メインメニューを開く

概要編集

シャモニーはモンブランから続くモンブラン山群のふもとの渓谷の町であり、世界でも有数のスキーリゾートとして観光客を集めている。

1786年8月8日にモンブランが初登頂されてから、現在の登山というスポーツが始まったとされているため、登山発祥の地として登山家の聖地とも呼ばれている。

1924年に開催された冬季オリンピックの記念すべき第1回大会、シャモニーオリンピックがここで開催された。これにより冬季五輪・発祥の地と呼ばれる。

モンブランが西ヨーロッパ最高峰であるため、多くの登山家がここから山頂を目指した。各種クライミングエクストリームスキーパラグライダーラフティングキャニオニングマウンテンバイクウルトラトレイル(UTMB)など、その他の厳しい山岳スポーツの中心地でもある。

観光スポット編集

シャモニーからロープウェイで標高3777mに達し、さらにエレベーターで標高3842mの山頂の下にある展望台まで行き、モンブランやシャモニー渓谷を眺められる。ロープウェイを乗継ぎ、イタリア側の谷クールマイユールへ至る。

姉妹都市編集

その他編集

  • シャモニー(ウィスラー)・アイスレース、ラリー・ド・シャモニー

アイスレースは氷上耐久レースとして古くから知られ、1970年代〜ランチア・ストラトスアウディ・クワトロ等の戦歴を記した販促映像等でもしばしば登場し、 PS2ゲーム「グランツーリスモ4」では、伝統のローカルレースであるラリーコースとして両競技車共に収録されている。

 
モンブランを指差す ド・ソシュールバルマの碑

シャモニーの風景編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集