メインメニューを開く

シェリル・スウープスSheryl Swoopes1971年3月25日 - )は、アメリカ合衆国の元女子プロバスケットボール選手である。現役時代のポジションはガードフォワード。WNBAの記念すべき契約選手第1号であった[1]。現在はロヨラ大学ヘッドコーチ。

シェリル・スウープス
Sheryl Swoopes
Sheryl Swoopes WNBA.jpg
ロヨラ大学 HC
役職 ヘッドコーチ
殿堂 プレーヤー(2016)
ポジション(現役時) G/F
背番号(現役時) 32
身長(現役時) 183cm (6 ft 0 in)
体重(現役時) 66kg (146 lb)
基本情報
本名 Sheryl Denise Swoopes
ラテン文字 Sheryl Swoopes
英語 Sheryl Denise Swoopes
誕生日 (1971-03-25) 1971年3月25日(48歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ブラウンフィールド
ドラフト 1997年 分配 
選手経歴
1993–1994
1997–2007
2004–2005
2005–2006
2008
2010
2011
イタリアの旗 Basket Bari
ヒューストン・コメッツ
ロシアの旗 VBM-SGAU Samara
イタリアの旗 Taranto Cras Basket
シアトル・ストーム
ギリシャの旗 Esperides Kallitheas
タルサ・ショック

来歴編集

サウス・プレインズ大学からテキサス工科大学に編入し、1993年のNCAA1部優勝メンバーとなる[2]

卒業後はイタリアで1シーズンプレーした後、アメリカ代表として1994年世界選手権出場も3位に終わる。しかし、自国開催となった2年後のアトランタ五輪で金メダル獲得。1998年世界選手権は外れるも、シドニー・アテネのオリンピック2度、世界選手権も2002年の金メダル獲得。

1997年、WNBAが発足されると、分配ドラフトでヒューストン・コメッツに指名され、プロ生活が始まる。コメッツには2007年まで11シーズン在籍し、初年度からのWNBA4連覇に貢献、2000・2002・2005の3度MVP獲得。

2008年、シアトル・ストームに移籍も、2009年はウェーバー公示され無所属。2010年はギリシャでプレーし、2011年にタルサ・ショックでWNBA復帰するが、同年限りで引退。

2013年ロヨラ大学ヘッドコーチ就任。

経歴編集

大学編集

  • 1999-1991 : サウス・プレインズ大学
  • 1991-1993 : テキサス工科大学

WNBA編集

国外クラブ編集

  • 1993–1994 :   Basket Bari
  • 2004–2005 :   VBM-SGAU Samara
  • 2005–2006 :   Taranto Cras Basket
  • 2010:   Esperides Kallitheas[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ WNBA's Greatest Moments” (英語). WNBA.com. 2011年11月21日閲覧。
  2. ^ Tech Hall of Honor Inducts New Class of Six” (英語). 2007年12月3日閲覧。
  3. ^ Associated Press via ESPN.com, "Swoopes Replaces Wisdom-Hylton," January 6, 2010” (英語). Sports.espn.go.com (2010年1月6日). 2011年11月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集