メインメニューを開く

シネ・ヌーヴォ(Cine Nouveau)は大阪市西区にある映画館。大阪のミニシアターとしては第七藝術劇場と双璧をなす。定員は69席、24席。

シネ・ヌーヴォ
Cine Nouveau
Osaka Kujo Cine Nouveau 2011-05.JPG
シネ・ヌーヴォ(2011年5月撮影)
地図
地図
情報
正式名称 シネ・ヌーヴォ
旧名称 九条東洋劇場、東洋レックスシネマ、ACT活動写真館
完成 1997年
開館 1997年1月18日
開館公演東京夜曲』(市川準監督)[1]
収容人員 (2スクリーン合計)93人
客席数 69,24
設備 ドルビーステレオ
用途 映画上映
運営 株式会社ヌーヴォ
(代表:景山理、支配人:山崎紀子[1][2]
所在地 550-0027
大阪府大阪市西区九条1丁目20-24 シャトル九条2 1階
位置 北緯34度40分27.5秒
東経135度28分31.6秒
最寄駅 阪神なんば線九条駅
地下鉄中央線九条駅
最寄バス停 大阪シティバス「九条新道」停留所
最寄IC 阪神高速16号大阪港線波除出入口
外部リンク http://www.cinenouveau.com/

概要編集

1997年1月18日[3]に「映画新聞」のスタッフであった、景山理(当時、編集発行人)と、江利川憲(フリー編集者)、松井寛子(映画宣伝プロデューサー)らが中心となり、市民株主として一般の映画ファンが出資し「株式会社ヌーヴォ」を設立。同社が映画館「シネ・ヌーヴォ」を運営している。開館当時、大阪でミニシアターと呼べる映画館は「シネマ・ヴェリテ」(ACTシネマ・ヴェリテを経てシネ・ヌーヴォ梅田となるも閉館)など数館しかなく、東京に比べアート系作品の上映数の差は歴然としていた。現在は、大阪でもアート系映画を上映する映画館が増えている。

映画館そのものは歴史が古く、「九条東洋劇場」(~92年)「東洋レックスシネマ」(93年)「ACT活動写真館」(95年~96年)と開館・閉館を繰り返してきた。シネ・ヌーヴォ開館にあたり、劇団・維新派が館内の内装を行った[1][3]。2006年8月には、2階に24席のデジタルシネマ「シネ・ヌーヴォX」を開館[1]。ドキュメンタリーや特集上映、独立系映画作家の作品を中心に、より多様な作品を上映することで、大阪の観客の期待に応えることを模索している。

なお、兵庫県宝塚市のシネ・ピピアは姉妹館である。

出典編集

  1. ^ a b c d シネ・ヌーヴォ”. 港町キネマ通り (2013年8月). 2016年10月9日閲覧。
  2. ^ “山崎紀子(シネ・ヌーヴォ支配人)「映画館で観るという体験」”. 京都大学新聞 (京都大学新聞社). (2014年11月16日). http://www.kyoto-up.org/archives/2103 2016年10月9日閲覧。 
  3. ^ a b “大阪の映画館シネ・ヌーヴォ、改装工事のためクラウドファンディング実施”. 映画ナタリー. ナターシャ. (2016年9月20日). http://natalie.mu/eiga/news/202437 2016年10月9日閲覧。 

外部リンク編集