シャロン・ヴァン・エッテン

シャロン・ヴァン・エッテン(Sharon Van Etten、1981年2月26日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のシンガーソングライター女優ニューヨーク市ブルックリンを拠点に活動している[1][2]

シャロン・ヴァン・エッテン
Sharon Van Etten
Sharon van etten belly up 2012.jpg
Sharon Van Etten 2012年
基本情報
生誕 (1981-02-26) 1981年2月26日(41歳)
出身地 アメリカ合衆国ニュージャージー州
ジャンル インディー・ロック
フォークミュージック
職業 シンガーソングライター
活動期間 2006年 - 現在
レーベル Jagjaguwar
Ba Da Bing
Language Of Stone
公式サイト sharonvanetten.com

2009年にアルバム『Because I Was in Love』でデビュー。2010年に2作目のアルバム『epic』を発表。2012年、3作目『Tramp』をJagjaguwarからリリース。2014年に4作目『Are We There』を発表。2019年には5作目のアルバム『Remind Me Tomorrow』をリリース[3]

女優としては、2016年にテレビシリーズ『The OA』にレイチェル役として出演[4]。2017年には『ツイン・ピークス』の新シリーズに出演[5]。2020年には映画『17歳の瞳に映る世界』に出演している[6]

来歴編集

シャロン・ヴァン・エッテンは1981年、ニュージャージー州ベルヴィル英語版に生まれる。その後ニュージャージー州ナットリーに住んだ後、10代の頃にニュージャージー州クリントンに移り住み、ノース・ハンタードン高校に通う[7]。その後、テネシー州に移り住みミドル・テネシー州立大学に通い、レコーディングを学んだが1年後に大学を中退した。

その後、テネシー州マーフリーズボロのコーヒー&レコード店「レッドローズ」で5年ほど働くことになった。2004年にニュージャージー州に戻り、ペリービル・ワイン・アンド・スピリッツで働く。2005年にニューヨークに移住する[8]

 
シャロン・ヴァン・エッテン (2012年)

2009年5月26日、デビューアルバム『Because I Was in Love』をLanguage of Stoneからリリースする[9]

2010年9月21日、2作目のアルバム『epic』をBa Da Bing Recordsからリリースする[10]。この年の12月には来日ツアーを行なっている。

2012年2月7日、3作目のアルバム『Tramp』がJagjaguwarからリリースされた。アルバムはザ・ナショナルのアーロン・デスナーがプロデュースし、ブルックリンのアーロンの自宅スタジオでレコーディングされた[11]

2014年5月27日、4作目のアルバム『Are We There』がJagjaguwarからリリースされる[12]

2015年にはビルボードライブ東京で来日公演を開催した[13]

2019年1月18日、5作目のアルバム『Remind Me Tomorrow』をJagjaguwarからリリースする[14]

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム編集

  • Because I Was in Love (2009)
  • epic (2010)
  • Tramp (2012)
  • Are We There (2014)
  • Remind Me Tomorrow (2019)

フィルモグラフィー編集

テレビ編集

映画編集

来日公演編集

 
シャロン・ヴァン・エッテンのライブ (2019年)
  • 2010年
    • 12月3日 奈良 カフェ・サンプル
    • 12月4日 京都 アバンギルド
    • 12月5日 福井 敦賀 ピニョン・ピニョン
    • 12月7日 名古屋 KDハポン
    • 12月8日 神奈川 鎌倉 カフェ・ゴーティー
    • 12月9日 東京 渋谷 セヴンス・フロア
    • 12月11日 長野 松本 CAFE salon as salon
    • 12月12日 東京 初台 近江楽堂
  • 2015年
    • 2月23日 東京 Billboard Live TOKYO (2公演)

脚注編集

  1. ^ Ferguson, Wm. (2012年2月2日). “The Rough Harmonies of Sharon Van Etten”. New York Times. http://www.nytimes.com/2012/02/05/magazine/sharon-van-etten.html 2016年2月25日閲覧。 
  2. ^ Leahey, Andrew. “Sharon Van Etten: Biography”. AllMusic. All Media Network, LLC.. 2016年2月25日閲覧。
  3. ^ Sharon Van Etten shares throbbing new single 'Comeback Kid' and announces album 'Remind Me Tomorrow' | NME” (英語). NME Music News, Reviews, Videos, Galleries, Tickets and Blogs | NME.COM (2018年10月2日). 2020年10月19日閲覧。
  4. ^ Coscarelli, Joe (2019年1月3日). “The Many Lives of Sharon Van Etten (Published 2019)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/01/03/arts/music/sharon-van-etten-remind-me-tomorrow-interview.html 2020年10月19日閲覧。 
  5. ^ Sharon Van Etten”. IMDb. 2020年10月19日閲覧。
  6. ^ Wiseman, Andreas (2019年4月15日). “Focus Features, ‘Moonlight’ Outfit Pastel & BBC Films Team For Eliza Hittman Drama ‘Never Rarely Sometimes Always’” (英語). Deadline. 2020年10月19日閲覧。
  7. ^ https://www.boston.com/news/animals/2020/10/18/boston-ranked-13th-rattiest-city-in-america-and-officials-predict-its-only-getting-worse” (英語). Boston.com. 2020年10月19日閲覧。
  8. ^ Star, MICAH MERTES / Lincoln Journal. “Sharon Van Etten, a voice to be reckoned with” (英語). JournalStar.com. 2020年10月19日閲覧。
  9. ^ Sharon Van Etten: Because I Was in Love” (英語). Pitchfork. 2020年10月19日閲覧。
  10. ^ First Listen: Sharon Van Etten, 'Epic'” (英語). NPR.org. 2020年10月19日閲覧。
  11. ^ Sharon Van Etten announces new album, tour dates, eerie resemblance to Carrie-Ann Moss | Music | Newswire | The A.V. Club Philadelphia”. web.archive.org (2012年4月16日). 2020年10月19日閲覧。
  12. ^ Are We There preview!”. F Yeah! Sharon Van Etten. 2020年10月19日閲覧。
  13. ^ シャロン・ヴァン・エッテン 来日直前インタビュー”. billboard-japan. Billboard Japan. 2016年2月25日閲覧。
  14. ^ Sharon Van Etten shares throbbing new single 'Comeback Kid' and announces album 'Remind Me Tomorrow' | NME” (英語). NME Music News, Reviews, Videos, Galleries, Tickets and Blogs | NME.COM (2018年10月2日). 2020年10月19日閲覧。

外部リンク編集