メインメニューを開く

ニコラス・ジョナサン・ブリテル: Nicholas Jonathan Britell[2]1980年 - )は、ニューヨーク市を拠点に活動するアメリカ合衆国作曲家ピアニスト映画プロデューサーである。2016年の映画『ムーンライト』では、アカデミー作曲賞ゴールデングローブ賞 作曲賞にノミネートされた。2018年には『ムーンライト』の監督バリー・ジェンキンスと再タッグを組み、『ビール・ストリートの恋人たち』で再びアカデミー作曲賞ノミネートを受けた[3]。2018年には他にも、第91回アカデミー賞で8部門ノミネートを受けたアダム・マッケイ監督の『バイス』でも作曲を担当した。また、HBOのオリジナルシリーズ『サクセッション』(2018年)第1シーズン全10話で音楽を手掛け、ハリウッド・ミュージック・イン・メディア賞英語版でテレビ番組・限定シリーズ部門作曲賞 (Best Original Score - TV Show/Limited Series) を獲得している[4]

Nicholas Britell
ニコラス・ブリテル[1]
NicholasBritell.jpg
基本情報
生誕 1980年(38–39歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市
ジャンル 映画音楽、クラシック音楽
職業 作曲家、ミュージシャン、映画プロデューサー
共同作業者

目次

幼少期と教育編集

ブリテルはニューヨーク市ユダヤ系アメリカ人家庭で育った[5][6]。ブリテルは1999年にカレッジ・プレパラトリー・スクール英語版ホプキンズ・スクール英語版を卒業した[7]。彼はジュリアード音楽院のプレ=カレッジ・デイヴィジョン (Pre-College Division) の卒業生で、2012年には米国作曲家作詞家出版者協会コロンビア大学映画音楽ワークショップ[注釈 1]対象者に選ばれたほか[8]、米国作曲家作詞家出版者協会財団ヘンリー・マンシーニ音楽フェローシップ (ASCAP Foundation Henry Mancini Music Fellowship) を獲得している[9]。ブリテルはハーバード大学に進んで心理学を主に学んだが[10]ファイ・ベータ・カッパ英語版のメンバーにも選ばれた[2]。学生時代、彼はインストゥルメンタル・ヒップホップグループ「ザ・ウィットネス・プロテクション・プログラム」(英: The Witness Protection Program)のメンバーを務め、キーボードシンセサイザーを担当していた[5][11]。ブリテルは幅広い年代の芸術から影響を受けて作品を作る作曲家のひとりで、ズビグニエフ・プレイスネルモーリス・ジャールをお気に入りに挙げている[12]。他にもセルゲイ・ラフマニノフジョージ・ガーシュウィンフィリップ・グラスの影響や[11]、幼い頃から聞いていたクインシー・ジョーンズドクター・ドレーの影響も受けている[13]

キャリア編集

キャリア初期:ナタリー・ポートマン作品での躍進編集

2008年、ブリテルはナタリー・ポートマンの監督デビュー作、『イヴ英語版』(Eve、原題)で自身の作品 "Forgotten Waltz No. 2" を演奏して大きな注目を集めた[12]。ポートマンとは、同年の映画『ニューヨーク、アイラブユー』の音楽も手掛けて共作した[14][15]。2011年には、公演「ポータルズ」"Portals" でピアノを演奏し、ヴァイオリニストティム・フェイン英語版と共演した[16]。マルチメディア・プロジェクトだった「ポータルズ」では、ジュリアードのダンサーだったクレイグ・ブラック (Craig Black) 、ジュリア・アイテン (Julia Eichten) 、ヘイリー・ナイチェル (Haylee Nichele) がパフォーマンスしたほか、フィリップ・グラスニコ・ミューリーの曲、レナード・コーエンの詩、バンジャマン・ミルピエ英語版の振付が使用された[17][18]。『ヴォーグ』誌ではブリテルら共演者たちについて、「それぞれの分野で、最も才能ある若手アーティストを集めた絶対的正解」("a juggernaut of the most talented young artists at work in each field") と評したほどだった[18]

映画音楽家として、ブリテルはアダム・レオン英語版監督の『ギミー・ザ・ルート英語版』(2012年、原題)の音楽を手掛けている[12]。この映画は、2012年の第65回カンヌ国際映画祭において、ある視点部門に出品されたほか[19][20]、2012年のサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で審査員大賞 (Grand Jury Prize) を獲得した[21]。ブリテルの音楽は雑誌『ニューヨーク英語版』や『バラエティ』で絶賛された[22][23]。2012年には、PBSのドキュメンタリー作品 "Haiti: Where Did the Money Go" (enマイケル・ミッチェル英語版監督)でも音楽を手掛けた[24]。作品はアメリカ国内のPBS系列局で1,000回以上も放送され、2012年のオークランド国際映画祭、ボールダー・ライフ映画祭 (Bolder Life Film Festival) で上映されたほか、2013年にはナショナル・エドワード・R・マロー賞英語版最優秀ニュースドキュメンタリー賞を獲得した[25]。また2012年のCINEゴールデン・イーグル賞 (CINE Golden Eagle Award) [26]、CINE特別審査員賞 調査ドキュメンタリー部門 (CINE Special Jury Award for Best Investigative Documentary) を獲得している[27]

2013年から:『それでも夜は明ける』での絶賛以降編集

ブリテルの音楽が特に注目されるようになったのは、スティーヴ・マックイーン監督が手掛けてアカデミー作品賞に輝いた『それでも夜は明ける』(2013年)であり、この作品で彼は、賛美歌・仕事歌などバイオリン演奏・ダンスに合わせて用いられた劇中歌を、時代背景に合わせて作編曲した[28][29][30](サウンドトラック自体はハンス・ジマーが担当した[31])。この作品のバイオリンシーンは、ブリテルの盟友でもあるティム・フェインが演奏を担当した[29]。『ビルボード』誌では、ブリテルを「『それでも夜は明ける』の音楽における隠された兵器」("...the secret weapon in the music of 12 Years a Slave") と評した[28]。ブリテルが作曲した「マイ・ロード・サンシャイン」"My Lord Sunshine" は、オリジナル曲だったことからアカデミー歌曲賞の資格を満たすことになった[29][32]。『ロサンゼルス・タイムズ』紙では「マイ・ロード・サンシャイン」について、「仕事歌、賛美歌、悲しい哀歌、共同声明——『マイ・ロード・サンシャイン』はこれらを引っくるめたもの、それ以上だ。[中略] ブリテルが作り上げたのは決してたやすい業績ではなく、あの時代を感じ取って、奴隷生活における日々の恐怖と宗教的心象を器用に編み上げた賛美歌なのだ」と評した[33]。ブリテルはこの映画のために「ロール、ジョーダン、ロール英語版」"Roll Jordan Roll" を再解釈したことでも知られている[30][34]。ブリテルの作編曲は広く批評的成功を収め、『ウォール・ストリート・ジャーナル』で特集記事が組まれるなどした[28]

ブリテルは映画製作者として、デイミアン・チャゼルの短編映画 "Whiplash" を手掛けたが、この作品は2013年サンダンス映画祭英語版で最優秀米国フィクション短編映画部門・審査員大賞 (the Jury Award for Best US Fiction Short) を獲得した[35]。作品は翌2014年に同じくチャゼル監督で長編映画『セッション』 "Whiplash" としてリメイクされることになり、マイルズ・テラーJ・K・シモンズが主演した長編映画版でも、引き続き共同プロデューサーとして名を連ねた[36]。長編映画版もサンダンス映画祭で成功を収め、2014年英語版の審査員大賞と観客賞を獲得したほか、第87回アカデミー賞では作品賞を含む5部門にノミネート、また助演男優賞・録音賞・編集賞の3部門を獲得した[37][38]。この映画のサウンドトラックで、ブリテルは "Reaction" の作曲とプロデュース、"When I Wake" のプロデュース、"No Two Words" の演奏とプロデュースを手掛けている[39]

2015年にはジャック・ペティボーン・リッコボーノ監督、テレンス・マリック提供のドキュメンタリー『ザ・セヴンス・ファイア英語版』で音楽を手掛け、作品はベルリン国際映画祭で批評家に絶賛された[40]。同年には、ナタリー・ポートマンの長編映画監督デビュー作で、2015年カンヌ国際映画祭で上映された『ア・テイル・オブ・ラヴ・アンド・ダークネス英語版』(原題)でも音楽を手掛けた[41]Deadline.comでは彼の映画音楽について、「魅惑的」("riveting") と評された[42]。この年には、第88回アカデミー賞脚色賞を獲得したアダム・マッケイ監督作品『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の音楽を担当したほか、同作サウンドトラックのプロデュースも担当している[43][44]

2016年には、ゲイリー・ロス監督で南北戦争時代を描いた歴史映画『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』の音楽を手掛け、ブリテルがプロデュースした同作のサウンドトラックは、2016年6月24日にソニー・マスターワークス (Sony Masterworks) から発売された[45]。2016年にはアダム・レオン監督の『浮き草たち英語版』でも映画音楽を担当し、この作品の国際配給権は、同年のトロント国際映画祭Netflixが獲得した[46][47]

2016年:バリー・ジェンキンスとの出会い編集

映像外部リンク
  Moonlight | Live Orchestra | Official Featurette HD | A24 - YouTube

2016年のブリテルは、批評的成功を収め、アカデミー作品賞にも輝いたバリー・ジェンキンス監督作品『ムーンライト』の音楽も作曲している[48]。ブリテルとジェンキンスを引き合わせたのは、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を手掛けたプランBエンターテインメントの製作者だった[43]。この作品でブリテルは、ヒップホップの技法であるチョップド・アンド・スクリュード英語版を取り入れた[49][50]。ブリテルの映画音楽は、2017年のアカデミー作曲賞ゴールデングローブ賞 作曲賞にノミネートされた[51][52][53]。『ニューヨーク・タイムズ』紙のA・O・スコットは、作品自体を「最初のショットから最後まで、『ムーンライト』は今まで観たことのないほど美しい作品だ」と評した上で、ブリテルの映画音楽を含めた劇中曲について、「驚くばかりで完璧だ」と述べた[54]。ブリテルの作った映画音楽は、「映画本編と同じように、観る者の頭と心から消えようとしない、魅了的な音楽コレクション」(CutPrintFilm) と評され[55]ブルックリン・マガジン英語版で2016年の10大音楽ニュース (The Ten Best Music Moments of 2016) に選ばれるなど高く評価された[56]。映画のサウンドトラックアルバムは、iTunesで2016年のサウンドトラックアルバムトップ25にランクインしたほか[57]、ブリテルのプロデュースでレイクショア・レコーズ英語版から発売され、特別盤のビニル盤コレクターズ・エディションも販売された[58]。ブリテルが作った「ミドル・オブ・ザ・ワールド」"Middle of the World" は、iTunesで2016年のサウンドトラック収録曲トップ25にランクインした[57]

バリー・ジェンキンスは、『ムーンライト』で成功を収めた後、ジェイムズ・ボールドウィンの『ビール・ストリートに口あらば英語版』を翻案する新作映画『ビール・ストリートの恋人たち』に取り掛かった[59]。この作品でもジェンキンスとブリテルはタッグを組み、英国アカデミー賞作曲賞やアカデミー作曲賞ノミネートを受けるなど、作品だけでなくブリテルの映画音楽も高く評価を受けた[60][61]

2017年以降:映画音楽以外の活躍も編集

ブリテルは2017年に制作されたフォックス・サーチライトの映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の映画音楽を手掛けている[62]。この作品では1973年に行われた、ビリー・ジーン・キングボビー・リッグスによるテニス男女対抗試合が描かれた。

2018年には、クリスティーナ・アギレラのスタジオ・アルバム第8作へ、アルバムのタイトルソングにもなった『リベレーション英語版』を提供した[63][64]。また、『ビール・ストリートの恋人たち』と共に映画賞を賑わせたアダム・マッケイ監督の『バイス』でも音楽を担当した[65]

ブリテルは、マルチメディア・プロダクション会社かつアーティスト団体のアモヴェオ・カンパニー (The Amoveo Company) と多数の仕事を行っているが、この会社はブリテルとバンジャマン・ミルピエ英語版が共同設立したものである[66]。アモヴェオの業績としては、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督した短編映画 "Naran Ja"[67]、マイエット (Maiyet) の2015年春夏コレクション用に制作された短編映画 "Passage To Dawn"[68]、ミルピエの手掛けた同名のバレエを撮影した短編映画で、2015年6月にLA映画祭英語版でお披露目された "Hearts and Arrows" などが挙げられる[69][70][71]。アモヴェオとの共作で、ブリテルは "Baileys Nutcracker (Britell Remix)" を制作し、ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリームが手掛けて大成功した "Baileys Nutcracker" に使用された[72]。このCMのフルバージョンはYouTubeで視聴できるが、再生回数は2019年3月段階で300万回を突破している[73]

ブリテルは L.A. ダンス・プロジェクト(L.A. Dance Project) 取締役会のメンバー[74]、ニューヨークを拠点に活動するデコーダ・アンサンブル (Decoda Ensemble) の会長 (Chairman) を務めている[75]

私生活編集

妻はチェリストのケイトリン・サリヴァン (Caitlin Sullivan) である[76]

フィルモグラフィ編集

パフォーマーとして編集

映画音楽編集

かっこ内は映画監督。

プロデュース編集

受賞とノミネート編集

米国作曲家作詞家出版者協会 (ASCAP) 関係
  • 2012年 - 米国作曲家作詞家出版者協会財団ヘンリー・マンシーニ音楽フェローシップ (The ASCAP Foundation Henry Mancini Music Fellowship)[79]
  • 2013年 - ASCAP/Doddle 賞コラボレイティヴ・アチーヴメント部門 (ASCAP/Doddle Award for Collaborative Achievement)[80]
セッション』(2013年・2014年)
  • 2013年 - サンダンス映画祭審査員大賞、最優秀米国フィクション短編映画部門 (Jury Award for Best US Fiction Short)[81]
マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015年)
ムーンライト』(2016年)
ビール・ストリートの恋人たち』(2018年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 英: ASCAP/Columbia University Film Scoring Workshop
  2. ^ Jack Pettibone Riccobono

出典編集

  1. ^ 7th Annual HMMA Awards: Nicholas Britell (Pre & Post Win Interviews)(10s〜) - YouTube
  2. ^ a b Phi Beta Kappa elects 92 seniors to Harvard chapter”. Harvard University Gazette. 2013年8月26日閲覧。
  3. ^ 「ビール・ストリートの恋人たち」本編映像、主人公カップルが喜びを分かち合う”. 映画ナタリー (2019年2月28日). 2019年3月31日閲覧。
  4. ^ Xu, Linda (2-18-11-15). “Hollywood Music in Media Awards: Full List of Winners”. ハリウッド・レポーター. 2019年3月31日閲覧。
  5. ^ a b Thompson, A. Haven (2004年2月26日). “Nicholas J. Britell '03–'04”. The Harvard Crimson. http://www.thecrimson.com/article/2004/2/26/nicholas-j-britell-03-04-for-nick/ 2013年8月25日閲覧。 
  6. ^ Bloom, Nate (2017年2月13日). “Jewish Weekly: "The tribe goes to the Oscars"”. The Jewish News of Northern California. 2019年3月31日閲覧。
  7. ^ Distinguished Alumni/ae and Fellows | Hopkins School”. www.hopkins.edu. 2015年11月26日閲覧。
  8. ^ Five Composers Selected to Score Films for ASCAP/Columbia Workshop”. 米国作曲家作詞家出版者協会 (2012年3月27日). 2019年3月31日閲覧。
  9. ^ Nicholas Britell”. ASCAP Foundation.com. ASCAP. 2017年2月5日閲覧。
  10. ^ ‘Moonlight’ reflection - Oscar-nominated composer Britell ’03 found inspiration in film’s poetic depth”. Harvard University Gazette (2017年2月22日). 2017年2月5日閲覧。
  11. ^ a b Moonlight (Original Motion Picture Soundtrack) by Nicholas Britell”. Hostess (2017年6月). 2019年3月31日閲覧。
  12. ^ a b c “Review: "New York, I Love You"”. The Dodgy. (2012年7月1日). http://thedodgy.com/2012/07/01/the-fashionable-film-composer// 2013年8月25日閲覧。 
  13. ^ Patches, Matt (2019年2月18日). “The composer behind 2018’s best movie score on what you did and didn’t hear”. Polygon. 2019年3月31日閲覧。
  14. ^ Weissberg, Jay (2009年9月30日). “Review: "New York, I Love You"”. Variety. https://variety.com/2009/film/reviews/new-york-i-love-you-1200475778/ 2013年8月25日閲覧。 
  15. ^ Young, Michelle (2011年1月14日). “In the Studio with Nicholas Britell, Film Composer from New York, I Love You”. Untapped Cities. http://untappedcities.com/2011/01/14/in-the-studio-with-nicholas-britell-film-composer-for-new-york-i-love-you/ 2013年8月25日閲覧。 
  16. ^ Kozinn, Allan (2011年9月26日). “Framing Works With Dance, Words, Screens and Web Browsers”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2011/09/27/arts/music/portals-from-tim-fain-at-symphony-space.html 2013年8月25日閲覧。 
  17. ^ Swed, Mark (2011年10月10日). “Music review: Tim Fain's 'Portals' at the Broad Stage”. The Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/culturemonster/2011/10/music-review-tim-fains-portals-at-the-broad-stage.html 2019年3月31日閲覧。 
  18. ^ a b Creeden, Molly (2011年9月20日). “http://www.vogue.com/873785/classical-music-gets-a-modern-update-in-the-hands-of-violinist-tim-fain/”.+Vogue 
  19. ^ 2012 Official Selection”. カンヌ国際映画祭. 2012年8月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  20. ^ Pulver, Andrew (2012年4月30日). “Cannes 2012: seven films join the lineup”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/film/2012/apr/30/cannes-2012-seven-films-lineup 2012年8月26日閲覧。 
  21. ^ “Loot Wins SXSW Grand Jury Prize For Best Narrative Feature Mar. 13, 2012”. Variety. (2012年3月13日). https://variety.com/2012/film/news/loot-wins-sxsw-grand-jury-prize-for-best-narrative-feature-1118051442/ 2013年8月26日閲覧。 
  22. ^ To Do: March 27 – April 3, 2013”. New York Magazine. 2012年8月25日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ Debruge, Peter (2013年3月14日). “Review: "Gimme the Loot"”. Variety. https://variety.com/2012/film/reviews/gimme-the-loot-1117947242/ 2013年8月25日閲覧。 
  24. ^ Haiti: Where Did the Money Go? Wins Edward R Murrow Award”. Caribbean Journal. 2019年3月31日閲覧。
  25. ^ 2013 National Edward R. Murrow Award Winners”. Radio Television Digital News Association. 2013年8月26日閲覧。
  26. ^ Professional Telecast News Division - Fall 2012 CINE Golden Eagle Award Recipients”. CINE. 2013年5月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月12日閲覧。
  27. ^ CINE 2013 Special Jury Award Recipients”. CINE. 2013年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月12日閲覧。
  28. ^ a b c In '12 Years a Slave,' Historically Accurate Music Performed”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 2017年12月12日閲覧。
  29. ^ a b c Burlingame, Jon (2013年12月13日). “’12 Years’ Co-composer Nicholas Britell Re-Creates Antebellum South”. Variety. 2019年3月31日閲覧。
  30. ^ a b Girkout, Alexa (2013年12月9日). “'12 Years a Slave' Composer Reveals the Challenges of Re-Creating Authentic Slave Songs”. ハリウッド・レポーター. 2019年3月31日閲覧。
  31. ^ Weintraub, Steve 'Frosty' (2013年10月20日). “Hans Zimmer Talks 12 YEARS A SLAVE, the Importance of the Film, Akiva Goldsman’s WINTER’S TALE, Reflections on Ridley Scott’s HANNIBAL, and More”. Collider. 2019年3月31日閲覧。
  32. ^ Rich, Katey (2013年12月17日). “75 Songs Qualify For The Best Original Song Oscar, Except For The Actual Best One”. ヴァニティ・フェア. 2019年3月31日閲覧。}
  33. ^ Martens, Todd (2014年1月30日). “The best Oscar-worthy songs thwarted by 'Alone Yet Not Alone'”. ロサンゼルス・タイムズ. 2019年3月31日閲覧。 “A work song, a spiritual, a blues lament, a communal statement — "My Lord Sunshine (Sunrise)" is all of the above and more. [中略] What Britell accomplished is no easy feat, as it's a spiritual that feels and sounds of the era and deftly weaves in religious imagery with the daily horror of the slaves' lives.”
  34. ^ Powers, Ann (2013年11月13日). “'12 Years A Slave' Is This Year's Best Film About Music : The Record : NPR”. npr.org - National Public Radio. 2017年12月12日閲覧。
  35. ^ Sundance: Prize-winning 'Whiplash' short aims to go long”. EW.com. 2017年12月12日閲覧。
  36. ^ Fleming, Mike (2013年5月14日). “Cannes: Bold, Blumhouse, Right Of Way Strike Up Band For Feature Version Of Sundance Short ‘Whiplash’”. Deadline Hollywood. http://www.deadline.com/2013/05/cannes-bold-blumhouse-strike-up-band-for-feature-version-of-sundance-short-whiplash/#more-499436 2013年8月25日閲覧。 
  37. ^ Steven Zeitchik and Mark Olsen (2014年1月25日). “Sundance 2014 winners: 'Whiplash' wins big”. ロサンゼルス・タイムズ. 2017年12月12日閲覧。
  38. ^ Brown, Kat (2015年2月23日). “Oscars 2015 winners list in full”. デイリー・テレグラフ. 2017年12月12日閲覧。
  39. ^ Whiplash (2014)”. Soundtrack.Net. 2017年12月12日閲覧。
  40. ^ ICTMN Staff (2015年2月10日). “Must-Watch Trailer: Documentary About Native Gangs Is a Hit at Berlin Festival”. Indian Country Today Media Network. オリジナルの2015年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150212023738/https://indiancountrytodaymedianetwork.com/2015/02/10/must-watch-trailer-documentary-about-native-gangs-hit-berlin-festival-159141 2015年8月26日閲覧。 
  41. ^ Festival de Cannes - Site Officiel / Institutionnel”. festival-cannes.fr. 2017年12月12日閲覧。
  42. ^ Anthony D'Alessandro. “[Watch] Natalie Portman’s Directorial Debut ‘A Tale of Love And Darkness’: Cannes Film Festival”. Deadline. 2017年12月12日閲覧。
  43. ^ a b 森本康治 (2019年3月1日). “圧倒的な映像美と詩情溢れる音楽『ムーンライト』&『ビール・ストリートの恋人たち』”. BANGER!!!. 2019年3月31日閲覧。
  44. ^ 'The Big Short' Soundtrack Announced”. Film Music Reporter. 2015年12月15日閲覧。
  45. ^ ‘Free State of Jones’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter. 2017年12月12日閲覧。
  46. ^ Saito, Stephen (2017年4月21日). “Interview: Nicholas Britell on Creating a Diversity of Music for “Tramps””. moveablefest.com. 2019年3月31日閲覧。
  47. ^ Brent Lang. “Netflix Buys Adam Leon’s ‘Tramps’ at TIFF 2016”. Variety. 2017年12月12日閲覧。
  48. ^ Moonlight – Official Movie Site”. moonlight-movie.com. 2017年12月12日閲覧。
  49. ^ 内瀬戸久司 (2017年4月29日). “映画『ムーンライト』コラム(前編)、主人公の内面と音楽をリンクさせる“奏法”とは?”. ビルボード・ジャパン. 2019年3月31日閲覧。
  50. ^ アカデミー作品賞『ムーンライト』の音楽はチョップド&スクリュードにインスパイアされた”. bmr (2017年3月3日). 2019年3月31日閲覧。
  51. ^ アカデミー賞作曲賞ノミネート、ニコラス・ブリテルによる『ムーンライト』サウンドトラック急遽発売決定”. CINEMA Life! (2017年3月7日). 2019年3月31日閲覧。
  52. ^ a b ゴールデングローブ賞で「ラ・ラ・ランド」7部門、「ムーンライト」6部門ノミネート”. 映画ナタリー (2016年12月13日). 2019年3月31日閲覧。
  53. ^ Winners & Nominees 2018”. Golden Globes. 2017年12月12日閲覧。
  54. ^ ‘Moonlight’: Is This the Year’s Best Movie?”. The New York Times. 2017年12月12日閲覧。 “From first shot to last, “Moonlight” is about as beautiful a movie as you are ever likely to see. [中略] The music — hip-hop, R&B, astute classical selections and Nicholas Britell’s subtle score — is both surprising and perfect.”
  55. ^ Soundtrack Listening: 'Moonlight'”. CutPrintFilm. 2017年12月12日閲覧。 “All in all, Britell’s Original Score is an exhausting and enthralling collection of music that will linger in your mind and in your heart in much the same way as the film.”
  56. ^ The Year In Film: The Ten Best Music Moments of 2016”. bkmag.com (2016年12月16日). 2017年12月12日閲覧。
  57. ^ a b Apple / iTunes Ranks Lakeshore Records Among Best Soundtracks and Songs of 2016!”. Film Music Daily (2016年12月11日). 2017年12月12日閲覧。
  58. ^ ‘Moonlight’ Vinyl: Release Announced, Score by Nicholas Britell: Pre-Order Now!”. Film Music Daily. 2017年12月12日閲覧。
  59. ^ アカデミー賞受賞作『ムーンライト』の監督が新作をひっさげ初来日!日本映画からの影響を告白”. Movie Walker (2019年2月13日). 2019年3月31日閲覧。
  60. ^ 「ビール・ストリートの恋人たち」本編映像、主人公カップルが喜びを分かち合う”. 映画ナタリー (2019年2月28日). 2019年3月31日閲覧。
  61. ^ 『ビール・ストリートの恋人たち』のニコラス・ブリテルの音楽は、ストリングスと管楽器で様々な愛の形を描く。”. Room MGMu (2019年2月18日). 2019年3月31日閲覧。
  62. ^ Battle of the Sexes: Emma Stone, Steve Carell are tennis pros in first photo”. EW.com. 2017年12月12日閲覧。
  63. ^ Liberation by Christina Aguilera”. iTunes Store. 2019年2月27日閲覧。
  64. ^ Liberation by Christina Aguilera”. iTunes Store. 2019年2月27日閲覧。
  65. ^ Nicholas Britell Interview: ‘If Beale Street Could Talk’ composer”. Gold Derby (2019年1月22日). 2019年3月31日閲覧。
  66. ^ GREIVING, TIM (2017年2月15日). “From hedge fund manager to Oscar nominee: Meet Nicholas Britell, the composer of 'Moonlight'”. ロサンゼルス・タイムズ. 2019年3月31日閲覧。
  67. ^ thecreatorsproject.vice.com/blog/exclusive-the-premiere-of-alejandro-g-iñárritus-short-film-inaran-jai”. thecreatorsproject.vice.com. 2017年12月12日閲覧。
  68. ^ maiyet.com/projects/benjamin-millepied-passage-to-dawn”. maiyet.com. 2017年12月12日閲覧。
  69. ^ NOWNESS”. nowness.com. 2017年12月12日閲覧。
  70. ^ Benjamin Millepied And Philip Glass Pay Tribute To One Of Ballet's Most Prolific Choreographers”. The Huffington Post. 2017年12月12日閲覧。
  71. ^ Promotional Code”. tickets.lafilmfest.com. 2017年12月12日閲覧。
  72. ^ Just ad dance – how adverts got jiggy with it | Stage”. The Guardian. 2017年12月12日閲覧。
  73. ^ Baileys Christmas Nutcracker 2013”. YouTube. 2017年12月12日閲覧。
  74. ^ About”. ladanceproject.com/. LA Dance Project. 2013年9月3日閲覧。
  75. ^ Who We Are?”. decodamusic.org/. Decoda. 2013年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月3日閲覧。
  76. ^ Greiving, Tim (2017年1月11日). “Los Angeles Times: "‘Moonlight’ screens to live music, packed crowd at downtown L.A.’s Million Dollar Theatre"”. ロサンゼルス・タイムズ. 2019年3月31日閲覧。
  77. ^ 映画『それでも夜は明ける』サントラ、感動とインスピレーションの結実”. BARKS (2014年3月26日). 2019年3月31日閲覧。
  78. ^ 浮き草たち”. Netflix. 2019年3月31日閲覧。
  79. ^ The ASCAP Foundation Henry Mancini Music Fellowship”. ASCAP. ASCAP. 2013年8月26日閲覧。
  80. ^ 2012 Award Winners”. cufilmfest.com/. Columbia University. 2013年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月3日閲覧。
  81. ^ Sundance: Prize-winning 'Whiplash' short aims to go long”. EW.com. 2017年12月12日閲覧。
  82. ^ World Soundtrack Awards. “Second wave of nominees! #WSAwards”. worldsoundtrackawards.com. 2017年12月12日閲覧。
  83. ^ 2017 WAFCA Award Winners - The Washington DC Area Film Critics Association (WAFCA)”. dcfilmcritics.com. 2017年12月12日閲覧。
  84. ^ The 2016 Hollywood Music in Media Awards winners”. ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワード英語版. 2017年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月17日閲覧。
  85. ^ a b Nicholas Britell - Awards”. IMDb. 2017年12月12日閲覧。
  86. ^ Kimberly Nordyke and Patrick Shanley (2016年12月11日). “Critics' Choice Awards: The Complete Winners List”. ハリウッド・レポーター. 2019年3月31日閲覧。
  87. ^ 2017 Critics Choice Awards Nominations: La La Land Takes The Lead With 12 Nods”. slashfilm.com. 2017年12月12日閲覧。
  88. ^ Moonlight”. Golden Globes. 2017年12月12日閲覧。
  89. ^ Davis, Clayton (2016年12月14日). “Black Reel Award Nominees – 'Moonlight' Leads with 13 Nominations”. AwardsCircuit.com. 2016年12月15日閲覧。
  90. ^ “Moonlight” Shines Bright!”. ブラック・リール・アワード英語版 (2017年2月17日). 2017年3月17日閲覧。
  91. ^ Nordyke, Kimberly (2017年1月24日). “Oscars: 'La La Land' Ties Record With 14 Nominations”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/lists/oscar-nominations-2017-complete-list-nominees-960044 2017年1月24日閲覧。 
  92. ^ “Oscar Nominations: Complete List”. Variety. (2017年1月24日). http://variety.com/2017/film/news/2017-oscar-nominations-academy-awards-nominees-1201968107/ 2017年1月24日閲覧。 
  93. ^ 第89回アカデミー賞ノミネート発表!「ラ・ラ・ランド」が最多14ノミネート”. 映画.com (2017年1月24日). 2017年3月13日閲覧。
  94. ^ BAFTA Awards 2019: Music and soundtrack winners announced”. Classic FM.com (2019年2月11日). 2019年3月31日閲覧。
  95. ^ 91st Academy Awards Nominees for Music (Original Score)”. oscar.go.com. 2019年2月19日閲覧。

外部リンク編集