サージェン[1][2]ロシア語:Саженьラテン文字転写の例:sazhen) は、かつてロシアなどで使用されていた長さ距離)の単位である。

概要編集

サージェンは、両腕を横に水平に伸ばしたときの、一方の手の指先からもう一方の手の指先までの長さである[1]

サージェンという名称はキエフ大公国時代から散見することができ、1554年から1サージェンは3アルシンになったが一定せず、ようやく18世紀以後に1サージェンは3アルシンで固定された[2]

SIでは約2.133メートルとなる[2]

出典編集