サンレーモ

コムーネ

サンレーモイタリア語: Sanremo)は、イタリア共和国リグーリア州インペリア県にある、人口約5万人の基礎自治体コムーネ)。リグーリア海岸港湾都市観光都市であり、インペリア県最大の人口を有するコムーネである。

サンレーモ
Sanremo
サンレーモの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
リグーリア州の旗 リグーリア
県/大都市 Blank.png インペリア
CAP(郵便番号) 18038
市外局番 0184
ISTATコード 008055
識別コード I138
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
気候分類 zona C, 1105 GG
公式サイト リンク
人口
人口 52,622 [1](2020-01-01)
人口密度 961 人/km2
文化
住民の呼称 sanremesi, sanremaschi
守護聖人 San Romolo
祝祭日 10月13日
地理
座標 北緯43度49分03秒 東経07度46分30秒 / 北緯43.81750度 東経7.77500度 / 43.81750; 7.77500座標: 北緯43度49分03秒 東経07度46分30秒 / 北緯43.81750度 東経7.77500度 / 43.81750; 7.77500
標高 15 (0 - 1299) [2] m
面積 54.73 [3] km2
サンレーモの位置(イタリア内)
サンレーモ
サンレーモの位置
インペリア県におけるコムーネの領域
インペリア県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

サンレモ音楽祭をはじめとするさまざまなイベントの舞台として知られる。

名称編集

サンレモの公式の綴りは「Sanremo」である。この町の守護聖人であるジェノヴァの聖ロムルス (Romulus of Genoa(イタリア語ではサン・ロモロ(San Romolo))の地元リグリア語の発音を示したものである。日本語では「サンレモ」[4]または「サンレーモ」と転記される。

1924年に当時の市長が(理由不明だが)「San Remo」という綴りを導入し、ファシスト党政権期には公式文書で使用された。当時の「San Remo」という表記は現在でも道路標識や観光情報に残っていることがあり、英語の文書でも見られることがある。日本語でもその翻訳として「サン・レモ」という表記が使われることがある。

地理編集

位置・広がり編集

インペリア県東南部、地中海リグーリア海)に面したリグーリア海岸の都市で、県都インペリアから西南西へ約22km、モナコから東北東へ約30km、州都ジェノヴァから西南へ113kmの距離に位置する。

 
インペリア県概略図

隣接コムーネ編集

隣接するコムーネは以下の通り。

地震分類編集

イタリアの地震リスク階級 (itでは、2 に分類される [5]

行政編集

分離集落編集

サンレーモには以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Beuzi, Bevino, Borello, Bussana, Coldirodi, Gozo Inferiore, Gozo Superiore, Poggio, San Bartolomeo, San Giacomo, San Giovanni, San Romolo, Pian Della Castagna, Picchetta, Verezzo, San Pietro, Villetta

社会編集

産業・経済編集

この街は古くから生花の栽培が盛んである。毎年元日に開催されるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサートにはサンレーモから花が贈られ、ウィーン楽友協会の大ホールを飾る。

文化・観光編集

音楽編集

ポピュラー音楽の音楽祭「サンレモ音楽祭」で知られる。サンレモ音楽祭は1951年より毎年開催されている。

スポーツ編集

自転車ロードレースのワンデーレースであるミラノ〜サンレモのゴールとなる都市である。ゴール地点は市内のローマ通りである。

この他、ラリー(自動車競技)の「ラリー・サンレモ」は1973年から2003年まで世界ラリー選手権(WRC)の一戦に組み込まれていた。

姉妹都市・提携都市編集

姉妹都市編集

  • 熱海市(日本、静岡県)[6]
    • 1976年11月10日 姉妹都市盟約締結
気候風土や景観が類似し、観光保養都市として共通性をもつところから[6]

音楽文化友好交流協定編集

人物編集

著名な出身者編集

居住その他ゆかりある人物編集

脚注編集

外部リンク編集