サセックス伯爵(サセックスはくしゃく、英語: Earl of Sussex)は、イギリス伯爵位。イングランド貴族グレートブリテン貴族連合王国貴族として創設されたことがある。

歴史編集

ド・ワーレン家編集

第6代サリー伯爵ジョン・ド・ワーレン(c.1231-1304)とその家族はサセックス伯爵の爵位を主張したが、ブリタニカ百科事典はド・ワーレンが法律上サセックス伯爵の爵位を保有しなかったとしている[1]

ラドクリフ家編集

 
第3代サセックス伯爵トマス・ラドクリフ、1560年代。

ヘンリー7世ヘンリー8世の治世に活躍した軍人で、ガーター勲章を授与された第10代フィッツウォルター男爵ロバート・ラドクリフ英語版(c.1483-1542)は1525年6月18日にイングランド貴族であるフィッツウォルター子爵に叙され、1529年12月8日にサセックス伯爵に叙された[2]。その孫にあたる3代伯爵トマス・ラドクリフ英語版(c.1525-1583)はイングランド女王エリザベス1世(1533-1603)の廷臣であり、ノーフォーク統監英語版サフォーク統監英語版アイルランド総督宮内長官英語版を歴任した[3]。4代伯爵ヘンリー・ラドクリフ英語版(c.1530-1593)イングランド庶民院アイルランド庶民院の両方で議員を務めたほか、ポーツマス総督英語版ハンプシャー統監を歴任し、5代伯爵ロバート・ラドクリフ英語版(1573-1629)エセックス統監英語版を務めたが、5代伯爵の息子ヘンリー(c.1598-1621)が父に先立って死去したため、男系男子しか継承できないフィッツウォルター子爵とサセックス伯爵は初代伯爵の三男ハンフリー(?-1566)の息子エドワード・ラドクリフ英語版(c.1559-1643)が、女系継承ができるフィッツウォルター男爵は2代伯爵の娘フランシス(?-1608)の息子[3]サー・ヘンリー・マイルドメイが継承した。6代伯爵が死去すると、フィッツウォルター子爵とサセックス伯爵は廃絶した[4]

サヴィル家編集

ヨークシャー選挙区英語版選出の庶民院議員トマス・サヴィル英語版は1628年6月11日にアイルランド貴族であるカースルバー男爵サヴィル子爵に叙された[5]。トマスは1630年に父からポンテフラクトのサヴィル男爵の爵位を継承した後、王党派の一員としてヨークシャー統監英語版枢密顧問官王室会計長官英語版を歴任、1644年5月25日にサセックス伯爵に叙された[5]。しかし、息子にあたる2代伯爵ジェームズ・サヴィル(1647-1671)は同名の息子ジェームズ(?-1671)に先立たれ、2代伯爵の死に伴い爵位は廃絶した[5]

レンナード家編集

第15代デイカー男爵ヘンリー・レンナード英語版(1654-1715)は1674年5月16日にイングランド王チャールズ2世(1630-1685)の庶子アン・パーマー英語版(1661-1722)と結婚した後、同年10月5日にサセックス伯爵に叙された[6]。息子チャールズ(1682-1684)が夭折したため、初代伯爵の死後はデイカー男爵英語版の爵位が2人の娘の間で保持者不在abeyant)になり(1741年に解消)、サセックス伯爵の爵位は廃絶した[6]

イェルヴァートン家編集

 
初代ロングヴィル子爵ヘンリー・イェルヴァートン

庶民院議長クリストファー・イェルヴァートン英語版(1536-1612)の同名の孫クリストファー・イェルヴァートン英語版(1602-1654)庶民院議員を務め、1641年にノーサンプトンシャーにおけるイーストン・モーデュイット英語版のイェルヴァートン準男爵に叙された[7]。その息子の2代準男爵ヘンリー・イェルヴァートン英語版(1633-1670)も庶民院を務め、3代準男爵チャールズ・イェルヴァートン(1657-1679)は1676年1月に母の第13代ルシンのグレイ女男爵スーザン・ロングヴィル(1634-1676)からルシンのグレイ男爵を継承した[7]。14代男爵の死後、弟ヘンリー・イェルヴァートン(c.1664-1704)が爵位を継承、名誉革命を支持して1690年4月21日にロングヴィル子爵に叙された[8]。2代子爵タルボット・イェルヴァートン(1690-1731)は1717年9月26日にサセックス伯爵に叙された後、1722年に王立協会フェローに選出され、1723年には副軍務伯を務めた[9]。1717年の叙爵では特別残余権として、初代伯爵タルボットの男系男子が断絶した場合に初代伯爵の弟ヘンリー(aft.1690-1765)の男系男子にも継承権が与えられたが、1799年に3代伯爵ヘンリー・イェルヴァートン(1728-1799)が死去した時点で初代伯爵の弟ヘンリーの男系子孫も断絶しており、爵位はそのまま廃絶した[9]

サクス=コバーグ=ゴータ家編集

 
初代コノート=ストラサーン公爵・初代サセックス伯爵アーサー王子、1913年撮影。

ヴィクトリア女王(1819-1901)の三男アーサー王子(1850-1942)は1874年5月23日(叙爵の特許状は翌日付)に連合王国貴族であるサセックス伯爵コノート=ストラサーン公爵に叙された[10]。1942年にアーサー王子が死去すると、孫アラステア・アーサー王子(1914-1943)が爵位を継承したが、1943年のアラステアの死に伴い爵位は廃絶した[11]

サセックス伯爵(自称)編集

サセックス伯爵(第1期、1529年)編集

ポンテフラクトのサヴィル男爵(1627年)編集

  • 初代ポンテフラクトのサヴィル男爵ジョン・サヴィル英語版(1556年 – 1630年)
  • 初代サヴィル子爵・第2代ポンテフラクトのサヴィル男爵トマス・サヴィル英語版(1590年 – 1659年頃)
    • 1628年、サヴィル子爵に叙爵。1644年、サセックス伯爵に叙爵

サセックス伯爵(第2期、1644年)編集

  • 初代サセックス伯爵・初代サヴィル子爵・第2代ポンテフラクトのサヴィル男爵トマス・サヴィル英語版(1590年 – 1659年頃)
  • 第2代サセックス伯爵・第2代サヴィル子爵・第3代ポンテフラクトのサヴィル男爵ジェームズ・サヴィル(1647年 – 1671年)
    • サヴィル子爵ジェームズ・サヴィル(1671年7月16日埋葬)

サセックス伯爵(第3期、1674年)編集

(イーストン・モーデュイットの)イェルヴァートン準男爵(1641年)編集

ルシンのグレイ男爵(1324年)編集

ロングヴィル子爵(1690年)編集

サセックス伯爵(第4期、1717年)編集

サセックス伯爵(第5期、1874年)編集

出典編集

  1. ^ "John de Warenne, 6th earl of Surrey". Encyclopaedia Britannica (英語). 20 July 1998. 2019年12月29日閲覧
  2. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 334.
  3. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 336–337.
  4. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 338.
  5. ^ a b c "Sussex, Earl of (E, 1644 - 1671)". Cracroft's Peerage (英語). 29 March 2003. 2019年12月29日閲覧
  6. ^ a b Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1916). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Dacre to Dysart) (英語). 4 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 13–15.
  7. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1902). The Complete Baronetage (1625–1649). 2. Exeter: William Pollard & Co. pp. 95–96.
  8. ^ "de Longueville, Viscount (E, 1690 - 1799)". Cracroft's Peerage (英語). 27 March 2011. 2019年12月29日閲覧
  9. ^ a b "Sussex, Earl of (GB, 1717 - 1799)". Cracroft's Peerage (英語). 27 March 2011. 2019年12月29日閲覧
  10. ^ "No. 24098". The London Gazette (英語). 26 May 1874. p. 2779.
  11. ^ "Connaught and Strathearn, Duke of (UK, 1874 - 1943)". Cracroft's Peerage (英語). 2019年12月29日閲覧

関連項目編集