メインメニューを開く
後方に見えるのがシャフリル1

シャフリルは、イスラエルラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ社が開発した短距離空対空ミサイル赤外線誘導方式であり、1960年代から量産された。

目次

概要編集

シャフリル 1編集

 
上よりシャフリル1、シャフリル2、パイソン3、パイソン4、パイソン5

シャフリル1は、AIM-9B サイドワインダー空対空ミサイルの改良型として、1959年-1964年にかけて開発が行われた。1963年より試射が行われている。これは、イスラエル兵器国産化の構想に基づくものであった。しかし、シャフリル1は性能が不十分であったために引き続きシャフリル2の開発が行われた。

  • 全長 - 250cm(2.5m)
  • 全幅 - 55cm
  • 胴体直径 - 14cm
  • 重量 - 65kg
  • 弾頭重量 - 11kg
  • 射程 - 5km
  • 最大速度 - Mach2(2,120km/h, 1,320mph)

シャフリル 2編集

シャフリル2は、シャフリル1の改良型であり、誘導機能や近接信管などが改良されている。1962年には開発が開始され、1965年に試射が行われている。AIM-9Dと互換性を有し、1968年より配備が開始された。1973年第四次中東戦争において投入され、撃墜を記録している。後継としてパイソンが開発されている。

  • 全長 - 250cm(2.5m)
  • 全幅 - 55cm
  • 胴体直径 - 15cm
  • 重量 - 93kg
  • 弾頭重量 - 11kg
  • 射程 - 5km

採用国編集

参考文献編集

  • 軍用機ウエポン・ハンドブック 航空機搭載型ミサイル・爆弾450種解説(青木謙知 イカロス出版)ISBN 4-87149-749-6

脚注編集

  1. ^ a b SIPRI arms transfer database”. Stockholm International Peace Research Institute (Updated on 19 March 2012). 2012年3月20日閲覧。
  2. ^ International Institute for Strategic Studies (2010). The Military Balance 2010. United Kingdom: Taylor and Francis. p. 167. ISBN 9781857435573. 

関連項目編集

外部リンク編集