メインメニューを開く

サバイビング・ゲーム』(原題:Surviving the Game)は、1994年制作のアメリカ合衆国アクション映画

サバイビング・ゲーム
Surviving the Game
監督 アーネスト・ディッカーソン
脚本 エリック・バーント
製作 デヴィッド・パーマット
フレッド・カルーソ
製作総指揮 ケヴィン・J・メシック
出演者 アイス-T
ルトガー・ハウアー
音楽 スチュワート・コープランド
撮影 ボジャン・バゼリ
編集 サム・ポラード
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年4月15日
日本の旗 1994年8月20日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,400,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $7,727,256[2]
テンプレートを表示

マンハント(人間狩り)ゲームを題材としたアクション・スリラー映画。アイス-Tルトガー・ハウアーらが出演。

あらすじ編集

メイソンは妻子と仕事を失い、ホームレスとなっていた。さらに追い打ちをかけるように、可愛がっていた犬が車に轢き殺され、唯一の親友だったハンク老人が急死してしまい、孤独と失意のどん底に陥る。そして生きる希望を失った彼は、自殺を考えるようになる。

そんなある日、メイソンの前にホームレスのためのボランティア活動をしているコールという男が現われる。コールはメイソンに、狩猟ガイドの仕事をしないかと持ちかける。メイソンはガイドの経験などなかったが、人生をやり直すきっかけになればと思い、それを引き受ける。

メイソンはコールと共に、人里離れた山奥のロッジにやってきた。そこには既に狩猟のメンバーが集まっていた。主催者で実業家のバーンズ、CIAお抱えの精神分析医だというホーキンス、テキサスの石油成金のグリフィン、ウォール街の証券マンのウォルフ父子だ。彼らはメイソンを温かく迎えるが、メイソンは彼らの間に漂う異様な雰囲気に不吉なものを感じていた。

翌朝、メイソンが目を覚ますと、彼らは銃を突きつけて、メイソンを追い立てる。実は彼らは、金持ちたちの行う異常なマンハント(人間狩り)ゲームの愛好家で、メイソンは彼らの“獲物”として誘い出されたのだった。

必死で逃げるうちに生への執着が甦ってきたメイソンは反撃に転じ、次々と敵を倒していく。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集