メインメニューを開く

シドニー・W・ピンクSidney W. Pinkl, 1916年3月16日 - 2002年10月12日)は、アメリカ合衆国映画監督である。

シドニー・W・ピンク
Sidney W. Pink
別名義 シドニー・ピンク
生年月日 (1916-03-16) 1916年3月16日
没年月日 (2002-10-12) 2002年10月12日(86歳没)
出生地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 映画監督
プロデューサー

目次

来歴編集

1916年ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれる。学生時代に学内の演劇でプロデューサーをしたことから、映画業界を目指すようになり[1]ピッツバーグ大学へ進学して、映画館の映写技師として働いた[2]

1952年ロバート・スタック主演で3D技法を用いた長編カラー映画『ブワナの悪魔』でプロデューサーデビュー。1953年には自身で手掛けた映画『I Was a Burlesque Queen』で監督デビューも飾った。1959年には原作と脚本を手掛けた『巨大アメーバの惑星』がイブ・メルキオールにより映画化された。1961年にはデンマークとの合作映画『冷凍凶獣の惨殺』を監督している。ちなみに1966年にプロデューサーとして参加したコメディ映画『ダスティン・ホフマンの100万$大捜査線』では、オフ・ブロードウェイでまた舞台役者をしていたダスティン・ホフマンを見出し、主役に抜擢。同作品はホフマンの初の映画主演作品となったが、リリースは2年後の1968年にされた。SF映画などを手掛けていること以外では、スペインを舞台にした西部劇「スパゲッティ・ウェスタン」映画のプロデューサーとしても知られている。

死去編集

長年の闘病生活を経て2002年フロリダ州ポンパノビーチで死去[1]。86歳だった。

参加作品編集

映画監督作品編集

  • I Was a Burlesque Queen (1952)
  • 冷凍凶獣の惨殺 Reptilicus (1961)
  • SF第七惑星の謎 Journey to the Seventh Planet (1962)
  • 黄金の砦 Finger on the Trigger (1965)
  • Las siete magníficas (1965)
  • The Christmas Kid (1967)

プロデュース作品編集

  • ブワナの悪魔 Bwana Devil (1952)
  • 巨大アメーバの惑星 The Angry Red Planet (1959)
  • ダスティン・ホフマンの100万$大捜査線 Un dollaro per 7 vigliacchi (1968)
  • ピラミッドの秘宝 La muchacha del Nilo (1969)

脚注編集

  1. ^ a b Sidney W. Pink Biography”. 2016年7月10日閲覧。
  2. ^ Sidney W. Pink”. 2016年7月10日閲覧。

外部リンク編集