メインメニューを開く

サムス・イルナ(Samsu-Iluna)は、バビロン第1王朝の第7代王(在位:紀元前1749年 - 紀元前1712年)。名はサムスイルナ(Samsuiluna)とも表記される。

サムス・イルナ
バビロニア
在位 紀元前1749年 - 紀元前1712年

子女 アビ・エシュフ
王朝 バビロン第1王朝
父親 ハンムラビ
テンプレートを表示

来歴編集

ハンムラビの後を継いで王となった。サムス・イルナの治世に、バビロニアは多くの領土を失うこととなった。

サムス・イルナは、治世中に多くの戦争を行った。まず、ラルサリム・シン2世英語版と戦った。リム・シン2世が捕らえられ処刑されるまでは、戦闘のほとんどはエラム地方やシュメール地方との境界域で行われた。彼はまた、戦争でウルウルクの市街の一部を破壊した。反乱も起こり、イシン第1王朝最後の王ダミク・イリシュ英語版の後裔を名乗るイルマ・イルIluma-ilu)がシュメール地方で蜂起し、ニップル南部のシュメール地方の独立を勝ち取った。エラムクティル・ナフンテ1世Kuturnahunte I)もバビロニアに攻め込み、サムス・イルナを破って、エラムはバビロンから再び独立した。

治世中の前1741年、バビロニアに初めてカッシート人が侵入した。


先代:
ハンムラビ
バビロニア王
前1749年 - 前1712年
次代:
アビ・エシュフ