シャルーナス・マルチュリョニス

ライモンダス・シャルーナス・マルチュリョニスRaimondas Šarūnas Marčiulionis1964年6月13日 - )はリトアニア(旧ソビエト連邦)の元バスケットボール選手。NBAなどでプレイした。1988年ソウルオリンピックでソ連代表として金メダルを1992年バルセロナオリンピック1996年アトランタオリンピックでそれぞれ銅メダルを獲得した。ヨーロッパ出身のNBA選手の草分けである。2014年、バスケットボール殿堂入りした。

シャルーナス・マルチュリョニス
Raimondas Sarunas Marciulionis
Sarunas Marciulionis in Armenia 2.jpg
シャルーナス・マルチュリョニス(2014年6月、アルメニアにて)
殿堂
ポジション シューティングガード
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 91kg (201 lb)
基本情報
本名 Raimondas Šarūnas Marčiulionis
愛称 "Šaras"
ラテン文字 Raimondas Sarunas Marciulionis
リトアニア語 Raimondas Šarūnas Marčiulionis
誕生日 (1964-06-13) 1964年6月13日(57歳)
 リトアニア
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦リトアニア
カウナス郡カウナス
ドラフト 1987年 6巡目127位ゴールデンステート・ウォリアーズ
選手経歴
Stats ウィキデータを編集 NBA.com
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
獲得メダル
男子 バスケットボール
Summer Olympic Games
1988 バスケットボール
1992 バスケットボール
1996 バスケットボール


FIBA EuroBasket
1987 Greece National Team
1989 Yugoslavia National Team
1995 Greece National Team
  • 1987年のNBAドラフトでは、全体6位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名された。1989年にNBA入りしウォリアーズでは4年間プレイし、1991年と1992年のシックスマン賞(最高の控え選手に与えられる賞)の投票では惜しくも2位だった。
  • NBAで活躍した最初のヨーロッパ選手の1人となった、そしてそれは1990年代終わりのリーグの国際化に大きく貢献した。1年半足の故障でプレイできなかった後、1994年シアトル・スーパーソニックスに、そして1995年にはサクラメント・キングスにトレードされ、最後はデンバー・ナゲッツでプレイした後、1996-97シーズンをもって引退した。
  • 1990年、リトアニアの独立でリトアニア代表チームに加わった。彼は将来性のあるプレイヤーと連絡を取り合ってユニフォームやシューズメーカーともやりとりを行なったり、スポンサーの獲得に奔走した。有名なスポンサーの1つがバンドのグレイトフル・デッドだった。ユニフォームには、バンドのロゴが入り、リトアニアの国旗の色である緑、黄、赤でデザインされた。
  • 1992年、リトアニア代表はバルセロナオリンピックで銅メダルに輝いた。
  • 1995年ヨーロッパチャンピオンシップの最優秀選手(MVP)となってリトアニアは銀メダルを獲得した。
  • 1996年アトランタオリンピックでリトアニアに銅メダルをもたらした。
  • 1987年、1989年、1990年、1991年のリトアニア最高のスポーツ選手に選ばれている。

競技生活以外編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Woolf, Big Game, Small World, pp. 19-20.

外部リンク編集