ザ・バッグマン 闇を運ぶ男

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男』(ザバッグマンやみをはこぶおとこ、The Bag Man)は、2014年アメリカ合衆国スリラー映画。デヴィッド・グロヴィックの監督デビュー作。俳優ジェームズ・ルッソによるオリジナル脚本を原作としている。出演はジョン・キューザックレベッカ・ダ・コスタ英語版クリスピン・グローヴァードミニク・パーセルロバート・デ・ニーロ他。

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男
The Bag Man
監督 デヴィッド・グロヴィック
脚本 デヴィッド・グロヴィック
ポール・コンウェイ
原作 オリジナル脚本
ジェームズ・ルッソ
製作 ピーター・D・グレイヴス
アントニー・ミッチェル
ウォーレン・オスターガード
製作総指揮 デヴィッド・グロヴィック
出演者 ジョン・キューザック
レベッカ・ダ・コスタ英語版
ロバート・デ・ニーロ
クリスピン・グローヴァー
ドミニク・パーセル
音楽 トニー・モラレス
エド・ロジャーズ英語版
撮影 スティーヴ・メイソン
編集 デヴィン・マオラー
マイケル・R・ミラー
製作会社 Cinedigm
レッド・グラナイト・ピクチャーズ英語版
TinRes Entertainment
配給 アメリカ合衆国の旗 Cinedigm/ユニバーサル・スタジオ・ホーム・エンターテイメント
日本の旗 アークエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年2月28日
日本の旗 2014年7月5日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $56,574[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

凄腕の殺し屋ジャックは、雇い主のドラグナからあるを預かる。ドラグナはその鞄を指定したモーテルへと運び、そこで自分の到着を待てとジャックに命じる。また、その際にドラグナから「鞄の中は絶対に見てはならない」と言われたジャックは、多少の違和感を感じつつも襲いかかってくる刺客を次々と葬っていくのだった。こうして指定されたモーテルへと到着したジャックだったが、そこでレブカと名乗る娼婦を成り行きから匿うことになってしまう。

キャスト編集

※()は日本語吹き替え

参考文献編集

  1. ^ The Bag Man” (英語). Box Office Mojo. 2015年2月4日閲覧。

外部リンク編集