メインメニューを開く

サンレモ音楽祭(イタリア語:Festival della canzone italiana)はイタリアリグーリア州サンレモで開催されているポピュラー音楽音楽祭1951年より毎年開催されており、和訳では音楽祭とされているが「」に焦点が当てられている。

サンレモ音楽祭は1955年よりRAI Unoイタリア放送協会の総合チャネル)でイタリア全土に生中継されている。

歴史編集

 
会場のアリストン劇場

最初は小規模な音楽祭に過ぎず、第1回(1951年)の出場歌手はわずか3組、応募した20曲を繰り回して歌っていた。その後、規模も順次拡大し、1953年から参加曲を2組のアーティストが歌う方式となった。1958年の優勝曲「Nel blu dipinto blu(ヴォラーレ)」が、アメリカでミリオン・セラーを記録し、第1回グラミー賞を受賞したことによって、サンレモ音楽祭は一躍世界的に認められ、その後も「Piove(チャオ・チャオ・バンビーナ)」「Al di la(アル・ディ・ラ)」をはじめ、多くの曲を生んでいる。1960年代に入ってもジリオラ・チンクェッティボビー・ソロウィルマ・ゴイクなどのスターを輩出し、コニー・フランシスポール・アンカディオンヌ・ワーウィックヤードバーズなどの外国アーチストも出場。日本からも新宿音楽祭金賞歌手が本番組に派遣されたこともあり、また伊東ゆかり岸洋子が参加し、カンツォーネ・ブームがおこるなど、サンレモ音楽祭は最盛期を迎えたが、1960年代末からはイタリア経済の衰退もあって、段々と楽曲のレベルが低下し、規模の縮小を余儀なくされた。それでも1980年代以降は回復傾向が見られ、新人賞の創設などの新機軸も取り入れられて、往時には及ばないまでも、高いレベルの音楽祭であり続けている。

主な受賞者編集

毎年、大賞、新人賞が選ばれることになっている。

  • 1951年 大賞: ニラ・ピッツイ (Nilla Pizzi) -「Grazie dei fior」(日本語題:花をありがとう)
  • 1952年 大賞: ニラ・ピッツイ -「Vola colomba」(日本語題:飛べよ小鳩)
  • 1953年 大賞: カルラ・ボーニ (Carla Boni)とフロ・サンダンス(Flo Sandon's) -「Viale d'autunno」(日本語題:秋の並木路)
  • 1954年 大賞: ジョルジョ・コンソリーニ(Giorgio Consolini)とジーノ・ラティルラ (Gino Latilla) -「Tutte le mamme」(日本語題:美しきママ)
  • 1955年 大賞: クラウディオ・ビルラ(Claudio Villa)とトゥリオ・パーネ(Tullio Pane) -「Buongiorno tristezza」(日本語題:悲しみよ今日は)
  • 1956年 大賞: フランカ・ライモンディ(Franca Raimondi) -「Aprite le finestre」(日本語題:窓を開けて)
  • 1957年 大賞: クラウディオ・ビルラとヌンツィオ・ガロ(Nunzio Gallo) -「Corde della mia chitarra」(日本語題:ギターの弦)
  • 1958年 大賞: ドメニコ・モドゥーニョ(Domenico Modugno) とジョニー・ドレルリ (Johnny Dorelli) -「Nel blu dipinto di blu」("Volare"、日本語題:ボラーレ)
  • 1959年 大賞: ドメニコ・モドゥーニョとジョニー・ドレルリ -「Piove」("Ciao ciao bambina"、日本語題:チャオ・チャオ・バンビーナ)
  • 1960年 大賞: トニー・ダララ (Tony Dallara) とレナート・ラシェル (Renato Rascel) -「Romantica」
  • 1961年 大賞: ルチアーノ・タヨーリ (Luciano Tajoli) とベティ・クルティス (Betty Curtis) -「Al di là」
  • 1962年 大賞: クラウディオ・ビルラとドメニコ・モドゥーニョ -「Addio addio」
  • 1963年 大賞: エミリオ・ペリコーリ (Emilio Pericoli) とトニー・レニス (Tony Renis) -「Uno per tutte」(日本語題:ぼくの選ぶ人)
  • 1964年 大賞: ジリオラ・チンクェッティ (Gigliola Cinquetti) とパトリシア・カルリ (Patricia Carli) -「Non ho l'età」(日本語題:夢みる想い)
  • 1965年 大賞: ボビー・ソロ (Bobby Solo) とザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ (The New Christy Minstrels) -「Se piangi,se ridi」(日本語題:君に涙とほほえみを)
  • 1966年 大賞: ジリオラ・チンクエッティとドメニコ・モドゥーニョ -「Dio, come ti amo」(日本語題:愛は限りなく)
  • 1967年 大賞: クラウディオ・ビルラとイーヴァ・ザニッキ (Iva Zanicchi) -「Non pensare a me」(日本語題:愛のわかれ)
  • 1968年 大賞: セルジオ・エンドリゴ (Sergio Endrigo) とロベルト・カルロス (Roberto Carlos) -「Canzone per te」(日本語題:君を歌う)
  • 1969年 大賞: ボビー・ソロとイーヴァ・ザニッキ -「Zingara」(日本語題:涙のさだめ)
  • 1970年 大賞: アドリアーノ・チェレンターノ (Adriano Celentano) とクラウディア・モーリ (Claudia Mori) -「Chi non lavora non fa l'amore」(日本語題:働かない者は恋をするな)
  • 1971年 大賞: ナーダ(Nada)とニコラ・ディ・バリ(Nicola Di Bari) - 「Il cuore è uno zingaro」(日本語題:恋のジプシー)
  • 1972年 大賞:ニコラ・ディ・バリ - 「I giorni dell'arcobaleno」(日本語題:虹の日々)
  • 1973年 大賞:ペピーノ・ディ・カプリ(Peppino Di Capri) - 「Un grande amore e niente più」(日本語題:失われた愛を求めて)
  • 1974年 大賞:イーヴァ・ザニッキ - 「Ciao cara, come stai?」(日本語題:さよならも言わずに)
  • 1975年 大賞:ジルダ(Gilda) - 「Ragazza del sud」(日本語題:南部の少女)
  • 1976年 大賞:ペピーノ・ディ・カプリ - 「Non lo faccio più」(日本語題:ふたりだけの秘密)
  • 1977年 大賞:ホモ・サピエンス(Homo Sapiens) - 「Bella da morire」(日本語題:涙の日曜日)
  • 1978年 大賞:マティア・バザール(Matia Bazar) - 「E dirsi ciao!」(日本語題:チャオとひとこと)
  • 1979年 大賞:ミノ・ヴェルギャーニ(Mino Vergnaghi) - 「Amare」
  • 1980年 大賞:トト・クトゥーニョ(Toto Cutugno) - 「Solo noi」(日本語題:ただ私たちだけに)
  • 1981年 大賞:アリーチェ(Alice) - 「Per Elisa」(日本語題:エリーザのために)
  • 1982年 大賞:リッカルド・フォッリ(Riccardo Fogli) - 「Storie di tutti i giorni」(日本語題:過ぎ行く日々の物語)
  • 1983年 大賞:ティツィアーナ・リヴァーレ(Tiziana Rivale) - 「Sarà quel che sarà」
  • 1984年 大賞:アル・バーノ(Al Bano)とロミナ・パワー(Romina Power) - 「Ci sarà」(日本語題:愛の架け橋)
  • 1984年 新人賞:エロス・ラマゾッティ(Eros Ramazzotti) - 「Terra promessa」
  • 1985年 大賞:リッキ・エ・ポーヴェリ(Ricchi e Poveri) - 「Se m'innamoro」(日本語題:恋に落ちて)
  • 1986年 大賞:エロス・ラマゾッティ - 「Adesso tu」
  • 1987年 大賞:ジャンニ・モランディ(Gianni Morandi)、エンリコ・ルッジェリ(Enrico Ruggeri)、ウンベルト・トッツィ(Umberto Tozzi) - 「Si può dare di più」(日本語題:もっともっと)
  • 1988年 大賞:マッシモ・ラニエリ(Massimo Ranieri) - 「Perdere l'amore」(日本語題:恋は消え失せて)
  • 1989年 大賞:アンナ・オクサ(Anna Oxa)とファウスト・レアーリ(Fausto Leali) - 「Ti lascerò」
  • 1990年 大賞:イ・プー(I Pooh)とディー・ディー・ブリッジウォーター(Dee Dee Bridgewater) - 「Uomini soli」(日本語題:孤独な人々)
  • 1991年 大賞:リッカルド・コッチャンテ(Ricardo Cocciante)とサラ・ジェーン・モリス(Sarah Jane Morris) - 「Se stiamo insieme」
  • 1992年 大賞:ルカ・バルバロッサ(Luca Barbarossa) - 「Portami a ballare」
  • 1993年 大賞:エンリコ・ルッジェリ - 「Mistero」
  • 1993年 新人賞:ラウラ・パウジーニ(Laura Pausini) - 「La solitudine」(日本語題:孤独を抱きしめて)
  • 1994年 大賞:アレアンドロ・バルディ(Aleandro Baldi) - 「Passerà」
  • 1994年 新人賞:アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli) - 「Il mare calmo della sera」
  • 1995年 大賞:ジョルジャ(Giorgia) - 「Come saprei」(日本語題:どうしたらいいの)
  • 1996年 大賞:ロン(Ron)とトスカ(Tosca) - 「Vorrei incontrarti fra cent'anni」
  • 1997年 大賞:ジャリーゼ(Jalisse) - 「Fiumi di parole」
  • 1997年 新人賞:パオラ&キアラ (Paola & Chiara) - 「Amici come prima」
  • 1998年 大賞:アンナリーザ・ミネッティ(Annalisa Minetti) - 「Senza te o con te」
  • 1999年 大賞:アンナ・オクサ - 「Senza pietà」
  • 1999年 新人部門第2位:フィリッパ・ジョルダーノ (Filippa Giordano)
  • 2000年 大賞:アヴィオン・トラヴェル(Avion Travel) - 「Sentimento」
  • 2001年 大賞:エリーザ(Elisa) - 「Luce (Tramonti a nord est)」
  • 2002年 大賞:マティア・バザール - 「Messaggio d'amore」
  • 2002年 新人賞:アンナ・タタンジェロ(Anna Tatangelo) - 「Doppiamente fragili」
  • 2003年 大賞:アレクシア(Alexia) - 「Per dire di no」
  • 2004年 大賞:マルコ・マジーニ(Marco Masini) - 「L'uomo volante」
  • 2005年 大賞:フランチェスコ・レンガ(Francesco Renga) - 「Angelo」
  • 2006年 大賞:ポヴィア(Povia) - 「Vorrei avere il becco」
  • 2007年 大賞:シモーネ・クリスティッキ(Simone Cristicchi) - 「Ti regalerò una rosa」
  • 2008年 大賞:ジョー・ディ・トンノ(Giò Di Tonno)と ローラ・ポンス(Lola Ponce) - 「Colpo di fulmine」
  • 2009年 大賞:マルコ・カルタ(Marco Carta) - 「La forza mia」
  • 2010年 大賞:ヴァレリオ・スカーヌ(Valerio Scanu) - 「Per tutte le volte che」
  • 2011年 大賞:ロベルト・ヴェッキオーニ(Roberto Vecchioni) - 「Chiamami ancora amore」
  • 2012年 大賞:エンマ・マッローネ(Emma Marrone) - 「Non è l'inferno」
  • 2013年 大賞:マルコ・メンゴーニ(Marco Mengoni) - 「L'essenziale」
  • 2014年 大賞:アリサ(Arisa)「Controvento」

関連項目編集

外部リンク編集