メインメニューを開く

ザ・ダッシュ

ザ・ダッシュは、昭和期に活躍した歌謡漫才コンビ・音楽ショウ

目次

概要編集

前身はうめだ花月オープンの1959年に結成された漫楽トリオ「スプリングボーイズ」で、当時人気の漫画トリオにあやかり、楽器を使う漫才トリオということで漫楽トリオと称した。結成メンバーは志歌ソング以下、春日サンボ、森ミネオ。

春日、森と入れ替わりに古賀リズム、西条ロックが加入し「サン・サーンズ」に改名。

その後横山ホットブラザーズから小田レイジが加わり、カルテット「フォアダッシュ」と改名。

1966年前後に西条、小田が脱退し、長谷トーン、小井ビートが加入、この際に古賀リズムは古賀専太郎に改名。

後に長谷、小井が脱退して2人になり「ザ・ダッシュ」と改名。また市井信彦(鳳らん太・ゆう太のらん太の弟)が加入していた時期もある。

志歌ソングの息子ばんじょうじを加えトリオだった時期もあるが、最後は喜多ひろしを含むコンビで活動していた。平成期以降は休止している。

カントリー調のテーマ曲で、「グッバイさよなら再見アディオスまた会う日までララララ、ヘイ!」で〆る事が多かった。

松本人志は、パーソナリティーを勤めたラジオ番組「放送室」の中で、若手時代に非常に可愛がってもらったと語り、その縁で「ダウンタウンのごっつええ感じ」のコントで「グッバイさよなら~」のテーマ曲が用いられ、ソング自身も出演した。

メンバー編集

田辺中学校出身。大手前歌謡学院で音楽の基礎を学ぶ。
近畿大学出身。コロムビア音楽院で音楽の基礎を学ぶ。吉本が募集した吉本新喜劇(当時吉本ヴァラエティ)の第一期研究生で新喜劇の同期に岡八郎(のちの岡八朗)、奥津由三藤井信子がいる。

後期メンバー

神戸市出身。立ち位置(右)vocal&guitar ボケ、ツッコミ担当。脱退後は役者、ミュージシャンとしても活動する。

元メンバー編集

志歌ソングの実子。

参考文献編集

  • 「現代上方演芸人名鑑」(1980年、少年社)

関連項目編集