サラ・ダニウスSara Maria Danius1962年4月5日 - 2019年10月12日[1])は、スウェーデン文学者ウプサラ大学文学部教授。

サラ・ダニウス
人物情報
生誕 (1962-04-05) 1962年4月5日
 スウェーデン ストックホルム県
死没 2019年10月12日(2019-10-12)(57歳)
国籍  スウェーデン
出身校 ウプサラ大学
デューク大学
学問
研究分野 文学美学
研究機関 ウプサラ大学
テンプレートを表示

経歴編集

ウプサラ大学デューク大学Ph.Dを取得。研究対象はマルセル・プルーストギュスターヴ・フローベールジェイムズ・ジョイス等。

2013年ノーベル文学賞の選考機関であるスウェーデン・アカデミーの会員に選出され、2015年に同アカデミー初の女性事務局長となった。2017年11月に他のアカデミー会員の夫によるセクハラ問題をダーゲンス・ニュヘテル紙が報道し[2]、その騒動のさなか、2018年4月12日に辞任した[3]2014年から乳癌を罹患し、2019年に死去した[1]

脚注編集

  1. ^ a b Former head of scandal-hit Swedish Academy dies of cancer
  2. ^ ノーベル文学賞選考機関トップと会員1人が辞任、性的暴行疑惑めぐり」『』。2018年5月1日閲覧。
  3. ^ “ノーベル文学賞選考トップ辞任=関係者のセクハラ疑惑で-スウェーデン:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041301219 2018年5月1日閲覧。