サローニ・アスワーニー

サローニ・アスワーニー(Saloni Aswani、1979年6月1日 - )は、インド女優モデル。モデルとして複数のテレビコマーシャルに出演した後、2003年にボリウッド映画『Dil Pardesi Ho Gayaa』で女優デビューする。その後、複数の南インド映画に出演したものの、ヒット作には恵まれなかった[2][3]。2010年に出演した『あなたがいてこそ』で注目を集めた。

サローニ・アスワーニー
Saloni Aswani
本名 Vandana Aswani[1]
生年月日 (1979-06-01) 1979年6月1日(43歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ウルハースナガル
職業 女優モデル
活動期間 2003年 -
テンプレートを表示

生い立ち編集

マハーラーシュトラ州ウルハースナガルシンド人英語版家庭に生まれる。父親は麻薬取締局副長官を務めていた[2]。サローニが5歳の時に一家はムンバイワダラ英語版に移住した。高校卒業後、チャーチゲート英語版近郊のSNDT女子大学英語版に進学して心理学を専攻する。

サローニは幼少期から演技の仕事に興味を持ち母親の支持を得ていたが、父親は「まともな仕事」に就くことを望んでいた[2]。彼女は父親に黙ってモデルエージェンシーに履歴書を送り、モデルとして採用され複数のテレビコマーシャルに出演した。また、演劇グループ「カーラ・サンサード」に参加し、アショーク・クマール・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで演技を学んだ[2]

キャリア編集

2003年にサーワン・クマール・タク英語版の『Dil Pardesi Ho Gayaa』で女優デビューし[3]、2005年にテルグ語映画『Dhana 51』『Oka Oorilo』に出演するが、両作とも興行的に失敗している[2]。2006年には『Chukkallo Chandrudu』『Kokila』『Saawan... The Love Season』『Boss』に出演し、2007年にタミル語映画Madurai Veeran』、2008年にカンナダ語映画Buddhivantha』に出演し、『Buddhivantha』は興行的な成功を収めた[2]

2009年に『Dubai Babu』に出演し、批評家から演技を高く評価された[4][5]。同年7月にはS・S・ラージャマウリの『マガディーラ 勇者転生』にカメオ出演し、彼女の演技に注目したラージャマウリによって彼の次回作『あなたがいてこそ』のヒロイン役に起用された[3][2]。『あなたがいてこそ』は興行的な成功を収め、批評家からも高い評価を得た[6]。同作ではサローニも高い評価を得ている[7]。2010年に『Mr. Theertha』に出演するが、製作側の態度に不快感を抱き、これ以降カンナダ語映画への出演を拒否していた[3]。2011年にはサローニが「女性向け映画」と呼ぶ『Telugu Ammayi』に出演し[8][9]、映画の中でゴーダーヴァリのスラングを話した[9]。同年にヴィクラム主演の『Rajapattai』でアイテム・ナンバーを務めた[10]

2012年に『Bodyguard』に出演し、ヴェンカテーシュ・ダッグバーティトリシャー英語版と共演し、『Adhinayakudu』ではナンダムーリ・バーラクリシュナ英語版と共演している[9]。2013年からは再びカンナダ語映画に出演するようになり、『Lakshmi』『Benki Birugali』に出演した。2014年に『Race Gurram』に出演しており、2015年には『Shivam』に出演している[11]

フィルモグラフィ編集

出典編集

  1. ^ Saloni Biography”. movies.dostana.com. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Saloni interview – Telugu Cinema interview – Telugu film actress”. Idlebrain.com. 2012年2月13日閲覧。
  3. ^ a b c d Saloni interview on Rajamouli's Maryada Ramanna >> Tollywood Star Interviews”. Ragalahari.com. 2012年2月13日閲覧。
  4. ^ Dubai Babu Review – Kannada Movie Review by RGV”. Nowrunning.com (2009年5月23日). 2012年2月13日閲覧。
  5. ^ Super Admin (2009年5月29日). “Dubai Babu Review | Actress Nikitha”. Entertainment.oneindia.in. 2012年2月13日閲覧。
  6. ^ Special Correspondent (2010年7月29日). “Cities / Vijayawada : I am basking in the success of Maryada Ramanna, says director”. The Hindu (Chennai, India). http://www.thehindu.com/news/cities/Vijayawada/article539961.ece 2012年2月13日閲覧。 
  7. ^ Maryada Ramanna film review – Telugu cinema Review – Sunil & Saloni”. Idlebrain.com (2010年7月23日). 2012年2月13日閲覧。
  8. ^ “Saloni is on cloud nine”. The Times of India. (2011年8月5日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-08-05/news-interviews/29851080_1_telugu-ammayi-balakrishna-clocks 2012年2月13日閲覧。 
  9. ^ a b c Saloni interview on Telugammayi >> Tollywood Star Interviews”. Ragalahari.com (2011年8月2日). 2012年2月13日閲覧。
  10. ^ Saloni's back in Tamil films for an item number”. Deccan Chronicle (2011年11月2日). 2011年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月13日閲覧。
  11. ^ “Saloni Aswani returns to Sandalwood – The Times of India”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/regional/kannada/news-interviews/Saloni-Aswani-returns-to-Sandalwood/articleshow/25633144.cms 
  12. ^ “Meelo Evaru Koteswarudu Teaser Out !”. https://thetelugufilmnagar.com/2016/10/03/meelo-evaru-koteswarudu-teaser-out/ 

外部リンク編集