ジャネット・ジャクソン

ジャネット・ダミタ・ジョー・ジャクソンJanet Damita Jo Jackson, 1966年5月16日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライター女優ダンサー音楽プロデューサー。兄の1人はマイケル・ジャクソン

ジャネット・ジャクソン
JanetJacksonUnbreakableTourSanFran2015.jpg
USAサンフランシスコ公演(2015年10月)
基本情報
出生名 ジャネット・ダミタ・ジョー・ジャクソン
生誕
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1976年 -
レーベル
公式サイト ジャネット・ジャクソン 公式サイト

1980年代以降、商業的に大成功を収めた。ビヨンセ[2]リアーナブリトニー・スピアーズ[3]など21世紀のスターの面々に加え、安室奈美恵など、日本の歌手にも大きな影響を与えた。

経歴編集

出生・幼少期編集

アメリカ合衆国インディアナ州の町・ゲーリーで、ジョセフ・ジャクソンキャサリン・ジャクソンの娘として生まれる。彼女の生まれたジャクソン一家は有名で、マイケル・ジャクソンを含むジャクソン・ファイヴのメンバーは実兄である。10人兄弟の末子。(兄7人・姉2人。うち五番目の兄が夭折

7歳にはMGMカジノの舞台に立ったが、本格的なデビューはティーンエイジャーになってからである。当初はアメリカテレビドラマを中心に活動した。

1980年代編集

兄弟とのデュエット曲やバックボーカルとしてのキャリアはあったものの、本格的にシンガーソングライターの道を歩み始めたのは1982年、彼女が16歳の頃である。A&Mレコードからファースト・アルバムヤング・ラヴ』をリリースしたが、商業的には不発であった。しかしそのアルバムからシングルカットされた楽曲「ヤング・ラヴ」がR&Bチャートの6位。3枚目のシングル「セイ・ユー・ドゥ」もまた15位まで上がったが、当時はアイドル歌手として、評価が低かった。

1984年、セカンド・アルバム『ドリーム・ストリート』を発表。兄のマーロンから提供され、以前よりもファンキーでアップテンポな楽曲「ときめきラブ・チャンス 」で、その音楽性に進歩が見られたが、商業的には不成功に終わった。

同年、18歳の若さで歌手ジェイムズ・デバージ英語版結婚したが、わずかな期間で離婚した。

ジャネットは、次期アルバム制作のため、ミネアポリスで活躍中のプリンス一派のプロデューサーコンビ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスの下へ。1986年、これにより完成したデジタル・ゴーゴーを含むアルバム『コントロール』を発表。ジャクソン・ファミリーのプレッシャーから脱却したいジャネットと、ジャム&ルイスの組み合わせは功を奏し、アルバムはポップスチャートとR&Bチャートで1位を獲得。デジタル・ゴーゴー曲「ナスティ[4]、「急がせないで」「コントロール」など、全9曲のうち6曲がシングルカットされ、5曲がポップスチャートで5位以内に入った。「ナスティ」はバスドラをデジタルでハネさせた曲だが、後のテディ・ライリーのニュージャック・スウィングの斬新さには、遠く及ばなかった。「あなたを想うとき」で、ビルボードシングルチャートにて初の1位を獲得。彼女の人気は高まった。本人も実質的な、私のファーストアルバムと語っている位、思い入れの強いアルバムである。また、1996年に発売されたベスト・アルバム『デザイン・オブ・ア・ディケイド/グレイテスト・ヒッツ』(decade = 10年間)でも、1986年より前は無視されている[注釈 1]。以来20年に渡って、ジャム&ルイスとのタッグは続き、他のプロデューサーと楽曲を制作することは少なかった。

1990年代編集

次のアルバムとなる『リズム・ネイション1814[注釈 2]は、1989年にリリースされ、90年にヒットした。歌詞では人種差別性差別ホームレス薬物などの政治問題を取り入れたが、サウンド的には『コントロール』よりも勢いを失っていた。また女性アイドルが政治に関する歌詞を歌っても、プロテスト・ソングとは認識してもらえなかった。しかし、「リズム・ネイション」「ブラック・キャット」などのシングルがヒットし、アルバムはポップスとR&Bのチャートで1位を獲得した。

表題曲「リズム・ネイション」のビデオ・クリップは、兄マイケルの影響からか、難度の高いダンスで構成されていた。ライブでは激しいダンスのため、リップシンクでパフォーマンスされることが多い。

1990年の初来日公演では、東京ドームでの最高観客動員を記録した。これにより、Rhythm Nation Tourでは2度の来日公演(5月と11月)が実現した。

1992年には、彼女とルーサー・ヴァンドロスとの、アップテンポのデュエット・シングル「ベスト・シングス・イン・ライフ・アー・フリー」がヒットした。1993年のアルバム『ジャネット』からヴァージン・レコードに移籍。シングル「それが愛というものだから」が、自身最高のビルボード8週連続1位を記録。このアルバムではセクシーな表現が一層目立つようになった。同年『ポエティック・ジャスティス/愛するということ』(2パックと共演)で映画初出演が映画の評価は低かった。第14回ゴールデンラズベリー賞最低新人賞[注釈 3]は、1989と1994年度MTVムービー・アワード女性演技賞受賞。

兄マイケルとの仲の良さは有名で、1993年に少年への性的虐待疑惑でメディアが過熱した際は、無実を祈ってワールドツアー(janet. World Tour)のステージ上で黙祷を捧げた。

1995年には、マイケルとのデュエット曲「スクリーム」を発表。この曲は、マイケルのアルバムに収録されたにも関わらず、ジャム&ルイスなどジャネット側の制作陣が手掛けた。

1997年、アルバム『ザ・ヴェルヴェット・ロープ』を発表。これ以降は姓を略した「JANET」名義で作品をリリースする場合がある。同性愛SMドメスティック・バイオレンスなど様々なテーマを取り上げた。セールスは前作を下回ったものの、亡くなった友人に捧げた曲「トゥゲザー・アゲイン」が全米1位のヒットになっている。

1999年、長年に渡るボーイフレンドのレネ・エリゾンドと密かに結婚、そして離婚していたことを公表した。

2000年代編集

2000年エディ・マーフィ主演映画『ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々』のヒロイン役で成功を収めた。その主題歌「ダズント・リアリー・マター[5]もヒットした。オリコンでは、日本での最大のヒットシングルとなり、同年のオリコン洋楽シングルチャートの年間1位を記録した。

2001年のアルバム『オール・フォー・ユー』は、過去の作品に比べるとポップな内容が受け、日本では80万枚を超えるジャネットのアルバムとして最大のヒットとなった。

2004年2月、国民的ショーである第38回スーパーボウルハーフタイムショージャスティン・ティンバーレイクとのデュエット中に片方の胸を露出する事件を起こし、激しい非難を浴びる。当初はハプニングを装っていたが、意図的な演出だったことを告白。生中継したテレビ局が罰金処分を受けたり、直後のグラミー賞アカデミー賞の中継でハプニング防止策が取られるなど、波紋は大きかった。

同年3月発表されたアルバム『ダミタ・ジョー』は、これまで以上に性的表現が目立っていた。事件の影響からか商業的に失敗した作品となった。

2006年初頭には体重が増え、次のアルバムは大丈夫かと不安がる人もいたが、4ヶ月で27キロ減らし55キロまで体重を落とし、6月5日に米国で発売された雑誌「US Weekly」ではそのダイエットの詳細を掲載した。なお、体重増は映画出演のための役作りであったとされるが、結局映画出演は立ち消えになったため、真相は不明。

同年9月、アルバム『20 Y.O.』(トゥエンティ・イヤーズ・オールド)を発売。ジャム&ルイスとの共同制作が20年を迎える記念碑的作品となった。過去のヒット曲のテイストを織り込んで制作したとされるが、当時の恋人である著名プロデューサーのジャーメイン・デュプリの参加によりジャム&ルイス色が薄らいでいる。セールス面では前作を大きく下回る結果となった。

2007年ヴァージン・レコードとの契約を更新せず、同じくヴァージンを去ったジャーメイン・デュプリを追いかける形でアイランド・レコード(ユニバーサル ミュージック グループ)に移籍した。2007年1月、アメリカの経済誌フォーブスがエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20を発表し、ジャネットは総資産181億円で7位にランクインした。2007年10月に米国で公開された映画『Why Did I Get Married?』に主役級で出演している。

2008年2月、アルバム『ディシプリン』を発売。『コントロール』以降で初めてジャム&ルイスが参加しておらず、またジャネット自身は作詞・作曲に一切関わっていない異例なスタイルで制作された。ビルボードHOT200では『オール・フォー・ユー』以来の1位を獲得したものの、セールスの減少は止められなかった。1stシングル「フィードバック」はビルボードHOT100で最高19位。しかし、他のシングルカットはビルボードHOT100にランクインせず。

レーベルが数か月でプロモーションを放棄したことをジャネットは非難し、わずか1年・1作品のみで、アイランドとの契約を終えたことが9月に明らかになった。

2008年9・10月に7年ぶりのツアー『Rock Witchu Tour』を米国とカナダのみで開催。規模が小さく商業的には不振に終わっている。また体調不良により幾つかの公演をキャンセルした。2009年2月に日本でも5公演が予定されたものの、1月下旬に「金融危機の影響」として延期を発表、後にキャンセルされた。

2009年9月、新曲「メイク・ミー」をインターネットで発表。11月には同曲を含むベストアルバム『ザ・ベスト・オブ・ジャネット・ジャクソン』)を発売。

2010年代編集

2013年2月にEntertainment Tonight紙の取材において、以前から交際していたカタールの大富豪ウィサム・アル・マナと2012年末に密かにプライベートな結婚式を挙げていたことを公表した。結婚の贈り物はお互い児童チャリティへの寄付を選んだ。

2015年、イスラム教改宗した[6]

2015年11月2日、7年ぶりとなるニュー・アルバム『アンブレイカブル』を全世界同時発売。

同年12月、開催中のツアー「アンブレイカブル・ワールド・ツアー」の2016年1月以降の日程について、ドクターストップにより延期することを発表[7]

2016年10月13日、第1子の妊娠を公表[8]。2017年1月に男児を出産した。

2019年にはロックの殿堂入りを果たし[9]、授賞式ではジャネール・モネイがプレゼンターを務めた。

全米No.1獲得曲編集

アメリカ「ビルボード」誌に準拠。

ビルボード HOT100チャート編集

ビルボード R&Bチャート編集

ディスコグラフィ編集

アルバム・シングルの総売上枚数は1億枚以上。(2014年1月現在)

スタジオ・アルバム編集

  1. ヤング・ラヴ』 - Janet Jackson1982年
  2. ドリーム・ストリート』 - Dream Street1984年
  3. コントロール』 - Control1986年
  4. リズム・ネイション1814』 - Janet Jackson's Rhythm Nation 18141989年
  5. ジャネット』 - janet.1993年
  6. ザ・ヴェルヴェット・ロープ』 - The Velvet Rope1997年
  7. オール・フォー・ユー』 - All For You2001年
  8. ダミタ・ジョー』 - Damita Jo2004年
  9. 『トゥエンティ・イヤーズ・オールド』 - 20 Y.O.2006年
  10. ディシプリン』 - Discipline2008年
  11. アンブレイカブル』 - Unbreakable2015年

その他のアルバム編集

アルバム ビルボードチャート・売上データ編集

発表年 アルバム名 POPチャート R&Bチャート US売上枚数 全世界売上枚数
1982年 Janet Jackson 63 6 約58万枚 約100万枚
1984年 Dream Street 147 19 約34万枚 約100万枚
1986年 Control 1 1 約680万枚 約1400万枚
1989年 Janet Jackson's Rhythm Nation 1814 1 1 約720万枚 約1400万枚
1993年 janet. 1 1 約780万枚 約2000万枚
1996年 Design Of A Decade 1986/1996 3 4 約380万枚 約800万枚
1997年 The Velvet Rope 1 2 約360万枚 約800万枚
2001年 All For You 1 1 約320万枚 約800万枚
2004年 Damita Jo 2 2 約99万枚 約300万枚
2006年 20.Y.O. 2 1 約62万枚 約120万枚
2008年 Discipline 1 1 約44万枚 約67万枚
2015年 Unbreakable 1 1

売上データは Craving Janet およびWikipedia英語版Janet Jackson discographyによる

日本公演編集

日本での出演編集

テレビ編集

逸話編集

兄・マイケルとの仲編集

度々家族間の確執が話題になるジャクソン・ファミリーだが、マイケルとの仲はとても良かったと言われている。

1995年に二人のデュエットScreamで共演した時のことをマイケルは『ビデオを撮ったのはジャネットと共演する為の口実』と話している。

記録編集

  • 一枚のアルバムからのシングルの最高位がそれぞれ1位から5位を達成(アルバム『コントロール』で達成)
  • 一枚のアルバムから7枚のトップ5シングル(アルバム『リズム・ネイション1814』で達成)

いずれもBillboard Hot 100における記録。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、北米のみで発売された同アルバムの限定版では、『コントロール』以前の曲も収録されていた。
  2. ^ スライの「サンキュー」をサンプリングされた曲などが収録されていた
  3. ^ 出来の悪い映画に与えられる賞として有名である

出典編集

  1. ^ a b c d Huey, Steve. Janet Jackson | Biography & History - オールミュージック. 2021年1月12日閲覧。
  2. ^ How Janet Jackson Made Room For Politics In Pop Music” (英語). BuzzFeed News. 2020年4月6日閲覧。
  3. ^ Jersey, Tris McCall | For Inside (2011年8月5日). “Janet Jackson to sing her Number Ones at PNC Bank Arts Center” (英語). nj. 2020年4月6日閲覧。
  4. ^ ナスティDiscogs|2021年1月13日閲覧
  5. ^ 島谷ひとみのヒット曲「パピヨン〜papillon〜」の原曲
  6. ^ “ジャネット・ジャクソンがイスラム教に改宗。”. (2015年9月21日). http://www.vogue.co.jp/celebrity/news/2015-09/21/janet-jackson 2015年11月29日閲覧。 
  7. ^ ジャネット・ジャクソン、手術のため春までツアーを延期”. シネマトゥデイ (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。
  8. ^ “ジャネット・ジャクソン妊娠を公表 50歳でママに”. スポニチアネックス. (2016年10月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/13/kiji/K20161013013527040.html 2016年10月13日閲覧。 
  9. ^ ロキシー、ゾンビーズ、ジャネット、ロックの殿堂入りに喜びのコメント”. BARKS (2018年12月14日). 2019年2月2日閲覧。

外部リンク編集