メインメニューを開く

サン=テティエンヌ=デュ=ルヴレ

サン=テティエンヌ=デュ=ルヴレSaint-Étienne-du-Rouvray)は、フランスノルマンディー地域圏セーヌ=マリティーム県コミューン

Saint-Étienne-du-Rouvray
Blason Saint-étienne-du-Rouvray.svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノルマンディー地域圏
(département) セーヌ=マリティーム県
(arrondissement) ルーアン小郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 76575
郵便番号 76800
市長任期 ユベール・ウルフラン
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) CREA
人口動態
人口 28068人
2008年
人口密度 1538人/km2
住民の呼称 Stéphanais, Stéphanaises
地理
座標 北緯49度22分43秒 東経1度06分18秒 / 北緯49.3786111111度 東経1.105度 / 49.3786111111; 1.105座標: 北緯49度22分43秒 東経1度06分18秒 / 北緯49.3786111111度 東経1.105度 / 49.3786111111; 1.105
標高 平均:m
最低:3 m
最高:87 m
面積 18.25km2 (1 825ha)
Saint-Étienne-du-Rouvrayの位置(フランス内)
Saint-Étienne-du-Rouvray
Saint-Étienne-du-Rouvray
公式サイト www.ville-saintetiennedurouvray.fr
テンプレートを表示

交通編集

サン=テティエンヌ=デュ=ルヴレへは、1997年よりマドリーユ・テクノポールへ拡張されたルーアン地下鉄が運行されている。テクノポール路線は市内5駅を回っており、ピーク時間帯には1本が6分間隔でやってくる。ルーアン地下鉄を利用すると、サン=テティエンヌ=デュ=ルヴレからルーアン市内まで約20分で到達する。ソットヴィル=レ=ルーアンまでは数分である。

歴史編集

第二次世界大戦中、サン=テティエンヌ=デュ=ルヴレは数度の爆撃に苦しめられた。

2000年代初頭から、市は市内9地区において都市再開発計画の広大な事業を始めている。1000戸の住宅解体と再建が必要で、2012年には完成する予定である。

2016年7月26日、サン=テティエンヌ教会フランス語版で朝拝中に2人のイスラム過激派テロリストが侵入し、ジャック・アメルフランス語版神父と信者、修道女ら5人を人質に取って立てこもり、アメル神父を殺害。信者1人に重傷を負わせた(サン=テティエンヌ=デュ=ルヴレ教会テロ事件[1]

人口統計編集

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
25 833 34 713 37 242 32 444 30 731 29 092 27 825

[2][3][4]

姉妹都市編集

脚注編集