ヘンリー・ラウザー (第3代ロンズデール子爵)

第3代ロンズデール子爵ヘンリー・ラウザー英語: Henry Lowther, 3rd Viscount Lonsdale, PC, FRS 1694年1751年3月7日)は、イギリスの廷臣、地主。

生涯編集

初代ロンズデール子爵ジョン・ラウザー英語版とキャサリン・シン(Katherine Thynne)の次男として生まれ、1713年12月1日に兄リチャードが死去するとロンズデール子爵の爵位を継承した[1]

1715年ジャコバイト蜂起ではカンバーランド統監英語版カーライル伯爵とともにカンバーランドとウェストモーランドで民兵隊を編成したが、ダーウェントウォーター伯爵率いるジャコバイト軍が接近すると民兵隊は四散、20人しか残らなかったためロンズデール子爵はアップルビー城英語版に撤退せざるを得なかった[2]

1717年にジョージ1世寝室侍従英語版に任命され、あまり熱心ではなかったが10年間務めた。ほかにも1726年から1731年までロンドン塔管理長官英語版を、1733年から1735年まで王璽尚書を務め、1738年にカーライル伯爵が死去すると後任のカンバーランド統監英語版ウェストモーランド統監英語版になり、1745年ジャコバイト蜂起ではこれら2カウンティの守備を担当した[3]

1720年の南海泡沫事件で大きな損失を出したものの、いわゆる自治邑土地保有態様英語版Burgage)の購入に励んでアップルビー選挙区英語版懐中選挙区にすることに成功した[3]

1742年1月21日、王立協会フェローに選出された[4]

1751年3月12日に死去、生涯未婚だったためロンズデール子爵は継承者がなくなり断絶、準男爵英語版の爵位と遺産は親族のジェームズ・ラウザー英語版(後の初代ロンズデール伯爵)が継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1254.
  2. ^ North Westmorland: The insurrection of 1715', The Later Records relating to North Westmorland: or the Barony of Appleby. The Institute of Historical Research. 1932. pp. 31–35. 2006年12月21日閲覧
  3. ^ a b Beckett, J. V. "Lowther, John, first Viscount Lonsdale". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/17111 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  4. ^ "Lowther; Henry (1694 - 1751); 3rd Viscount Lonsdale and Baron Lowther". Record (英語). The Royal Society. 2019年6月2日閲覧
公職
先代:
デヴォンシャー公爵
王璽尚書
1733年 – 1735年
次代:
ゴドルフィン伯爵
名誉職
先代:
ボルトン公爵
ロンドン塔管理長官英語版
タワー・ハムレッツ統監英語版

1726年 – 1731年
次代:
レスター伯爵
先代:
ウォートン侯爵
ウェストモーランド首席治安判事英語版
1715年 – 1751年
空位
次代の在位者
サー・ウィリアム・ラウザー準男爵英語版
先代:
カーライル伯爵
カンバーランド統監英語版
カンバーランド首席治安判事英語版

1738年 – 1751年
次代:
イグリモント伯爵
ウェストモーランド統監英語版
1738年 – 1751年
空位
次代の在位者
サー・ウィリアム・ラウザー準男爵英語版
イングランドの爵位
先代:
リチャード・ラウザー
ロンズデール子爵
1713年 – 1751年
断絶
スコットランドの準男爵
先代:
リチャード・ラウザー
(ラウザーの)準男爵英語版
1713年 – 1751年
次代:
ジェームズ・ラウザー英語版