ロックフェル (Rockfel) はイギリス競走馬及び繁殖牝馬である。

ロックフェル
Rockfel.jpg
欧字表記 Rockfel
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1935年
死没 1941年
Felstead
Rockliffe
母の父 Santorb
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Hugo Cunliffe-Owen
(Weir Park Stud)
馬主 Hugo Cunliffe-Owen
調教師 Ossie Bell
競走成績
生涯成績 13戦8勝
勝ち鞍

プリンセスエリザベスステークス (1938)
1000ギニー (1938)
オークス (1938)

チャンピオンステークス (1938)
テンプレートを表示

1938年の牝馬クラシック二冠馬であり、チャンピオンステークスでは牡馬を打ち破って優勝した。1939年に1戦した後に繁殖入りしたが、1941年秋に病気のために亡くなってしまった。

亡くなる前に唯一残した1頭が、ハイペリオン産駒のロックフェラである。

経歴編集

出自編集

Felsteadはカーバイン系の種牡馬であり、その父父スペアミントから3代続くダービー優勝馬であった。

母Rockliffeは下級レースながら10勝をあげた馬で、母父Santorbは2代続けてアスコットゴールドカップに優勝している。

ロックフェルは母の所有者であったロンドンデリー公爵により配合されたものであるが、受胎中に父の所有者である実業家サー・ヒューゴ・カンリフ・オーウェンに3000ギニーで購買されたため彼が生産者及び所有者となった。

ロックフェルは、バークシャー・ランボーン地区のオーストラリア人調教師オズワルト・マーマデューク・ダルビー・ベル、通称 "Ossie" Bell のもとに送られ、競走馬としての調教を受けた。ロックフェルはたいへん賢く、独立心の強い馬で、厩舎スタッフからは"the old lady"と呼ばれていた。

競走馬時代編集

2歳時(1937年)
1946年までイギリスの2歳馬は公式に名前をつけることが求められておらず、後にロックフェルとなるこの馬にも1937年中は名前が付けられておらず、Rockliffe fillyと母名に牝馬を表すfillyを付けて呼ばれていた。
競走馬生活は1937年7月のサンダウンにおけるセリングレースでの着外から始まり、着外を繰り返した後、9月28日のニューマーケットのメイドンレース(6f)において最初の能力開花の兆しを見せ、1着から頭差と短頭差の3着に入った。
その後、10月7日のヨークのアスクハムメイドンプレート(5f)において、"The Rockliffe filly"は初勝利をあげたが、この年のフリーハンデではトップのRadiantから21ポンド低い108ポンドという評価だった。
3歳時(1938年)
3歳になるとロックフェルはさらに良化を見せ、7fのフリーのハンデキャップレースで3着に入った後、エプソムのプリンセスエリザベスステークスに勝利した。
続いて、20頭出ての1000ギニーに8/1のオッズで出走すると、ロックフェルはスタートからレースを引っ張り、道中Laughing Waterに追い上げられながらも、最後は楽にLaughing Waterに1馬身半差を付け、Solar Flowerを3着に従えて見事優勝した。
1ヶ月後、オッズ3/1の人気でオークスに出走すると、スタートからレースを引っ張り、2着のRadiantに4馬身差、3着にSolar Flowerを従えて逃げ切った。勝ち時計の2:37.00は同開催のボワルセル(Bois Roussel)ダービーより1.5秒も速いものであった。
ロックフェルの次走はマイルに距離を戻してロイヤルアスコットコロネーションステークスに出走したものの斤量のためかSolar Flowerに敗れたが、ハイペリオンステークスでは斤量差が縮まり同じSolar Flowerに3度目の勝利を得た。
ロックフェルは、10月には古馬や牡馬を相手にチャンピオンステークスに挑戦し、2000ギニー優勝馬Paschに5馬身差をつけて優勝した。
11月にはエイントリーダービー(13f)で再度牡馬と対戦して、スタートからレースを引っ張ると、ジョッキークラブカップ優勝馬Foxgloveやセントレジャーステークス優勝馬Challenge相手に3馬身差で優勝した。レース後、騎乗したラグは、ロックフェルはこれまで騎乗したなかで最高の馬であり、"perfect racing machine"だと語ったという。
また、この年の3歳馬フリーハンデではボワルセルと同じ133ポンドと評価された。
4歳時(1949年)
プリティーポリーセプターとも比較されるようになったロックフェルは、ボワルセルとの対決のため、4歳時も現役を続けアスコットゴールドカップを目指した。
しかしながら、この年の初戦ニューマーケットのマーチステークスは簡単に勝ったが、調教に抱えた問題が大きくなり引退することとなった。

引退後編集

競走馬引退後は繁殖牝馬となったロックフェルであったが、1941年11月に腸捻転のために亡くなり、初年度産駒1頭しか産駒を残せなかった。ハイペリオン産駒のその馬はロックフェラと名付けられ、3勝をあげた後に2000ギニー優勝馬Rockavon(GB)、愛2000ギニー優勝馬Linacre(GB)、日本で種牡馬として活躍したゲイタイム及びチャイナロックなどの産駒を輩出した。

また、1981年には活躍を讃えて、ニューマーケットの2歳牝馬のG2レースがロックフェルステークスと名付けられた。

血統表編集

ロックフェル血統(カーバイン系(タッチストン系)/Carbine S4×S5、St. Simon S5×M5、 Molly Morgan S5×M5) (血統表の出典)

Felstead (GB)
父の父
Spion Kop
Spearmint Carbine
Maid of the Mint
Hammerkop Gallinule
Concussion
父の母
Felkington
Lemberg Cyllene
Galicia
Comparison William the Third
Combine

Rockliffe (GB)
Santorb Santoi Queen's Birthday
Merry Wife
Countess Torby Morganatic
All Square
母の母
Sweet Rocket
Rock Flint Rock Sand
Trigger
Bustle Eager
Sophie Arnould
(Family 7-a)


外部リンク編集