メインメニューを開く
サクソフォーン四重奏団。右からバリトン、テナー、ソプラノ、アルト。

サクソフォーン四重奏(サクソフォーンしじゅうそう)は、4本のサクソフォーンによって演奏される重奏。サクソフォーンのためのアンサンブル曲としては、この四重奏が量(ジャン=マリー・ロンデックスがまとめたところによると、150年ほどのサクソフォーンの歴史の中で1000曲以上が作曲されたという)・質ともに最も豊かなものである。

目次

編成編集

サクソフォーン四重奏は、通常ソプラノアルトテナーバリトンの各サクソフォーン1本ずつで編成されるが、ソプラノの代わりにアルトが2本のものや、ソプラニーノサクソフォーンが用いられるものなども存在する。

歴史編集

サクソフォーン四重奏の形式は、1846年にアドルフ・サックスによってサクソフォーンが発明されて間もなく誕生した。サックスの友人であり、室内楽曲の形式の発展に貢献した作曲家のジャン=バティスト・サンジュレーが、一般的にこの形式の発案者であると見なされている。サンジュレー自身はヴァイオリニストであったが、1858年に発表した「サクソフォーン四重奏曲第1番」(Premier quatuor pour saxophones)によって、サックスにこの形式を提唱したのである。

以降、サクソフォーン四重奏は主としてフランスを中心に発展した。また、マルセル・ミュールシガード・ラッシャーなどの著名なクラシック・サクソフォーン奏者は自らのサクソフォーン四重奏団をもつことも多く、彼らに献呈された四重奏曲が多数存在する。

主なサクソフォーン四重奏団編集

  • マルセル・ミュール・サクソフォーン四重奏団
  • ラッシャー・サクソフォーン四重奏団
  • ギャルド・レピュブリケーヌ・サクソフォーン四重奏団
  • ダニエル・デファイエ・サクソフォン四重奏団
  • アポロ・サクソフォーン四重奏団
  • キャトル・ロゾー・サクソフォン・アンサンブル
  • 東京サクソフォンアンサンブル
  • アルモ・サクソフォン・クァルテット
  • トルヴェール・クヮルテット
  • J・Y・フルモー・サクソフォーンカルテット
  • 雲井雅人サックス四重奏団

主なサクソフォーン四重奏曲編集