メインメニューを開く

ゴールドウェイ1981年5月8日 ‐ 没年不明)は日本中央競馬に所属した競走馬。父はネプテューヌス、母はムツミカースル。G2の毎日王冠など重賞2勝、G1こそ勝てなかったものの1984年菊花賞ではシンボリルドルフの2着と好走した。

ゴールドウェイ
欧字表記 Gold Way[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1981年5月8日
死没 没年不明
ネプテューヌス
ムツミカースル
母の父 チャイナロック
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 小原孝夫
馬主 小川立義
調教師 日迫良一栗東
武宏平(栗東)
競走成績
生涯成績 25戦4勝
獲得賞金 1億4575万8000円
 
勝ち鞍
GII 毎日王冠 1985年
GIII きさらぎ賞 1984年
テンプレートを表示

経歴編集

1981年5月8日、北海道静内町にて産まれる。生産者は小原孝夫。栗東日迫良一厩舎に入厩後、1983年7月の新馬戦小倉芝1000m)にて鞍上に村本善之を迎え初出走し、1番人気に応えてデビュー勝ちする。その後は好走するも勝ち切れず、12月3日のかえで賞(400万下)で待望の2勝目を挙げる。その後、格上挑戦となったもみじ賞は2番人気で3着、清水英次が手綱を取った中京3歳ステークスでも1番人気に推されたが3着に敗れた。この年は下半期だけで9戦2勝の成績だった[1]

1984年、前年最終戦のシクラメン賞(800万下)で2着に入り賞金を増やしていたゴールドウェイは、まだ1400万条件の身ではあったが重賞のシンザン記念に出走した。このレースで2着に入ると、続くきさらぎ賞田島良保騎乗で制して重賞初制覇を遂げ、一躍クラシック戦線に名乗りを挙げた。前哨戦にはスプリングステークスを選ぶも7着となり、デビュー12戦目にして初めて掲示板を外した。続く皐月賞でも14着に終わる。なお、スプリングステークスから皐月賞にかけては美浦に滞在していたが現地の水道水が合わず、ミネラルウォーターを飲んでいたという[2]

休養を挟んで秋の神戸新聞杯京都新聞杯でも着外となり、南井克巳騎乗で迎えた菊花賞では7番人気となっていたが、このレースで史上初の無敗の三冠を達成した優勝馬シンボリルドルフを最後の直線で猛然と追い上げ、3/4馬身差の2着と好走する[3]。しかし、余勢を駆って出走した次走の阪神大賞典では1番人気を裏切り6着に沈んだ。終わってみれば、この年は8戦して2着こそ2度あったものの勝利はきさらぎ賞の1勝のみであった[1]

1985年は2番人気に推された日経新春杯から始動したが3着。続くサンケイ大阪杯天皇賞(春)で立て続けに掲示板を外して春シーズンを終えた。休養明け初戦となった秋の毎日王冠を南井克巳とのコンビで制して重賞2勝目を挙げたが、次走の天皇賞(秋)では11着となり、年間5戦1勝で古馬初年度を終えた。

1986年は2月の京都記念で12着に敗れた後に長期休養に入り、翌1987年宝塚記念で復帰したが最下位に終わり、次戦の高松宮杯10着を最後に現役を引退した。通算成績は25戦4勝(重賞2勝)[4]

通算勝利数は4勝と少なかったが重賞を2勝し、最後の勝利となった毎日王冠では5番人気だった。他にも菊花賞は7番人気で2着、シンザン記念は5番人気で2着など中位人気ながら上位に入るも少なくなかった一方で、1番人気で3着だった中京3歳ステークスや6着だった阪神大賞典、2番人気で3着だった日経新春杯など上位人気でも勝ち切れない時もあるなど、馬券的には難しい一面もあった[4]

種牡馬としては1993年8月に用途変更となるまでに96頭の産駒が血統登録された[5]。代表産駒は中央で5勝を上げ、1995年天皇賞(春)にも出走したサンライトウェイ。

主な戦績編集

血統表編集

ゴールドウェイ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テディ系
[§ 2]

*ネプテューヌス
Neptunus
1961 黒鹿毛
父の父
Neptune
1955 黒鹿毛
Crafty Admiral Fighting Fox
Admiral's Lady
Timely Tune Eight Thirty
Gala Song
父の母
Bastia
1951 鹿毛
Victrix Kantar
Victory
Barberybush Ksar
Pervencheres

ムスミカースル
1970 栗毛
*チャイナロック
China Rock
1953 栃栗毛
Rockefella Hyperion
Rockfel
May Wong Rustom Pasha
Wezzan
母の母
ムツミコウギヨウ
1962 栗毛
*ヤサカ Summertime
Oleno
孝律 ボストニアン
ハナミノル
母系(F-No.) 22号族(FN:22-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Alcantara・Maboul5×5=6.25%、Sir Gallahad5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ ゴールドウェイ 5代血統表2019年8月16日閲覧
  2. ^ ゴールドウェイ 5代血統表2019年8月16日閲覧
  3. ^ ゴールドウェイ 5代血統表2019年8月16日閲覧
  4. ^ ゴールドウェイ 5代血統表2019年8月16日閲覧

出典編集

  1. ^ a b c ゴールドウェイ|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ 宇土秀顕 (2016年4月11日). “金勝の恵み”. 競馬道online. 2019年8月16日閲覧。
  3. ^ 菊花賞|1984年11月11日”. netkeiba.com. 2019年8月16日閲覧。
  4. ^ a b ゴールドウェイ”. netkeiba.com. 2019年8月16日閲覧。
  5. ^ 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル「血統書サービス」より

外部リンク編集