メインメニューを開く
シニョリーア広場
シニョリーア広場とヴェッキオ宮殿
ヴェッキオ宮殿
ヴェッキオ宮殿前の彫像
ロッジア・ディ・ランツィ
コジモ1世の像が中央に見える。

シニョリーア広場(Piazza della Signoria)は、イタリアフィレンツェにあるヴェッキオ宮殿前のL字形の広場シニョーリア広場とも。

フィレンツェ共和国の歴史の焦点であり、原点でもあり、今も市の政治的中心地としてその名誉を維持している[1]。周辺にヴェッキオ橋ドゥオモ広場ウフィツィ美術館へ向かう道などがあり、観光客も多く、地元民の待ち合わせ場所にもなっている。

目次

歴史編集

ローマ都市だったころのフォルムであり、かつては周囲にローマ劇場公衆浴場、市場などがあった。5世紀ごろには教会が建てられた。これらは1980年代に舗装し直す際に行った発掘調査で判明している。さらに、新石器時代の遺物も見つかっている。1268年、勝利したゲルフ側が負けたギベリン側の家を取り壊したため、現在のようなL字形になった。この広場は長い間穴だらけでひどい状態だったが、1385年に初めて舗装された。1497年、ジロラモ・サヴォナローラが「虚栄の焼却」と称して本や贅沢品を燃やしたのもこの広場だった。ネプチューンの噴水の前に、1498年5月23日にジロラモ・サヴォナローラが処刑された場所を示す銘板がある[2]

建築物編集

銃眼の凹凸のある塔で印象的な14世紀のヴェッキオ宮殿が特に目立っている。広場の周囲には他にロッジア・ディ・ランツィウフィツィ美術館、商業裁判所(1359年、現在は農業局の建物)、ウグッチョーニ宮(16世紀、ファサードの設計はラファエロと言われている)などがある。ヴェッキオ宮殿の正面には Palace of the Assicurazioni Generali(1871年、ルネサンス様式)もある。

ヴェッキオ宮殿編集

ヴェッキオ宮殿は市役所である。要塞を思わせる凹凸のある大きなロマネスク様式[3]の宮殿で、トスカーナ州でも最も印象的な市役所となっている。シニョリーア広場に面していて、正面脇にはミケランジェロのダビデ像のレプリカがあり、隣のロッジア・ディ・ランツィには複数の彫像が展示されている。

元々はフィレンツェ共和国の支配体制をシニョリーアと呼んだため、シニョリーア宮殿 (Palazzo della Signoria) と呼ばれ、その後の長い歴史の中で、用途の変遷とともにポポロ宮殿 (Palazzo del Popolo)、プリオーリ宮殿 (Palazzo dei Priori)、デュカーレ宮殿 (Palazzo Ducale) などとも呼ばれた。メディチ家アルノ川対岸側にあるピッティ宮殿に居所を移した後、現在の名で呼ばれるようになった。

ロッジア・ディ・ランツィ編集

ロッジア・ディ・ランツィ(ランツィの回廊)は通りに面して柱間の広いアーチが3つ並んでいる。アーチはコリント式柱頭のある束ね付柱で支えられている。この幅の広いアーチはフィレンツェ人にとって魅力的だったようで、ミケランジェロはシニョリーア広場全体をこのアーチで取り囲むことを提案したほど気に入っていたという[要出典]。回廊の陽気な雰囲気は、重々しいヴェッキオ宮殿と好対照をなしている。屋根はあるが事実上、野外彫像展示場になっている。

Tribunale della Mercanzia編集

Tribunale della Mercanzia(商業裁判所)はかつて商人同士の訴訟を扱う裁判所だった。かつては、タッデオ・ガッディアントニオ・デル・ポッライオーロサンドロ・ボッティチェッリの絵が玄関を装飾していたが、現在はウフィツィ美術館に収蔵されている。

ウグッチョーニ宮編集

Palazzo Uguccioni(ウグッチョーニ宮)はジョヴァンニ・ウグッチョーニが1550年に建設した建物で、ラファエロミケランジェロが設計したと言われている。

Palazzo delle Assicurazioni Generali編集

Palazzo delle Assicurazioni Generali(総合保険宮)は1871年に建設された新ルネサンス様式の建物で、市街中心地の商業ビルである。1階には歴史のあるカフェがある。

その他編集

広場の周囲には他に palazzo dei Buonaguisipalazzo dell'Arte dei Mercatanti がある。

彫像編集

シニョリーア広場には次のような彫像がある。

ギャラリー編集

脚注・出典編集

  1. ^ Florence: The City Layout. Encyclopædia Britannica. (2007). 
  2. ^ Italy: Savonarola. Encyclopædia Britannica. (2007). 
  3. ^ ゴシック建築ともいわれている。
  4. ^ a b c Vecchio, Palazzo. Encyclopædia Britannica. (2007). 
  5. ^ 宮下規久朗『欲望の美術史』光文社、2013年、137頁。ISBN 978-4-334-03745-1
  6. ^ Ammannati, Bartolommeo. Encyclopædia Britannica. (2007). 

外部リンク編集