メインメニューを開く

ザヴォロチエロシア語: Заволочье)は、10世紀から14世紀にかけて用いられた歴史的地域名である。範囲としては、北ドヴィナ川オネガ川流域から、ヴォロク(ru)(連水陸路)で連結しているオネガ湖ベロエ湖シェクスナ川流域までを併せた地域を指し(ザヴォロチエは前置詞「за / ザ」と名詞「Волок / ヴォロク」に拠り、「ヴォロクの向こう」を意味する。)、ノヴゴロド公国領の一部だった[1]。当時は、毛皮用の動物や岩塩が豊富に獲得できる地域であり、住民もまた、狩猟農業漁労を主な生業としていた。

歴史編集

原初年代記』の冒頭には、ザヴォロチエ・チュヂ(チュヂ・ザヴォロチスカヤ)族(ru)と呼ばれる部族が記されている。ザヴォロチエ・チュヂ族はチュヂ族と同じくフィン・ウゴル系と考えられているが、研究者によって諸説ある。

10世紀までは、オネガ湖からベロエ湖にかけての狭い範囲に、スラヴ系の人々が居住地を建設しているのと同時に、ザヴォロチエの東部のフィン・ウゴル系の人々に対し、ノヴゴロドの統治者がダーニ(貢税)を課し、あるいは商取引を行っていた。また、『原初年代記』の1096年の項には、ノヴゴロド軍がダーニのためにペチョラ川流域へ遠征したことが記されている。また、ダーニの徴税官(ノヴゴロド公国の場合はメチニク)が用いた確認印[注 1]に記された地名としては、10世紀末にチフマニガ川(ru)[2]、11世紀にピネガ(ru)とウスチ=ヴァガ(ru)[3][4]、エムツァ川(ru)とヴァガ川(ru)[5]の名が確認できる。12世紀初頭には、スラヴ民族の居住地はオネガ川、ヴァガ川、北ドヴィナ川流域に拡大していた。1137年ノヴゴロド公スヴャトスラフによる勅令(ru) (教会の十分の一税の支払いを定めたものであり、キリスト教徒の住人の存在を意味する)の中には、オネガ川、ヴァガ川、エムツァ川(北ドヴィナ川に合流)沿いの村とポゴストが挙げられている[6]。なおこの時期にはベロオゼロロストフ・スーズダリ公国に属しており、ザヴォロチエの北部はノヴゴロトスカヤ・ゼムリャー(ru)(ノヴゴロドの地)に含まれていた。

14世紀の初めに、ベロオゼロ(ベロオゼロ公国)はモスクワ大公国に買い取られた。一方、ノヴゴロド側のザヴォロチエは、ドヴィンスカヤ・ゼムリャー(北ドヴィナの地)と称されるようになった。1462年には、ヴァガ川流域もモスクワ大公国領となり、ヴァジュスキー・ウエズド(ru)ウエズド:郡)が作成された。1471年のシレニギの戦い(ru)[注 2]の後、ノヴゴロドに対する権限を強めたモスクワは、多くの官吏を北ドヴィナ川流域に置いた。1478年、ドヴィンスカヤ・ゼムリャーの残りの部分は、ノヴゴロド公国自体と共にモスクワ大公国に組み込まれた。

脚注編集

関連文献編集