メインメニューを開く

谷川 稔(たにがわ みのる、1946年12月 - )は、日本歴史学者。専門は、フランス近代史。京都の近代社会史研究会を拠点にした、社会史研究第二世代の担い手の一人。

来歴編集

京都府生まれ。1965年府立洛北高校卒業。1970年京都大学文学部史学科卒業、1975年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。1976年10月から、大阪産業大学専任講師・助教授、奈良教育大学助教授、奈良女子大学教授、同大学院教授などをへて、1998年京都大学大学院文学研究科教授。2005年3月31日、頸髄損傷後遺症などのため、京都大学教授を辞職。以後、在野の歴史家となる。長男谷川穣は京都大学准教授(日本近代史)。

著書編集

単著編集

  • 『フランス社会運動史――アソシアシオンとサンディカリスム』(山川出版社, 1983年)ISBN 4634655705
  • 『十字架と三色旗――もうひとつの近代フランス』(山川出版社, 1997年)ISBN 4634481502
  • 『国民国家とナショナリズム』(山川出版社, 1999年)ISBN 4634343509

共著編集

編著編集

  • 『歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ』(山川出版社, 2003年)ISBN 4634649101

共編著編集

  • 服部春彦)『フランス近代史――ブルボン王朝から第五共和政へ』(ミネルヴァ書房, 1993年)ISBN 4623022099
  • (服部春彦)『フランス史からの問い』(山川出版社, 2000年)ISBN 4634673002
  • (渡辺和行)『近代フランスの歴史――国民国家形成の彼方に』(ミネルヴァ書房, 2006年)ISBN 4623044955

訳書編集

  • ジョルジュ・ルフラン『フランス労働組合運動史』(白水社, 1974年)ISBN 4806804592
  • H・デュビエフ編『サンディカリスムの思想像』(共訳、田中正人・上村祥二・藤本佳子と、鹿砦社、1978年)
  • 河野健二編『資料 フランス初期社会主義――二月革命とその思想』(共訳、阪上孝ほかと、平凡社、1979年)
  • ミシェル・ヴォヴェル『フランス革命と教会』(共訳、天野知恵子、平野千果子、田中正人と、人文書院, 1992年)ISBN 4409510258
  • ピーター・バーク編『ニュー・ヒストリーの現在――歴史叙述の新しい展望』(共訳、谷口健治、川島昭夫、太田和子ほかと、人文書院, 1996年)ISBN 440951041X
  • アレン・グットマン『スポーツと帝国――近代スポーツと文化帝国主義』(共訳、石井昌幸、池田恵子、石井芳枝と、昭和堂, 1997年)ISBN 4812297125
  • ピエール・ノラ編『記憶の場――フランス国民意識の文化=社会史(全3巻)』(共監訳、天野知恵子、上垣豊、長井伸仁、平野千果子ほかと、岩波書店, 2002-2003年)ISBN 4000225197 ISBN 4000225200 ISBN 4000225219