メインメニューを開く

サードムーン (ThirdMoon)は、オーストリアリンツメロディックデスメタルバンド。バンド名が、たびたびThird Moonと書かれることがあるが、オフィシャルサイトなどでは、基本的に一続きで綴られている。

サードムーン
Thirdmoon
出身地  オーストリア
オーバーエスターライヒ州 リンツ
ジャンル メロディックデスメタル
活動期間 1994年 -
レーベル CCPレコード
ナパーム・レコード
FMレコード
メインテイン・レコード
ベル・アンティーク
公式サイト thirdmoon.at
メンバー ウルフガング・ロトバウアー (ボーカルギター)
ドミニク・セバスチャン (リードギター)
ヨハネス・ユングライトメイアー (ドラムス)
旧メンバー マティア・リラード (リズムギター)
マーカス・ミーズバウアー (ベースシンセサイザー)
マグズ・ミラン・ペヤック (ドラムス)
マーティン・ゼラー (ドラムス)

目次

略歴編集

1994年オーストリア北部の都市リンツで結成される。結成当初のメンバーは、ウルフガング・ロトバウアー (VoLead G)、マーカス・ミーズバウアー (BSyn)、マグズ・ミラン・ペヤック (Ds)の3名であった。結成当初のメンバー3人は結成時点で別バンドで活動しており、サードムーンはサイドプロジェクト的な色合いもあった。1997年にオーストリアのインディーズレーベルCCPレコードから、1stアルバム『Grotesque Autumnal Weepings』をリリースしデビューする。リリース後、セカンドギタリストとしてフランス出身のマティア・リラード (Rhythm G)が加入した。その後、ナパーム・レコードに移籍。1999年に2ndアルバム『Aquis Submersus』をリリース。リリース後、結成時のメンバーであったマグズ・ミラン・ペヤックが脱退し、ヨハネス・ユングライトメイアー (Ds)が加入。2000年に3rdアルバム『Bloodforsaken』をリリース。同アルバムは、日本ベル・アンティークから輸入盤に帯・解説付きの仕様で日本盤がリリースされた。

3rdアルバムリリース後、ベーシストのマーカス・ミーズバウアーが脱退。しかしベーシストの補充は行われず、セッションメンバーによって活動を継続する。FMレコードに移籍して、2004年に4thアルバム『Sworn Enemy: Heaven』をリリース。ヨハネス・ユングライトメイアーが脱退し、マーティン・ゼラー (Ds)が加入。更に3人目のギタリストにドミニク・セバスチャン (Lead G)も加入する。メインテイン・レコードに移籍して2007年に5thアルバム『Dimorphic Cynosure』をリリースする。リリース後、マティア・リラード、マーティン・ゼラーが脱退。ヨハネス・ユングライトメイアー (Ds)が再加入した。

その後、長らく音沙汰の無い時期が続き活動休止状態にあったが、2018年になって11年ぶりの新アルバム『Terrarum Exuviae』をリリースした[1]

メンバー編集

現メンバー編集

エデンブリッジディスビリーフなどで活動。
  • ドミニク・セバスチャン (Dominik Sebastian) - リードギター
  • ヨハネス・ユングライトメイアー (Johannes Jungreithmeier) - ドラムス

旧メンバー編集

  • マティア・リラード (Matias Larrede) - リズムギター
  • マルクス・ミーズバウアー (Markus Miesbauer) - ベースシンセサイザー
  • マグズ・ミラン・ペヤック (Magus Milan Pejak) - ドラムス
  • マルティン・ゼラー (Martin Zeller) - ドラムス

セッションメンバー編集

  • ドミニク・ヒンディガー (Dominik Hindiger) - ソロギター
    4thアルバム『Sworn Enemy: Heaven』に参加。
  • アレックス・ヒンテルベルガー (Alex Hinterberger) - リズムギター
    ライブに参加。
  • ロベルト・ボグナー (Robert Bogner) - キーボード
    4thアルバム『Sworn Enemy: Heaven』に参加。
  • シモン・エラー (Simon Öller) - ベース、キーボード
    4thアルバム『Sworn Enemy: Heaven』にキーボーディストとして参加。5thアルバム『Dimorphic Cynosure』には、ベーシストとして参加。
  • マニュエル・バウアー (Manuel Bauer) - ベース
    4thアルバム『Sworn Enemy: Heaven』に参加。
  • フィリップ・エッカーシュトーファー (Philipp Eckerstorfer) - ベース
    5thアルバム『Dimorphic Cynosure』、ライブにセッションベーシストとして参加。
  • ガーノット・フロリッヒ (Garnot Frörich) - ピアノ
    5thアルバム『Dimorphic Cynosure』に参加。
  • ドミニク・ホファー (Dominik Hofer) - ドラム
    ライブに参加。
  • フランツ・ローヒンガー (Franz Löchinger) - ドラム
    ライブに参加。

ディスコグラフィー編集

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集