メインメニューを開く

サイモン・B・バックナー・ジュニア

サイモン・ボリバー・バックナー・ジュニア: Simon Bolivar Buckner, Jr.1886年7月18日 - 1945年6月18日)は、アメリカ合衆国陸軍軍人。生前の最終階級中将。没後の1954年7月19日に連邦議会の特別立法により大将を追贈された。

サイモン・ボリバー・バックナー・ジュニア
Simon Bolivar Buckner, Jr.
LIEUTENANT GENERAL SIMON B. BUCKNER in Okinawa.jpg
沖縄におけるバックナー中将
生誕 1886年7月18日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州
死没 (1945-06-18) 1945年6月18日(58歳没)
日本の旗 日本 沖縄県
所属組織 Emblem of the U.S. Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1908 - 1945
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

太平洋戦争末期の沖縄戦において連合軍最高指揮官たる中将として従軍・戦死第二次世界大戦中のアメリカ軍において、敵軍の攻撃によって戦死した者の中で最高位の階級を持つ軍人である[1]

目次

経歴編集

 
バックナー中将(右)の最期の写真

1886年、ケンタッキー州にて南北戦争時の南軍の将軍であったサイモン・B・バックナーの息子として生まれる。父は彼の誕生の翌年から1891年までケンタッキー州知事を務めた。幼少時はマンフォードビル近くのケンタッキー州西部の農村地帯で育ち、セオドア・ルーズベルト大統領の推薦によってウエストポイントに入学。優秀な成績で卒業後、米比戦争に従軍し第一次世界大戦時には少佐として勤務していた。戦間期にはウエストポイントに戻って教官、役員を務めた。

こうした後方勤務の時期を経て、第二次世界大戦太平洋戦争)が勃発すると、アラスカ軍司令官としてアリューシャン戦線に従軍、前線に復帰し准将に昇進した。1943年にはダッチハーバーアッツ島、キスカ島での戦いの功績から少将に昇進。1944年7月には陸軍と海兵隊の混成部隊である第10軍の編成のためハワイに転任した。時期は不明ながら、このころ中将に昇進している。当初第10軍の任務は台湾への侵攻であったが、どういう理由によるものかこの命令は取り消され、バックナーは沖縄侵攻の準備をするよう命じられた。それまでアッツ島の戦いを除き太平洋戦線での主要な戦闘に参加していなかった彼が沖縄戦の指揮を執ることになった背景には、上陸作戦のエキスパートであるホーランド・スミス海兵隊中将が軍上層部に嫌われていたという事情が存在する。

沖縄戦編集

 
バックナーが砲撃を受けた高台
(糸満市真栄里地図
 
高台にある慰霊碑

1945年、バックナーは沖縄方面連合軍最高指揮官たる第10軍司令官としてアイスバーグ作戦を指揮。海空からの事前攻撃および、3月26日の慶良間諸島上陸を経て、4月1日に陸軍2個師団および海兵隊2個師団からなる第10軍主力部隊は沖縄本島中西部に上陸。以降、2ヶ月以上に渡り第10軍は日本陸軍第32軍(司令官・牛島満中将[2])を基幹とする日本軍沖縄守備部隊と激烈な戦闘を展開した。

最期編集

しかし6月18日、バックナーは指揮下の第8海兵連隊を喜屋武半島真栄里の高台の前線において視察中に戦死した。前線に向かう途中で第6海兵師団第22海兵連隊連隊長のハロルド・C・ロバーツ大佐が、「第96歩兵師団の前面の高台の日本軍陣地からかなりの銃弾が飛んできますので、これより前線へは行かないほうがいい」と忠告したが、バックナーはその忠告を聞き入れず更に前進した。その忠告をしたロバーツもバックナーが戦死する1時間前に戦死している[3]

バックナーは日本陸軍に識別されており、バックナーが前線視察に訪れると日本軍の砲火が激しくなったため将兵には歓迎されていなかったという。最期となった6月18日の視察時においては、ヘルメットのマーキング(階級章)から高級指揮官であることを識別・狙撃されることを警戒したクラレンス・R・ウォレス大佐、ハリー・M・サルキシャンら部下の進言により途中で一般兵士用の無地のヘルメットに交換したが、すでに日本陸軍の現地砲兵部隊はバックナーを識別しており、重榴弾砲による砲撃が開始され砲弾はバックナーの立っている付近に集中した[4]

この戦死状況については「『Dual-purpose gun』(両用砲)の砲弾がバックナーの居た観測所の真上で炸裂、えぐられたサンゴの破片が胸部に当たり10分後に絶命」が、アメリカ陸軍公式戦史における記述であり、バックナーを戦死させた砲弾の口径等の詳細は明らかになっていない[5]。アメリカ軍海兵隊の公式戦史では「日本軍の47mmの砲弾が岩に当たったとき、この位置にいなかった。さらに5発が着弾し、最初の砲弾の破片か、爆発によって吹き飛ばされたサンゴの欠片が、バックナーの胸に当たりこの傷で死亡した」と記述されており、一式機動四十七粍速射砲による砲撃とされている。死亡時の状況としては、砲弾もしくはサンゴの破片を受けて倒れたバックナーを近くにいた補佐官ハバードが、ほかの将兵の手助けを受けながら物陰に運び、3分後に軍医が駆けつけて輸血をしたが、出血が激しくて輸血の甲斐なく10分後に死亡したとされている[6]。 6発も着弾しながらも、バックナーの付近にいたハバードら2名が負傷しなかったことからも[7]、小口径の砲弾との見做されて、アメリカの資料では海兵隊の記録と同様に47㎜とされていることも多い[8][9]

日本側では、2002年に野戦重砲兵第1連隊第2大隊の元中隊長が長年の沈黙を破り、自分の指揮による九六式十五糎榴弾砲の砲撃だったと証言している[10]。他方、日本側には東京都出身の「小野一等兵」が小銃で狙撃したという証言もあるが、厚生省によると該当する兵士の存在は確認されていない[11][12]

戦死後、第10軍はロイ・ガイガー海兵隊少将が代理として指揮権を代行、23日にはジョセフ・スティルウェル大将が後任司令官となっている。また、同23日に日本陸軍第32軍司令官牛島中将が自決、翌24日に第32軍隷下の残存基幹部隊は玉砕し沖縄における組織的な戦闘は終了した。

バックナーの遺体は沖縄に埋葬されたが、戦後、故郷ケンタッキー州のフランクフォート墓地に改葬された。1954年にはその功績が認められ大将を追贈された。1985年には日本軍関係者などの手により戦死地に慰霊碑が建立された。

バックナーの名を冠した施設など編集

脚注編集

  1. ^ 第二次世界大戦中において、公務中に死亡したアメリカ軍の中将は4人いる。1943年にはフランク・マックスウェル・アンドリュース英語版中将が航空機事故で死亡し、1944年にはノルマンディー上陸作戦においてレスリー・J・マクネア英語版中将が友軍の誤爆で死亡、1945年2月にミラード・F・ハーモン英語版中将が搭乗機ごと行方不明となり、戦死扱いをされている。このうちマクネアとバックナーは死後大将に昇進している。
  2. ^ 自決後、陸軍大将特進
  3. ^ History of the US Marine Corps in WWII Vol V - Victory , p. 353.
  4. ^ Welcome to the Hall of Honor! GEN Simon Bolivar Buckner, Jr.
  5. ^ Appleman (1947) , p. 461.
  6. ^ History of the US Marine Corps in WWII Vol V - Victory , p. 353.
  7. ^ Simon Bolivar Buckner, Jr. Commanding Officer 22nd Infantry September 1938 - November 10, 1939
  8. ^ Simon Bolivar Buckner, Jr. (1886 - 1945)
  9. ^ Simon Buckner | World War II Database
  10. ^ 沖縄に通い続け慰霊、収骨続ける/元砲撃隊長の石原さん(東京在住)”. 2002年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
  11. ^ “戦禍を掘る 出会いの十字路 [60 糸満市真栄里(下)]1等兵が狙撃した”. 琉球新報. (2010年1月14日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-155666-storytopic-212.html 2014年10月25日閲覧。 
  12. ^ 1971年公開の日本映画『激動の昭和史 沖縄決戦』では、この小銃狙撃説が取られている。
  13. ^ US Navy Typhoon Havens Handbook: "Buckner Bay"
  14. ^ Tour Fort Shafter, Hawaii”. 2013年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。

外部リンク編集