メインメニューを開く

サラ・バレリス(Sara Beth Bareilles 1979年12月7日 - )[2]は、グラミー賞ノミネート歴を持つアメリカ合衆国シンガー・ソングライターピアニスト[3]、女優。

サラ・バレリス
Sara Bareilles Alice Fest.png
基本情報
出生名 Sara Beth Bareilles
生誕 (1979-12-07) 1979年12月7日(40歳)
アメリカ合衆国カリフォルニア州ユーリカ[1]
出身地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ポップスポップ・ロック
職業 シンガー・ソングライターピアニスト
担当楽器 声楽ピアノギター
活動期間 2003年-現在
レーベル エピック
共同作業者 エリック・ロッシ
公式サイト http://www.sarabmusic.com/

Love Song」「Bottle It Up」「Gravity」「King of Anything」「brave」などのヒット曲で知られる。2007年の「Love Song」は大ヒットを記録し、米ビルボードのPop 100チャートでは第1位を記録した。

来歴編集

カルフォルニア州、ユーリカ生まれ。3人姉妹の一人でイタリア、イギリス、ドイツ、ポルトガル、フランスの血筋を持つ家庭に育った。彼女はイタリアに1年程住んでいたことがありイタリア語が話せる。また高校では合唱団に所属し、地元のミュージカルグループでも活動していた。

1998年、高校を卒業するとUCLAに進学し、コミュニケーション学を専攻した。大学ではアカペラサークルに入り作詞作曲に取り組むようになり、この頃に「Gravity」を生み出した。また当時「Kara's Flowers」という名前で活動していた「Maroon5」と知り合いになった。バレリスはピアノやギターなどの楽器はすべて独学で習得した。

2002年、大学卒業後はバーやクラブで演奏したり、インディ映画に出演したりしていた。2004年、最初のスタジオアルバム『Careful Confessions』を発表。翌年には Epic Recordsと契約を交わしプロとしての第一歩を踏み出した。当初は「Aqualung」「Mika」「Maroon 5」「Paolo Nutini's」「James Blunt」などのミュージシャンのコンサートの前座として活動していた。

2007年6月に発表したシングル「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング(Love Song)」がビルボードのPop 100チャートでは第1位を記録。大ヒットし、ヨーロッパやアジアでも名前が知られるようになった。テレビや映画への出演も増えた。

2011年、日本公演のため初来日。公演後、東北の地震被災地を訪れ1週間ボランティアとして瓦礫の撤去作業を行った。

2017年公開の映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のために「If I Dare」をニコラス・ブリテルと共作した。バレリスが歌った同曲は映画のエンドロールで流れる。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[4]
AUS
[5]
AUT
[6]
CAN
[7]
GER
[8]
IRL
[9]
NLD
[10]
NZ
[11]
SWI
[12]
UK
[13]
2004 Careful Confessions
  • 発売日: 2004年1月20日
  • レーベル: Tiny Bear
  • フォーマット: CD
2007 Little Voice 7 49 46 52 36 31 26 34 9
2010 Kaleidoscope Heart
  • 発売日: 2010年9月7日
  • レーベル: Epic
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming
  • 全米売上: 45万枚[17]
1 13 97 138
2013 The Blessed Unrest
  • 発売日: 2013年7月16日
  • レーベル: Epic
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming
  • 全米売上: 40万枚
2 73 7 55
2015 What's Inside: Songs from Waitress[18]
  • 発売日: 2015年11月6日
  • レーベル: Epic
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 2.7万枚[19]
10 90 63
2019 Amidst the Chaos
  • 発売日: 2019年4月5日[20]
  • レーベル: Epic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
6
[21]
25
[22]
35
[23]
82
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル編集

  • Love song(2007年)
  • Bottle It Up(2008年)
  • King of Anything(2010年)
  • Brave(2013年)

賞歴編集

  • 2008年: Billboard Year End Awards: "Hot Adult Contemporary Songs 第1位" 「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」
  • 2008年: Billboard Year End Awards: "Hot Digital Songs Ranked 第6位" 「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」
  • 2009年: グラミー賞: "Best Female Pop Vocal Performance" ノミネート「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」
  • 2009年: グラミー賞: "Song of The Year" ノミネート「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」
  • 2011年: グラミー賞: "Best Female Pop Vocal Performance" ノミネート「King of Anything」
  • 2014年: グラミー賞: "Album of the Year" ノミネート「The Blessed Unrest」
  • 2014年: グラミー賞: "Best Pop Solo Performance" ノミネート「Brave」
  • 2016年: トミー賞: "Best Original Score" ノミネート「Waitress」
  • 2016年: ドラマ・デスク・アワード:"Outstanding Music" ノミネート「Waitress」
  • 2016年: ドラマ・デスク・アワード:"Outstanding Lyrics" ノミネート「Waitress」
  • 2017年: グラミー賞:"Best Musical Theater Album" ノミネート「Waitress」

出演作品編集

脚注編集

  1. ^ http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/sarabareilles/m_bio.html
  2. ^ California Births, 1905-1995.”. Family Tree Legends Records Collection (Online Database). Pearl Street Software, 2004-2005. 2007年11月4日閲覧。
  3. ^ Official website”. Fan Asylum. 2008年3月17日閲覧。
  4. ^ Sara Bareilles Album & Song Chart History – The Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年9月7日閲覧。
  5. ^ Sara Bareilles Album & Song Chart Discography – ARIA Charts”. ARIA Music Charts. 2013年9月7日閲覧。
  6. ^ Sara Bareilles Album & Song Chart Discographie – Ö3 Austria”. Ö3 Austria Top 40. 2013年9月7日閲覧。
  7. ^ Sara Bareilles Album & Song Chart History – Billboard Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年9月7日閲覧。
  8. ^ Bareilles, Sara — Longplay — Chartverfolgung”. Musicline (Media Control Charts) (in German). PhonoNet (Media Control GfK International).. 2013年9月7日閲覧。
  9. ^ Sara Bareilles Album & Song Discography – IRMA Charts”. Irish Recorded Music Association. 2013年9月7日閲覧。
  10. ^ Sara Bareilles Album & Song Disgorafie – MegaCharts”. MegaCharts. 2013年9月7日閲覧。
  11. ^ Sara Bareilles Album & Song Disgoraphy – The Official NZ Music Charts”. Schweizer Hitparade. 2013年9月7日閲覧。
  12. ^ Sara Bareilles Album & Song Disgoraphie – Schweizer Hitparade”. Recorded Music NZ. 2013年9月7日閲覧。
  13. ^ Official UK Music Chart positions for all singles and tracks:"Sara Bareilles Album & Song Disgoraphy", The Official UK Music Charts. Official Charts Company. Retrieved September 7, 2013.
  14. ^ "Sara Bareilles' 'Heart' Beats at No. 1 on Billboard 200", Billboard.com, September 15, 2010.
  15. ^ "American certifications – "Bareilles, Sara", Recording Industry Association of America. Retrieved September 7, 2013.
  16. ^ "British certifications – Sara Bareilles", British Phonographic Industry. Retrieved September 7, 2013. Enter Sara Bareilles in the field Search. Select Artist in the field Search by. Click Search
  17. ^ "Sara Bareilles, 'The Blessed Unrest': Track-By-Track Review", Billboard. Prometheus Global Media., September 7, 2013.
  18. ^ Lipshutz, Jason (2015年9月24日). “Sara Bareilles Announces 'What's Inside: Songs From Waitress' Album”. Billboard (Prometheus Global Media). http://www.billboard.com/articles/columns/pop-shop/6707826/sara-bareilles-whats-inside-songs-from-waitress-album 2015年9月25日閲覧。 
  19. ^ http://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/6762538/chris-stapleton-tops-billboard-200-second-week
  20. ^ Spencer, Tallie (2019年2月13日). “Sara Bareilles Announces New Album 'Amidst the Chaos'”. Billboard. 2019年4月16日閲覧。
  21. ^ Caulfield, Keith (2019年4月14日). “Khalid's 'Free Spirit' Debuts at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2019年4月15日閲覧。
  22. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2019年4月15日). 2019年4月13日閲覧。
  23. ^ New Pup Album Makes A Big Splash, But Khalid Makes No. 1”. FYIMusicNews (2019年4月15日). 2019年4月15日閲覧。

外部リンク編集