シネマコンシェル

シネマコンシェル』は、関西テレビ放送2018年4月7日から毎週土曜日に放送されている映画情報番組シリーズ。

シネマコンシェル
ジャンル ミニ番組、映画情報番組[1]
製作
制作 関西テレビ放送[1]
放送
映像形式文字多重放送
谷元星奈のシネマコンシェル
アナウンサー谷元星奈(関西テレビアナウンサー[1]
放送期間2018年4月7日 - 2020年3月28日[1]
放送時間土曜日14:57 - 15:00
放送分3分
谷元星奈のシネマコンシェル
舘山聖奈のシネマコンシェル
アナウンサー舘山聖奈(関西テレビアナウンサー)
放送期間2020年4月4日 -
放送時間土曜日10:30 - 10:33
放送分3分
舘山聖奈のシネマコンシェル
テンプレートを表示

番組タイトルの『コンシェル』とは、シネマコンプレックスコンシェルジュ(案内役)を合わせた造語で、新作映画の見所や公開情報を紹介する番組であることに由来する。関西テレビに新卒扱いで採用された女性アナウンサー(谷元星奈舘山聖奈)を、正式入社の直後から「コンシェルジュ」に起用していることが特徴。放送上は冠番組扱いで、『(担当アナウンサーの氏名)のシネマコンシェル』というタイトルを用いている。

概要編集

2018年4月1日に関西テレビへ入社した谷元星奈アナウンサーの冠レギュラー番組『谷元星奈のシネマコンシェル』(たにもとせいなのシネマコンシェル)として、入社日から6日後の同月7日に放送を開始。新卒扱いで同局に入社したアナウンサーが、入社と同時にレギュラーで冠番組を担当することは初めてであった[1]

谷元は、映画鑑賞の初心者ならではの視点で、新作映画の見所を解説。紹介する映画を撮影した監督や、メインキャストへのインタビューも任されていた[2]。しかし、関西テレビでは2020年に、女性のアナウンサーとしては谷元以来2年振りに舘山聖奈を採用。谷元と同様に、正式な入社の前に放送される番組へ出演させるほか、入社と同時にレギュラーで冠番組を任せる方針を立てた。この方針に沿って、谷元の冠番組としては、舘山の入社4日前(3月28日)に放送を終了。舘山の入社4日目(4月4日)からは、『舘山聖奈のシネマコンシェル』(たてやませいなのシネマコンシェル)へとリニューアル。放送枠も毎週土曜日の午前中に移動するとともに、谷元時代と同じ趣旨で、舘山の冠番組として再スタートを切った[3]

なお、関西テレビでは2021年に、橋本和花子をアナウンサーとして採用。「正式な入社と同時に番組をレギュラーで担当させる」という方針も踏襲されたが、『報道RUNNER』金曜日の生中継リポーター(谷元の後任)と『ウラマヨ』のアシスタント(産前産後休暇を取得した先輩アナウンサー・高橋真理恵の後任)へ起用した為、当番組には舘山が引き続き出演している。

放送時間編集

  • 2018年4月7日 - 2020年3月28日(『谷元星奈のシネマコンシェル』として放送)毎週土曜日14:57 - 15:00
  • 2020年4月4日 - (『舘山聖奈のシネマコンシェル』として放送)毎週土曜日10:30 - 10:33

出演者編集

担当期間中は関西テレビアナウンサー

放送上の肩書は、番組のタイトルにちなんで「コンシェルジュ」。谷元・舘山とも、大学生時代にBS放送の学生キャスターを経験しているほか、名前を「せいな」と読ませる。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集