メインメニューを開く

サヨナラまでの30分』(サヨナラまでのさんじゅっぷん)は、2020年に公開予定の日本映画[1]。監督は萩原健太郎、主演は新田真剣佑北村匠海[1]

サヨナラまでの30分
Our 30-Minute Sessions
監督 萩原健太郎
脚本 大島里美
製作 井手陽子(企画・プロデュース)
製作総指揮 豊島雅郎
茨木政彦
出演者 新田真剣佑
北村匠海
久保田紗友
葉山奨之
上杉柊平
清原翔
牧瀬里穂
筒井道隆
松重豊
音楽 Rayons
撮影 今村圭佑
編集 平井健一
制作会社 アスミック・エース
製作会社 『サヨナラまでの30分』製作委員会
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2020年1月24日(予定)
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。 1年後のある日、突然大学生の颯太が現れ、 メンバーのヤマケン、重田、森の日常にずかずか踏み込み再結成を迫る。 誰をも魅了する歌声を持ち、強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。 実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった! 偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができ、1つの体を共有していく。 人づきあいが苦手で、はじめはアキを毛嫌いしていた颯太。 「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。 30分ごとの入れ替わりを何度も繰り返す、正反対の2人の共同生活がスタート。 ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知る。 アキも颯太の体を使ってバンドを復活させ、音楽のある生活を取り戻したが、 「ECHOLL」を去った恋人・カナだけは戻ってこない。 カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。 そんな日々の中で颯太もカナに心惹かれていき、カナもどこかアキの面影を感じる颯太に、心を開き始める。 すべてがうまくいくように見えたが、ふとした事から颯太=アキなのではないかとカナは気が付いてしまう。 一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく——。

キャスト編集

宮田アキ
演 - 新田真剣佑
1年前に亡くなったバンドミュージシャン。自身が遺したカセットテープを再生することで、30分間だけ颯太の身体を借りる事が出来る。
窪田颯太
演 - 北村匠海
就職活動中だが、苦戦気味の大学生。元々人付き合いが苦手で、あまり他人と関わりたくないと思っている。しかし、ある出来事がきっかけで運命が大きく変わることになる。
村瀬カナ
演 - 久保田紗友[2]
生前のアキの恋人でバンドメンバー。
山科健太
演 - 葉山奨之[3]
アキが所属していたバンドのメンバーでギター担当。バンド内のムードメーカー的存在。
重田幸輝
演 - 上杉柊平[3]
アキが所属していたバンドのメンバーでドラム担当。
森涼介
演 - 清原翔[3]
アキが所属していたバンドのメンバーでベース担当。

スタッフ編集

  • 監督:萩原健太郎
  • 脚本:大島里美
  • 音楽:Rayons
  • 音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井輝
  • エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦
  • 企画・プロデュース:井手陽子
  • アソシエイトプロデューサー:高橋博、中野有香、甲斐孝子
  • プロダクションスーパーバイザー:橋本竜太
  • ラインプロデューサー:道上巧矢
  • 撮影:今村圭佑
  • 照明:平山達弥
  • 録音:矢野正人
  • 美術:宮守由衣
  • 装飾:石上淳一
  • 編集:平井健一
  • 助監督:山下久義
  • スクリプター:押田智子
  • スタイリスト:前田勇弥
  • ヘアメイク:古久保英人
  • VFXスーパーバイザー:白石哲也
  • 制作担当:多賀典彬
  • キャスティング:坪井あすみ
  • 宣伝プロデューサー:佐藤みなみ
  • 制作協力:ギークサイト
  • 制作・配給:アスミック・エース
  • 製作:『サヨナラまでの30分』製作委員会

関連商品編集

漫画
ふるかわしおりの作画により、2019年11月7日からコミックアプリ『マンガMee』(集英社)にて連載開始。

脚注編集

外部リンク編集