メインメニューを開く

サンダー』(原題:Thunder)は、1983年制作のイタリアアクション映画。『ランボー』と内容が酷似している。

サンダー
Thunder
監督 ラリー・ラドマン[1]
脚本 ラリー・ラドマン
デヴィッド・パーカー・Jr.
製作 ファブリッツィオ・デ・アンジェリス
出演者 後述
音楽 フランチェスコ・デ・マージ
撮影 セルジオ・サルヴァティ
公開 イタリアの旗 1983年11月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 92分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 英語
次作 怒りのサンダー/逆襲のバーニング・ファイア
テンプレートを表示

日本では劇場未公開で、1989年1月20日日本テレビ金曜ロードショー」で『サンダー/怒りの復讐』のタイトルでテレビ放送された。

シリーズ化され、3作目まで制作された[2]

あらすじ編集

アメリカ西部の田舎町に住むインディアンの青年サンダーは、先祖の墓が開発のために取り壊されると知り、町へ交渉に行く。

しかし、サンダーはまともに取り合ってもらえないばかりか、迫害を受けるようになる。

サンダーはじっと耐え忍ぶが、命を狙われるようになるに至り、ついに怒りが爆発、反撃を開始する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

吹替その他、松村彦次郎井上和彦麦人小関一藤本譲伊井篤史古田信幸荒川太郎大山高男秋元羊介滝沢ロコ小室正幸星野充昭

脚注編集

  1. ^ ファブリッツィオ・デ・アンジェリスのペンネーム。
  2. ^ 2作目と3作目も「金曜ロードショー」でテレビ放送された。

外部リンク編集