ニュージャックスウィング
関連項目
本文参照
テンプレートを表示

概要編集

チャック・ブラウンのほか、トラブル・ファンクやEU[2]などが全米的な知名度を得ることができた。以前はワシントンD.C.での地域音楽だったが、1980年代にゴーゴー・リズムを使用した曲がソウル・チャートでヒットした結果、全米にその存在を知られることになった。

ワシントンD.C.のゴーゴーに対し、ニュー・ジャック・スウィングがニューヨーク・ゴーゴーと呼ばれることもあった。

主なアーティスト編集

  • チャック・ブラウン&ソウル・サーチャーズ
  • トラブル・ファンク[3]
  • EU[4]
  • レア・エッセンス
  • ホット・コールド・スウェット
  • ジャンク・ヤード・バンド
  • レッズ&ザ・ボーイズ[5]
  • DJクール

ソウルに見るゴーゴー編集

  • アリス、アイ・ウォント・ユー・ジャスト・フォー・ミー - フル・フォース
  • ナスティ - ジャネット・ジャクソン
  • リーン・オン・ミー - クラブ・ヌーボー
  • ヘッド・ラインズ - ミッドナイト・スター
  • カサノヴァ - ルヴァート[6]
  • ペアレンツ・ジャスト・ドント・アンダースタンド - DJジャジー・ジェフ&フレッシュ・プリンス

脚注編集

  1. ^ Chuck Brown”. AllMusic. 2021年7月30日閲覧。
  2. ^ 中心メンバーのアイヴァン・ゴフは病死している。
  3. ^ ベーシストのトニー・フィッシャーを中心にしたバンド。
  4. ^ E.U. Biography”. AllMusic. 2021年7月30日閲覧。
  5. ^ 編集盤「ゴーゴー・クランキン」に収録されている。
  6. ^ オージェイズのエディ・ルヴァートの息子、ジェラルドがヴォーカルを担当した3人組。ジェラルドは若くして死去した

関連項目編集