メインメニューを開く

サハラに舞う羽根』(サハラにまうはね、原題:The Four Feathers)は、2002年アメリカイギリス合作の映画である。英国文学の古典的名作とされるA・E・W・メイソンの小説『四枚の羽根』の6回目の映画化。 監督は『エリザベス』のシェカール・カプール

サハラに舞う羽根
The Four Feathers
監督 シェカール・カプール
脚本 マイケル・シファー
ホセイン・アミニ
製作 ポール・フェルドシャー
ロバート・ジャッフェ 他
製作総指揮 ポール・フェルドシャー
アロン・ライヒ
ジュリー・ゴールドステイン
出演者 ヒース・レジャー
ウェス・ベントレー
ケイト・ハドソン
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 スティーヴン・ローゼンブラム
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 アミューズピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年9月20日
日本の旗 2003年9月20日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $80,000,000
興行収入 $18,306,166 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

19世紀末、大英帝国は女王陛下の名の下、世界の4分の1を支配下に治め、なお領土拡大を続けていた。将軍を父に持つ青年ハリーは、ジャックら親友たちからも熱い信頼を受ける若きエリート士官。美しき婚約者エスネも得て順風満帆な人生を送っていた。そんなある日、彼はスーダンへの反乱軍鎮圧の任務を命じられる。しかし、英国帝国主義による領地拡大のためにアフリカへ戦いに行くことに疑問を感じ、ハリーは除隊の道を選ぶ。そんな彼のもとには、親友や連隊仲間から臆病者を意味する“白い羽根”が送られてくる。そして、エスネもまた、ハリーの行動に失望し彼のもとを去っていった。彼が戦場の友人たちが壊滅寸前だと知ったとき、名誉のためだけでなく、愛するものたちを救うために、再び戦場へと挑んでいくのであった……。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集