ザ・フォーモスト

ザ・フォーモスト (英語: The Fourmost) は、イギリスロックバンドビートルズプロデューサージョージ・マーティンがプロデュース、ブライアン・エプスタインがマネージャー。ロックンロールを主体としたビート・ポップと、コーラスワークで人気を出す。

ザ・フォーモスト
別名
  • ブルー・ジェイズ
  • フォー・ジェイズ
出身地 イングランドの旗 イングランド リヴァプール
ジャンル
活動期間 1961年 -
レーベル
共同作業者
公式サイト The Official Fourmost Website
メンバー
  • エイドリアン・ファウンテン
  • アレックス・レイランド
  • リー・クラークソン
  • ケビン・クラークソン
旧メンバー
  • ブライアン・オハラ
  • マイク・ミルワード
  • ビリー・ハットン
  • デイヴ・ラヴレディー
  • ジョーイ・バウアー
  • ジョージ・ペッカム
  • コリン・ウォルシュ

来歴編集

1957年にブライアン・オハラが親友と共にツー・ジェイズを結成。1959年にフォー・ジェイズと名を変えた。1961年、ビートルズキャヴァーン・クラブにて演奏する3週間前に、フォー・ジェイズも演奏しており、その時にビリー・ハットンが加入。程なくして、マイク・ミルワードが加入し、1962年にデイヴ・ラヴレディーが加わり、グループもザ・フォーモストに改名した。1963年6月30日、グループはEMIと契約を結び、ブライアン・エプスタインが彼らのマネージャーとなった[1]。その後ジョージ・マーティンのオーディションを経て、パーロフォンとの契約を締結した[2]

バンドの初期2作のシングル曲は、ジョン・レノンによって書かれた楽曲で、そのうち「ハロー・リトル・ガール」は、1963年11月15日に発売され、全英シングルチャートで9位を獲得[3]。続く2作目のシングル『アイム・イン・ラヴ』も17位を獲得し[4]、ヒットを連発した。これらのシングルはアメリカでも発売され、ビートルズが活動初期に書いた楽曲として注目されたが、いずれもシングルチャートにチャートインすることはなかった。

1964年に3作目のシングル『ア・リトル・ラヴィング』を発売。表題曲はラス・アルキストによって書かれた楽曲で、シングル盤は6位を獲得し[5]、フォーモストの大ヒット曲となった。しかし、以降に発売されたシングルは、いずれも全英シングルチャートで上位20位以内に入ることはなかった。

1966年、グループの中心メンバーでもあったミルワードが白血病により死去。ミルワードの後任にジョージ・ペッカムが加入。同年8月にビートルズの楽曲「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア[1]、11月にジョージ・フォームビー英語版の楽曲「マギーおばさんの救済」をカバーした。

1968年にCBSレコードよりシングル『アップルズ、ピーチズ、パンプキン・パイ英語版』(ジェイ&ザ・テクニークス英語版のカバー曲)、『ロゼッタ』を立て続けに発売。以降、レコーディングは行われず、ギャバレーでのライブ活動を行なった。しかし、1969年にレコーディング・スタジオの運営に携わるためにジョージ・ペッカムが脱退。後任としてジョーイ・バウアーが加入した。

1980年にハットン、ラヴレディ、バウアーが脱退。以降、オハラは新しいメンバーを迎えてザ・フォーモストの活動を続けていたが、1999年に自殺。

2005年にコンピレーション・アルバム『The Best of The Fourmost』が発売された。同作には「アイ・ラヴ・ユー・トゥー」のステレオ・ミックスの他、ハットン作の未発表曲4曲が含まれている。

2017年にハットンが死去[6]

2018年に59日に及ぶ劇場ツアー『The Sensational 60s Experience』を敢行[7]

オリジナル・メンバー編集

名前 プロフィール 担当
ブライアン・オハラ
英語: Brian O'Hara)
1941年3月12日 - (1999-06-27) 1999年6月27日(58歳没)
  イングランド マージーサイド州リヴァプール
ボーカル
リードギター
マイク・ミルワード
英語: Mike Millward
1942年5月9日 - (1966-03-07) 1966年3月7日(23歳没)
  イングランド チェシャーブロンバラ
リズムギター
ボーカル
ビリー・ハットン
英語: Billy Hatton
1941年6月9日 - (2017-09-19) 2017年9月19日(76歳没)
  イングランド マージーサイド州リヴァプール
ベース
ボーカル
デイヴ・ラヴレディー
英語: Dave Lovelady
(1942-10-16) 1942年10月16日(79歳)
  イングランド マージーサイド州リヴァプール
ドラムス
ボーカル

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売年 タイトル 最高位
UK[8][9] AU US
1963 ハロー・リトル・ガール 9
アイム・イン・ラヴ英語版 17
1964 ア・リトル・ラヴィング 6 98
イフ・ユー・クライ
(アメリカ限定発売)
ハウ・キャン・アイ・テル・ハー 33
ベイビー・アイ・ニード・ユア・ラヴィング英語版 24 63
1965 エヴリシング・イン・ザ・ガーデン
ガールズ・ガールズ・ガールズ 33 21
1966 ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
アンティ・マギーズ・レメディ 43
1968 アップルズ、ピーチズ、パンプキン・パイ英語版
ロゼッタ
1969 イージー・スクイージー

アルバム編集

タイトル 原題 発売日
ファースト・アンド・フォアモスト First and Fourmost 1965年11月 (1965-11)
ザ・フォーモスト The Fourmost 1975年 (1975)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Eder, Bruce. The Fourmost|Biography & History - オールミュージック. 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ The Fourmost - Bill Harry - Mersey Beat”. Triumphpc.com. Bill Harry, Mersey Beat Ltd. 2020年9月4日閲覧。
  3. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company (1963年10月24日). 2020年9月4日閲覧。
  4. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company (1964年2月6日). 2020年9月4日閲覧。
  5. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company (1964年5月28日). 2020年9月4日閲覧。
  6. ^ “Billy Hatton obituary”. The Guardian (Guardian Media Group). (2017年9月27日). https://www.theguardian.com/music/2017/sep/27/billy-hatton-obituary 2020年9月4日閲覧。 
  7. ^ The Sensational 60s Experience gearing up for autumn 2018 tour”. StaffordshireLive (2018年5月30日). 2020年9月4日閲覧。
  8. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 211. ISBN 1-904994-10-5 
  9. ^ FOURMOST | full Official Chart History”. Official Charts Company. 2020年9月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集