メインメニューを開く

九条駅 (大阪府)

日本の大阪府大阪市西区にある大阪市高速電気軌道・阪神電気鉄道の駅

九条駅(くじょうえき)は、大阪府大阪市西区九条一丁目にある大阪市高速電気軌道阪神電気鉄道。大阪市高速電気軌道における駅番号C14、阪神電気鉄道における駅番号はHS 44

九条駅
くじょう
Kujo
所在地 大阪市西区九条一丁目
所属事業者 大阪市高速電気軌道駅詳細
阪神電気鉄道駅詳細
テンプレートを表示

阪神なんば線の開業以降、どちらの路線を使っても近鉄線を経由して生駒駅へ行くことができる。またどちらの駅にも近鉄側から列車が乗り入れている。

目次

歴史編集

駅構造編集

大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)編集

Osaka Metro 九条駅
 
駅舎と跨線橋(2006年6月6日)
くじょう
Kujo
C13 弁天町 (1.3km)
(1.5km) 阿波座 C15
所在地 大阪市西区九条一丁目
駅番号  C14 
所属事業者 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
所属路線 中央線
キロ程 6.8km(コスモスクエア起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
11,766人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
23,028人/日
-2018年-
開業年月日 1964年昭和39年)10月31日
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。改札口コンコースは2階、ホームは3階にある。コンコースは阿波座駅寄りにのみにあったが、阪神なんば線の開業後は弁天町駅寄りにも設置された。改札口は南北の歩道から歩道橋で入れる2か所と高架下の駐輪場から通じる1か所の合計3か所である。1964年の開業時は、西側改札口および2両分のホームのみ仕上げ工事を完成させて営業を開始した。東側改札口完成後、西側改札口はいったん閉鎖され、2009年の阪神なんば線開業に伴い再設置された[1]。2009年当時、大阪市交通局は「西側改札口閉鎖の理由は記録に残っていない」と説明していた[1]

のりば編集

番線 路線 行先
1   中央線 森ノ宮長田生駒学研奈良登美ヶ丘方面
2 弁天町コスモスクエア方面
 
プラットホーム(2012年5月)

阪神電気鉄道編集

阪神 九条駅
 
阪神九条駅 1番出入口側(地下鉄九条駅側)駅舎
(2009年3月21日)
くじょう
Kujo
HS 45西九条 (1.3km)
(0.6km) ドーム前HS 43
所在地 大阪市西区九条一丁目25-8
駅番号 HS 44
所属事業者 阪神電気鉄道
西大阪高速鉄道
所属路線 阪神なんば線
キロ程 7.6km(尼崎起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年次-
6,318人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年次-
13,075人/日
-2017年-
開業年月日 2009年平成21年)3月20日
テンプレートを表示

大阪市道九条中通線の地下に設置された島式ホーム1面2線を有する地下駅である。コンコースは地下1階、ホームは地下2階に所在する。 なお、絶対信号機を持つため停留所ではない。

ホーム有効長は近鉄車両10両編成に対応している。駅舎のデザインテーマは「記憶の継承」。ホームからコンコースへの通路は、階段がホームの両端、エレベーターがホーム中央、エスカレーターがホーム中央に2箇所、尼崎寄りに1箇所設置されている。

コンコースの東西には改札口がある。トイレは西改札付近に設置されている。

駅の出入口は1番と2番の2箇所がある。

1番出入口は中央大通沿いの地下鉄九条駅西口向かい側に所在し、阪神なんば線と大阪メトロ中央線との乗換口となっている。2番出入口は九条中通線沿いの NTT西日本 西ビル内にあり、大阪シティバスへの乗換には2番出入口が案内される[2]。大阪シティバスの停留所「阪神九条」は九条中通線を南東に進んだところで交差するみなと通沿いに所在する[3][4]

九条が大阪市電発祥の地であることにちなみ、1番出入口側の駅舎やプラットホーム階壁面などに市電の鉄車輪をイメージした円形の意匠を取り入れている[5]

1960年代、阪神が単独事業として難波方面への延伸を進めた際、現九条駅付近では電電公社ビルと住金興産九条ビルに駅出入口の準備工事がなされていた。これらの駅出入口のうち、電電公社ビル(現: 西日本電信電話 西ビル)側が2番出入口として42年の歳月を経て活用された。2番出入口の階段踊り場には当時のタイルがモニュメントとして保存されている[6]。なお、住金興産九条ビル(現: 日鉄住金興産九条ビル)側の駅出入口は改札内に通じてしまうため活用されなかった。

大阪難波寄りのドーム前駅から尼崎寄りの西九条駅までは上り勾配が続いており、当駅の西方約200メートルで地上に達する。ドーム前駅までの営業キロ上での駅間距離は0.6キロだが、当駅の端からドーム前駅の端までの距離は0.3キロであるため、実質的な駅間距離が阪神では一番短い[7]

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 阪神なんば線 上り 難波奈良方面
2 阪神なんば線 下り 尼崎神戸(三宮)明石姫路方面

利用状況編集

各年次の1日乗降・乗車人員は下表の通りである。

  • 阪神のデータは1日平均である。
  • 大阪市高速電気軌道のデータは交通量調査に基づく特定の1日である[8]
年次 阪神電気鉄道 大阪市高速電気軌道[注 1] 出典
乗降人員 乗車人員 調査日 乗降人員 乗車人員
1995年

[9]2月15日 18,155 8,914 [10]
1996年 -
1997年 -
1998年 11月10日 16,622 7,958 [11]
1999年 -
2000年 -
2001年 -
2002年 -
2003年 -
2004年 -
2005年 -
2006年 -
2007年 11月13日 16,494 8,148 [12]
2008年 11月11日 16,655 8,318 [13]
2009年 6,222 3,047 11月10日 18,746 9,464 [14]
2010年 7,763 3,766 11月09日 18,315 9,249 [15]
2011年 7,808 3,788 11月08日 18,758 9,518 [16]
2012年 9,455 4,548 11月13日 19,293 9,778 [17]
2013年 10,113 4,902 11月13日 19,632 10,022 [18]
2014年 11,000 5,266 11月11日 19,862 10,143 [19]
2015年 11,957 5,744 11月17日 21,196 10,708 [20]
2016年 11,941 5,777 11月08日 21,750 11,065 [21]
2017年 13,075 6,318 11月14日 22,887 11,753 [22]
2018年 11月13日 23,028 11,766

駅周辺編集

1624年から開発が始まり、林羅山によって衢壌島(くじょうじま)と命名された。1674年洪水の際に九条家木笏が漂着したことから九条島と表記されるようになったとの伝承がある。九条島は淀川の河流・航行の妨げとなっていたため、1684年河村瑞賢が九条島を2つに割いて安治川を開削。以降、安治川左岸が九条、右岸が西九条となった。

九条駅周辺にはねじの工場などが多い。

路線バス編集

大阪シティバスが運行している。

九条新道停留所は地下鉄九条駅からナインモール九条を経由して400m程離れた国道172号線(みなと通)上にある。また、阪神の九条駅からは阪神九条停留所が近い。同線開業後の2009年3月29日に九条南一丁目から阪神九条に改称された[4]

九条新道・阪神九条

その他編集

京阪中之島線中之島駅から西九条駅を経由して新桜島まで延伸される計画だったが、2017年7月に京阪ホールディングスの加藤好文社長は、「夢洲へのIR誘致が決まれば、中之島駅から南西に進んで地下鉄中央線の九条駅につなげる」との考えを明らかにした。当初計画していた西九条駅から九条駅への変更について加藤社長は「九条駅で中央線とつなげば、京都とIRのある夢洲が結ばれる」と説明している[23]

隣の駅編集

大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
  中央線
弁天町駅 (C13) - 九条駅 (C14) - 阿波座駅 (C15)
阪神電気鉄道
阪神なんば線
快速急行・準急・区間準急・普通
西九条駅 (HS 45) - 九条駅 (HS 44) - ドーム前駅 (HS 43)
  • ( ) 内は駅番号を示す。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “放置出入り口42年ぶり接続 「阪神なんば線」九条駅”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2009年2月28日). オリジナルの2009年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090304020743/http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090228/trd0902281214007-n1.htm 
  2. ^ 「九条駅構内案内図」阪神電気鉄道 2009年3月 閲覧 (PDF)
  3. ^ 元々は九条南一丁目停留所という名称であったが、2009年に変更された。
  4. ^ a b 「バス時刻表改正(一部)と経路変更のお知らせ」大阪市交通局 2009年3月16日 閲覧
  5. ^ 阪神なんば線サイトより 駅のデザイン秘話 1 九条駅より
  6. ^ 阪神なんば線サイトより 九条東側出入口が約40年ぶりに日の目を見る
  7. ^ 営業キロで一番短い区間は東鳴尾駅 - 洲先駅間の0.4キロ。
  8. ^ 路線別乗降人員(2018年11月13日 交通調査) (PDF) - Osaka Metro
  9. ^ 1996年に行われた調査であるが、会計年度上は1995年度となる。
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)
  23. ^ 変貌なるか夢洲 京阪、京都に直通 近鉄、海遊館移転 IR・万博誘致にらむ 再開発を検討(日本経済新聞 2017年7月21日)

注釈編集

  1. ^ 2017年度までは大阪市営地下鉄。

関連項目編集

外部リンク編集