メインメニューを開く

サクリファイス』 (Sacrifice) は、近藤史恵による日本小説。第10回大藪春彦賞受賞作、第5回本屋大賞では第2位に選ばれたほか、第61回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作ともなった。

サクリファイス
Sacrifice
著者 近藤史恵
発行日 2007年8月31日
発行元 新潮社
ジャンル 推理小説青春小説スポーツ小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 250
次作 エデン
公式サイト 『波』での書評
コード ISBN 978-4-10-131261-3新潮文庫判)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

自転車ロードレースを題材としたスポーツ小説であり、レース中の事故を巡る推理小説でもあり、主人公の心の葛藤が描かれる青春小説でもある。

作者自身はロードレースファンではあるものの、本作の執筆時点でレースを実際に観戦したことはなく、ロードバイクに乗ったこともなかった[1]

2008年のツール・ド・フランスの生中継の最中に解説者により紹介されるなど、自転車関係者の間でも好評を得た[2]

外伝も数作発表されているほか、菊地昭夫の作画で漫画化もされた。

2010年には、自転車レースの頂点、ツール・ド・フランスを舞台とした続編『エデン』が刊行された。

あらすじ編集

陸上競技から自転車競技へ転向し、プロチームに所属する白石誓

誓の仕事は、チームのエースの勝利のためにアシストをすること。

エースに付きまとう黒い噂、次期エースを目指す同期のライバル、元恋人との再会、様々な出来事が誓の心を揺さぶる。そして、ヨーロッパでのレース中に悲劇が起こる。

登場人物編集

白石 誓(しらいし ちかう)
チーム・オッジの新人。親しい人からは「チカ」と呼ばれる。身長170cm、体重60kg。
高校時代は陸上の中距離走インターハイ1位になった実力者だったが、勝利を期待する重圧に耐えられず、偶然夜中にテレビで見たロードレースに惹かれ転向を決める。大学卒業後、チーム・オッジにスカウトされる。
伊庭 和実(いば かずみ)
チーム・オッジの一員。23歳。白石と同時にチーム入りした新人だが、ベテランのチームメイトを追い越し、石尾に次ぐ実力。赤城からは「まるでペタッキチッポリーニ気取りだ」と揶揄される。
天然の癖毛で童顔に見えるが、口調は辛辣で無駄に敵を作りやすい。
石尾 豪(いしお ごう)
チーム・オッジのエースで日本を代表する自転車選手。33歳。峠を得意とするクライマー。身長162cm、体重52kgと小柄な体格。
3年前、頭角を現し始めた新人を、エースの座を守るために事故に見せかけて再起不能にしたと噂される。
赤城(あかぎ)
チーム・オッジの最年長。36歳。オールラウンダー。7年間、石尾のアシストに徹してきた。
江口(えぐち)
チーム・オッジの一員。白石の1年先輩に当たる。
斎木(さいき)
チーム・オッジの監督。監督就任前からエースの座にいる石尾にはあまり強く言えず、扱いづらく感じている。
初野 香乃(はつの かの)
誓の幼なじみで元恋人。中学生の頃から高校3年まで付き合っていた。白石が試合に行く時いつも「私のために勝って」と言っていた。
マルケス・イグナシオ
スペインコンチネンタル・プロチーム、サントス・カンタンの選手。
袴田 一平(はかまだ いっぺい)
元チーム・オッジの一員。3年前のレース中に、下り坂で石尾と接触し背骨を強打、下半身不随となる。現在はウィルチェアラグビー(車椅子ラグビー)の選手。

漫画編集

菊地昭夫の作画で漫画化され、『ヤングチャンピオン』(秋田書店)で2008年14号から2009年19号まで連載された。全23話。単行本はヤングチャンピオンコミックス(秋田書店)より全3巻が刊行された。

  1. 2009年7月17日発売 ISBN 978-4-253-14528-2
  2. 2009年8月20日発売 ISBN 978-4-253-14529-9
  3. 2009年9月18日発売 ISBN 978-4-253-14530-5

日本国外での刊行編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小説新潮』別冊『Story Seller』2008年春号
  2. ^ 『サクリファイス』新潮文庫判 巻末解説:大矢博子